読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

テヘラン国際博物館と宮殿前のアーラシュ像 3/3

イラン最終日になりました。

天気は雨のち曇りなので午前中は博物館に行き、午後はサアダーバード宮殿に行くことにしました。

まずは国立博物館へ行きます。

地下鉄一号線と二号線が通るエマーム・ホメイニ駅から徒歩5分程度ですが、似たような建物があるので迷うかもしれません。通行人も分かっていないことが多いので事前にGoogleMapなどで確認しておきましょう。

 

私たちも少し迷いましたが無事に着きました。

①イラン国立博物館

3000000リアルという中々のお値段です。ちなみにイスラム化前までの展示物のみです。

古代史は教科書レベルしか分かっていないですが、プレイしているゲーム(FGO)にイランに関係した英雄が出てくるのでその周辺は多少知っています。

f:id:harimayatokubei:20170406193356j:plain

この車輪はエラム人の都市があったチョガーザンビールから出土した青銅の車輪です。思ったよりも大きいし、なにより円がかなり正確であるように思えます。

 

f:id:harimayatokubei:20170406193349j:plain

こちらも同じ遺跡から出土した牛。体中に楔形文字が刻まれています。

 

f:id:harimayatokubei:20170406193403j:plain

ブタのユーモラスな置物。エラム人時代のもの。

f:id:harimayatokubei:20170406193609j:plain

ペルセポリスから出土したレリーフ

f:id:harimayatokubei:20170406193618j:plain

同じ遺跡から出土した文字盤。

f:id:harimayatokubei:20170406193643j:plain

時代は下ってアケメネス朝ペルシアになるとローマっぽいモザイクも出土しているようです。

 

展示方法は正直言って郷土資料館レベルでしたが、展示物は超一級品ばかりでした。個人的には楔形文字の実物を見れたのが良かったですね。次にイランに来ることがあればチョガー・ザンビールにも行きたい。

 

次に市内の北部にあるサアダーバード宮殿へ。

取り合えず地下鉄一号線の終点であるタジュリターシュ駅まで行きます。市内の北部なので中心部よりも随分と寒い印象です。

 

駅を降りて急坂を徒歩15分ほど歩いてやっと宮殿の入口まで来ました。f:id:harimayatokubei:20170406193654j:plain

入場に150000リアルで敷地内の宮殿ごとに150000リアルかかる料金システムです。私の目的は敷地内の宮殿ではないのですが、折角来たので一番の見所であるグリーン・パレスだけ行きます。

 

敷地内も急坂なのでヒーヒー言いながら一番上にあるグリーンパレスに着きました。

f:id:harimayatokubei:20170406193705j:plain

・・・・・・地味ですね。

中は写真禁止だったので言葉のみでお伝えしますと、

鏡だらけで凄い

の一言です。カシャーンで見たモスクと同じ雰囲気ですが、やはり気品さが漂っているというか、落ち着いているのが宮殿の凄さですね。行って損はないでしょう。

 

さて、宮殿に行ったので目的地へ行きます。それはペルシアの大英雄アーラシュの銅像です。地図を見ても全く位置が書いていないので、通行人に聞き込み調査を開始しました。

俺「アーラシュってどこにいる?(弓を引くポーズ)」

通行人「下のメラット宮殿前にあるよ」

なんと一人目で場所が判明しました。実際にそのメラット宮殿前に行くと・・・。

         f:id:harimayatokubei:20170407213452j:plain

いたーーーーーっ!!!

おおおおおおおお本当に弓を持っています。

f:id:harimayatokubei:20170407220112p:plain※参考画像

いつも種火周回で大変お世話になっております・・・、と挨拶してきました。

アーラシュという名前はイラン人のよくある名前らしく、イラン滞在中にWIFIの名前などで何回も目にしました。「西アジアの大英雄」という説明がよくされていますが、知名度は本当に大英雄そのものでありました。

 

f:id:harimayatokubei:20170407213443j:plain

木が多い敷地内の道。

イランでの最後の目的を終えたので宮殿を後にします。

 

f:id:harimayatokubei:20170407213459j:plain

木彫りの彫刻。シャドバで3/3くらいでありそうな雰囲気。

 

f:id:harimayatokubei:20170406193717j:plain

宮殿近くはテヘラン屈指の高級住宅街であるため、高級車が多いです。そして渋滞も凄まじいことに。

 

タジュリターシュ広場まで戻ってきました。

f:id:harimayatokubei:20170406193735j:plainf:id:harimayatokubei:20170406193724j:plain

売られている魚はカスピ海産でしょうか・・・?

