転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

三原城 ~市街地に埋もれた城

広島から新幹線で三原まで来ました。

f:id:harimayatokubei:20180222214449j:plain

航空写真を見れば分かるのですが、かつての城の上にJRの三原駅が完全に横たわっています。そのせいで本丸は分断され、二の丸は駅前広場となり、その他の郭も市街地となって埋没してしまっています。

とはいえ、立派な天守台や市内の所々に石垣が残っているのも事実。今回はそんな三原城を2時間程度で歩いてみます。ルートは以下の通り。

f:id:harimayatokubei:20180222215917j:plain

早速ですが、新幹線のホームからは天守台が見えます。ものすごく立派で、大きさだけは姫路城や熊本城のような大城郭にも全くひけをとりません。

 

f:id:harimayatokubei:20180222220217j:plain

改札を出て駅のコンコースを通って天守台に登ります。

f:id:harimayatokubei:20180222220415j:plain

やはり広い。最早天守台というよりは1つの郭のような大きさです。

 

天守台に三原城の絵図の看板がありました。

f:id:harimayatokubei:20180222220542j:plain

陸側の防備が薄いような気がしますが、そもそも北からの攻撃は想定していないようですね。

 

駅を出てまずは天守台の東側へ出ます。石垣の中に通路が開通しているのが独特です。

f:id:harimayatokubei:20180222220733j:plainf:id:harimayatokubei:20180222220735j:plain

天守台を改めて見ると扇の勾配が非常に美しい。元々海に近い立地なので勾配が緩いのでしょうか。

 

地図を見ていると、かつての堀跡にマンションが建っていそうなので向かいます。

f:id:harimayatokubei:20180222221042j:plain

予想通り駐車場の周りに石垣が残存していました。ただ、完全にマンションの敷地内なので若干入りにくい雰囲気。

f:id:harimayatokubei:20180222221139j:plain

この明らかにクネクネした謎の溝もおそらく堀跡でしょう。

 

南に向かうと、鉄道の高架下に石垣が残っていました。

f:id:harimayatokubei:20180222221236j:plain

このように、かつての石垣跡を辿っていくと予想よりも石垣が残っています。これは結構面白いですね。

 

高架をくぐって南に行くと、水堀が残っています。

f:id:harimayatokubei:20180222221345j:plain

底は砂・・・ですね。非常に浅いためか水が澄んでいるように見えます。

f:id:harimayatokubei:20180222221510j:plain

ここも良く見たら石垣が建物の下に残っていますね。写真の石垣の上には枡形門があったはずなのですが、跡形もありませんでした。

 

近くの県道55号線からは船入櫓の石垣がよく見えます。これは天守台意外では最大の石垣ですね。

f:id:harimayatokubei:20180222222302j:plain

昔は大規模な堀が横にはあり、南は瀬戸内海だったはずなのですが、今では1mにも満たない堀があるだけです。

 

こちらの面は完全に公園と同化しています。昔はこの公園も海の下でした。

f:id:harimayatokubei:20180222222452j:plain

 

本丸沿いに西へ歩きます。このあたりはだいたい道とかつての郭が一致しています。少し気になったのが、これ。

f:id:harimayatokubei:20180222222809j:plain

普通の雑居ビルの壁がやけに石垣っぽくなっています。しかも、位置は昔の石垣と完全一致。普通に考えてただの壁なのですが、違和感がすごい。要検証かもしれません。

 

三原国際ホテルの裏手に石垣が残っています。

f:id:harimayatokubei:20180222223009j:plain

高さはそれほどないので割と地味ですねぇ。おそらく、昔の三原城の石垣はほとんどこんな感じだったのでしょう。

 

高架を再びくぐって天守台の西広場まで出ます。

f:id:harimayatokubei:20180222223200j:plain

この日は三連休だったからかお祭りが開かれていました。この広場は昔武家屋敷が立ち並んでいたようです。

f:id:harimayatokubei:20180222223208j:plain

最後に天守台を見て終了!

 

広島城の支城という立ち位置だからか、割とこぢんまりと纏まっている印象の城です。ただし、天守台は例外。これだけは日本の名だたる名城にも引けをとらないインパクトがあります。

また、駅周辺に点在している石垣をちまちま発見するのが結構楽しいです。この城を訪れるなら是非ともネットで昔の縄張図を見つけてみて下さい。

 

おわり