帰りはBRTで帰ります、が帰宅ラッシュに被ったため凄まじい混雑に遭遇しました。

f:id:harimayatokubei:20170406193742j:plain

タジュリターシュは始発なので座れましたが、そこから眺める景色は阿鼻叫喚の一言です。テヘランは本当に人口が多い。

 

さて、この時点で午後4時です。この後は、午前1時にテヘラン空港を出発する便に合わせて空港に行くだけですね。

午後7時くらいまで宿のロビーでだらだらさせてもらって出発し、無事に空港に着きました。

※空港までの道のりについてはこちら

テヘラン市内からホメイニ空港まで激安で行く方法 2017年3月 - 転がる五円玉

 

テヘラン空港は正直言ってかなりいまひとつの空港です。全ての設備が古い印象を受けました。出国審査やチェックインは特に問題はありませんでした。日本人はカザフスタンビザが必要ないということを理解してもらいのに少し時間が掛かりましたが・・・。

 

f:id:harimayatokubei:20170407221718j:plain

 

イランの滞在は実質わずか5日でしたが、そこそこ刺激的であったといえます。超級の遺跡の数々もですが、なによりもイラン人の人の良さに最後まで感動していました。まだまだ巡っていない地域もありますし、是非また来たい国です。

ただ、空気の悪さにはだいぶ辟易していました・・・。経済制裁の影響のせいか、旧式の車が多かった印象です。

 

日付が変わって午前一時、無事にバクー行きのアゼルバイジャン航空はテヘランを離陸しました・・・。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

カシャーン市内観光 テヘランへ 3/2

カシャーン二日目です!

 

f:id:harimayatokubei:20170406175534j:plain

宿の朝食はここもシンプルでおいしい。

カシャーンには世界遺産もあるのですが、「ぶっちゃけ庭園なんて興味ねぇ・・・」という意見で同行人と一致したので今日は市内をうろうろしてテヘランに向かうことにしました。

 

①二階建てのモスク(Agha Bozorg mosque)

昨日、城の城壁から見えたモスクです。一見ごく普通のモスクなんですが、中に入ると、中庭が一階分くり貫かれている構造になっています。

18世紀に作られたもので意外と歴史があります。

f:id:harimayatokubei:20170405213600j:plain

こういう段差に柵がないのはイラン的ですね。危険だけど景観としては柵はいらない。

f:id:harimayatokubei:20170406175642j:plain

f:id:harimayatokubei:20170405213615j:plain

礼拝堂の装飾はシンプルですが相変わらず美しいですね。

 

さて、実は所持金が乏しくなってきたので両替をしなければいけません。とりあえずモスクを出て、たむろしているおじいさん達に両替商はどこにる?と聞くと急にザワザワし始めて「今日は休日だから両替は閉まってるぞ!」と言われました。

・・・・・・・マジ?

「太鼓の音が聞こえるだろう?これは死者を悼んでいるんだ」と言われ耳をすますとドンドコドンドコという音が聞こえてきます。

(後で調べたらファーテメ・ザフラー殉教日という日だったようです。)

祝祭日 | イラン - 中東 - 国・地域別に見る - ジェトロ

オロオロしていたら英語が話せるおじさんが通訳をしてくれて、昨日のレートで両替してもらえることになりました!

本当にありがたい限りです。結果的に1ドル=37000レアルで50ドル分両替してもらいました。

f:id:harimayatokubei:20170405214030j:plain

両替してくれたおじさん達。「こんな休日はクレイジーなんだよ・・・」と言っていましたw 

右の顔を覆った若者はアフガニスタン出身のようです。

 

街の大通りに出ると確かにいつもと雰囲気が大きく違ってます。

f:id:harimayatokubei:20170405214144j:plain

f:id:harimayatokubei:20170405214149j:plain

うーん、これは祭りですわぁ。しばらくは面白くて見ていたのですが飽きたので市内散歩を続行します。

 

バーザールは整備されていて半円状のドームが連なっている独特の風景です。

f:id:harimayatokubei:20170405214315j:plain

休日だから誰もいねぇ!!

f:id:harimayatokubei:20170405214322j:plain

たまたま見つけたモスクに入ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170405214410j:plain

凄まじい装飾です!光が鏡で反射してギラギラしています。

f:id:harimayatokubei:20170405214421j:plain

絨毯敷きの礼拝室もありました。

イマーム・モスク

バーザール近くにあるモスクです。線対称になっている庭園が特徴的です。

f:id:harimayatokubei:20170405214827j:plain

それ以外は特筆することはありませんでした・・・。

 

昼過ぎになったので、宿に戻って荷物を取りタクシーでバスターミナルへ行きます。ちなみにバスが動いていることは宿の主人に聞いておきました。

 

カシャーンからテヘランまでは30分に1本程度のバスが出ています。何事も無くチケットを購入できました。

カシャーン→テヘラン180000リアル

f:id:harimayatokubei:20170405214939j:plain

配布されたお菓子とジュースです。無料でした。

 

途中でコムという街を経由してテヘランの南バスターミナルに着きました。恒例の客引きが待っていますが、適当にあしらって地下鉄に向かいます。

f:id:harimayatokubei:20170406190811j:plain

凄い!一気に近代的になりました。人も凄く多いですね。ラッシュ時の山手線のような混み具合です。

 

本日の宿はテヘランホステルです。歩き方には載っていません。8人ドミで一泊14ドルでした。新しいし、なにより従業員が非常に親切です。洗濯物を預けたら洗濯から乾燥まで全部やってくれた程度には親切でした。

Tehran Hostel – Family-run hostel near city center

 

夕食は宿の周辺にまったくレストランがなかったのでホットドックです。

f:id:harimayatokubei:20170406191124j:plain

f:id:harimayatokubei:20170406192054j:plain

フォントまでジョジョっぽくて笑うノンアルビール。

 

この日は宿のシャワーが熱くて快適でした!WIFIも快適だし本当にいい宿です~。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

エスファハーンからカシャーンへ ナタンツ観光と謎の構造物 3/1

起きたら気分は結構すっきりしていたので、今日は移動日とします。

いくつか候補地はあったのですがナタンズという町を通ってカシャーンへ行くことになりました。

 

ナタンズへはバスが出ているかすら分からないのですが、とりあえず北バスターミナルへ行きます。

f:id:harimayatokubei:20170404153622j:plain

市内バスで20分くらいで着きます。

ナタンズ行きは電光掲示板にはないものの、カウンターの人に聞くとカシャーン行きのバスに乗れば途中で降ろしてくれるようです。

二時間後、75000リアル払ったバスはナタンツ近くの道路で停車しました。その後は待機していた4人の乗り合いタクシーが10000リアルでナタンツ中心部まで運んでくれます。

ナタンツには一体何があるのか全くリサーチしていなかったのですがモスクがあるようなので行ってもらいました。

 

f:id:harimayatokubei:20170404153641j:plain

エスファハーンとは違って非常に素朴な雰囲気のモスクです。

100000リアルという中々なお値段でしたが入ってみることにしました。

f:id:harimayatokubei:20170404153649j:plain

内部の装飾も非常に簡素です。というか漆喰しかない。

それでも一般的な教会と違って非常に複雑な形をしていることが良く分かります。

f:id:harimayatokubei:20170404153704j:plain

 

f:id:harimayatokubei:20170404153908j:plain

表はタイル張りの装飾ですが、序々に崩れ始めています。

派手さは皆無ですが、こぢんまりとした「地域の信仰拠点」という雰囲気は中々に乙でした。こうした地味なモスクも良いですね。

 

f:id:harimayatokubei:20170404153915j:plain

近くにはゾロアスター教の神殿の遺跡もありました。

f:id:harimayatokubei:20170405190350j:plain

町近くの山には神殿のような建物も。

 

ナタンズには他にも見所があるようですが、モスクで満足したのでカシャーンへ向かいます。エスファハーンと違って田舎町なので空気も非常に綺麗でした。とはいえ何泊もするほど魅力のある町でもなかったですね・・。

 

モスクの管理人にバスについて尋ねると、夕方までない、との返事。300000リアルでタクシーでカシャーンまで送ってくれるようなのでタクシーに乗ることにしました。

 

f:id:harimayatokubei:20170404153920j:plain

若干でこぼこした道を100km/hで飛ばします。

2時間ほどでカシャーンに着きました。カシャーンのホテルはエスファハーンの宿で事前に押さえておいたので、運転手に言って近くまで行ってもらいます。

 

本日の宿はSadeghi House。豪邸を改装した宿です。3人ドミトリーで一泊12ドル

f:id:harimayatokubei:20170405191713j:plain

 

宿の近くに城壁?みたいなものが見えたので行ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170405191926j:plain

・・・?なにこれ???

(この時点では謎だったのですが、冷水を貯水するところのようです。)

大変面白いですねぇ。表面を整えているということは観光地化する予定なんでしょうか。

f:id:harimayatokubei:20170405192146j:plain

城壁は普通の城壁です。GoogleMapで見ると見事な円形の城塞です。

f:id:harimayatokubei:20170404153931j:plain

城の中にも例のものがありました。崩れゆく城壁が諸行無常を感じます。

城壁には登れたので登ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170404153940j:plain

f:id:harimayatokubei:20170405192559j:plain

結構良い景色ですね!カシャーンは典型的なイランの街という感じです。

陽が傾いてきたのでこの日はこれで観光終了です。宿付近にレストランがあったので行ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170405192754j:plain

頼んだのはこちらのご飯。一枚40000リアル。

なお味は最悪でした。洗剤のような味が口いっぱいに広がり半分も食べられずにギブアップ。

 

コーラで口直しをしつつ宿でネットサーフィンをして就寝しました。しかし、イランのネットは遅いですね・・。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

エスファハーン観光2 ジョルファー地区の教会 2/28

イラン二日目です。13時間爆睡しまして9時に起床しました。

宿の朝食はそこそこ美味しかったですね。薄いパンもバターやチーズにつければ普通に食べれました。

f:id:harimayatokubei:20170403163311j:plain

 

しかし体調が悪い!頭がどよ~んとしています。風邪ではないけれどこのまま無茶すれば確実に風邪を引くくらいの体調です。

本当は今日の夜に夜行バスでシーラーズへ行こうと思ったのですが、体調を慮って断念。残念ですが、今回は諦めましょう。

 

まずは10時くらいに宿をチェックアウトして別の宿に行きます。ハキーム・ホテルの主人はいい人だったのですが無理やり泊めさせられた感があったので一泊で出ました。

次の宿は地球の歩き方にも載っているアミールキャビールという宿に行きました。

ツインで一泊25ドルです。少し安くなったのはいいものの、シャワーは狭く汚く部屋もそんなに良いとは思えないのが残念でした。

 

ちょっと休憩して昼くらいに観光に出発します。イマーム広場の居心地が非常に良かったので今日もまずはイマーム広場へ。

写真はイマーム広場のロトフォッラーの反対側にあるアーリーガーブ宮殿です。

f:id:harimayatokubei:20170404134251j:plain

なんか今すぐにでも折れそうなんですが大丈夫なんでしょうか。音楽堂やらテラスからの景色が有名なようですが、肝心のテラスが工事中で入れないようなのでスキップです。

30分ほど広場でだらだらしました。

イマーム広場の横には普通の公園があります。

f:id:harimayatokubei:20170403174814j:plain

f:id:harimayatokubei:20170403171205j:plain

公園でチェスをするおじさん達

f:id:harimayatokubei:20170403171220j:plain

絵に描いたような平和さです。気温も18度くらいで歩いていても寒くもなんともありませんでした。

 

まともに観光するため、市内南部にあるジョルファー地区に向かいます。

f:id:harimayatokubei:20170403171230j:plain

ここはサファーヴィー朝のアッバース一世が国際貿易で活躍するアルメニア人を居住区として設定した地域です。一般的にイスラム革命後はイスラム教以外の信仰は許されてきませんでしたがここだけは例外のようです。f:id:harimayatokubei:20170403171644j:plain

そのためこの地区にはアルメニア正教会の教会が集中してあります。今回はその中で最も有名なヴァーンク教会に行きました。

ヴァーンク教会 200000リアル

ドームだけ見るとモスクというよりはロシアの教会っぽい形をしています。値段はエスファハーンの標準的な観光地価格ですね。

f:id:harimayatokubei:20170403171617j:plain

あまり期待はしていませんでしたが中に入ると昨日のモスクに負けず劣らずの豪華な装飾でした。

f:id:harimayatokubei:20170403171239j:plain

f:id:harimayatokubei:20170404143619j:plain

 全体的に金色が多い印象です。また、モスクはドーム縁の窓からの光を重視している印象ですが、教会は中央のステンドグラスが非常に目立ちます。

f:id:harimayatokubei:20170403171602j:plain

顔から羽が生えてる天使はイスタンブールアヤソフィアでも見ました。

教会の礼拝堂の外には資料館も展示ありました。あったのは主に聖書の写本です。

f:id:harimayatokubei:20170403171628j:plain

この写本は12世紀に作られたもののようです。

f:id:harimayatokubei:20170404145148j:plain

挿絵もユーモラスですね。ハリーポッターに出てくる羊皮紙とはこんな感じなのでしょう。

 

教会を一時間ほどで見学をしてジョルファー地区の広場まで行きました。

f:id:harimayatokubei:20170404145818j:plain

なんの変哲もない広場でした・・・。

 

このあたりで体調がいよいよ悪くなってきたので宿に戻りました。ジョルファー地区から宿まではバスで30分ほどかかりました。

f:id:harimayatokubei:20170403174248j:plain

市内中央を流れるザーヤンデ川は完全に干上がっています。水溜りっぽいのはいくつかありますが・・・大河の面影はありません。水資源について考えさせられます。

 

14時過ぎに宿に戻ったら体調不良でバタンキュー。

4時間ほど昼寝して夕食です。

f:id:harimayatokubei:20170404150136j:plain

ピザですね!体調が悪いときは食べなれているものに限ります。110000リアル(=330円)でした。

f:id:harimayatokubei:20170404150331j:plain

宿の近くの売店では金魚も売られていました。

 

この日は体調が悪すぎたのでさっさとシャワーを浴びて横になります。21時には完全に就寝しました・・・。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

 

 

エスファハーン観光 イマーム広場の繊細を極めた建築 2/27

昼寝から目覚めて観光に出ます・・・しかし、2人で行くはずが同行人が体調を崩したため今回は一人で行くことに。

 

f:id:harimayatokubei:20170406192851j:plain

街角も完全に中東です。車が多いですね。

 

5分ほどでイマーム広場に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170404163723j:plain

すごーい!広ーい!!

思ったよりも広いです。皇居外苑くらいの規模感があります。この時期は観光地というよりは地元の方々の憩いの場としての役割が強いのでしょうか、地元の人でいっぱいです。

広場は今では水路や噴水が設置されていますが、昔は古代ローマの競技場のような平坦な砂地だったようです。

 

とりあえず最初のモスクに行きました。

マスジェデ・シェイフ・ロトフォッラー 200000リアル

f:id:harimayatokubei:20170402180905j:plain

エマーム広場の東側に見えるドームが王族専用モスクのシェイフ・ロトフォッラーです。

民衆には公開されていなかったため、大人数を収容するための中庭やコーランを読み上げるためのミナレットは存在しません。

そのため通路を通るといきなりドームが現れます。

f:id:harimayatokubei:20170402180911j:plain

いや・・・・・・・・・・・・

すごい・・・・・・・・・・・・

すごすぎるだろ・・・・・・・・・・・・

f:id:harimayatokubei:20170402180920j:plain

繊細さの洪水です。視界全てに精密なタイルが広がります。

f:id:harimayatokubei:20170402181807j:plain

薄暗いモスクにドームの根元から淡い光が降り注ぎ天上の楽園を思わせる演出となっています。

f:id:harimayatokubei:20170402180943j:plain

 

見所はこのドームだけですが、行く価値は十二分にあります。とにかく凄いモスクでした。

 

②マスジェデ・イマーム 2000000リアル

続いて見たのは南側に位置するマスジェデ・イマームです。シェイフ・ロトフォッラーよりも大きいので非常に目立ちます。

f:id:harimayatokubei:20170402182356j:plain

正面に見えるはイーワーンです。天井の装飾がとにかく素晴らしい。

f:id:harimayatokubei:20170403152327j:plain

中に入ると、広場から45度傾いて中庭が存在します。

f:id:harimayatokubei:20170402182405j:plain

中庭からイーワーンを見ると傾いているのが良く分かります。周囲の建物を含めてタイルの装飾がビッシリ!半端ではない労力がかけられて維持されていることが良く分かります。

メインとなる中央礼拝堂の中も外以上にタイルの装飾が凄まじいです。

f:id:harimayatokubei:20170403161540j:plain

f:id:harimayatokubei:20170402182412j:plain

床の中央にある黒いタイルはドームの真下に位置しています。実はこの位置で叫んだり足を鳴らしてみると、

「「「「「タン!タン!タン!タン!タン!」」」」」

「「「「「おおおおおおおお~ぉ~ぉ~」」」」」

という感じで音が幾重にも反響して聞こえてきます。このシステムは今後行くモスク全てで再現できましたが、このモスクが最も反響していました。

 

天井の装飾も美しいです。こちらは青を基調にしているためロトフォッラーとは異なり華やかな印象を受けます。

f:id:harimayatokubei:20170402182418j:plain

f:id:harimayatokubei:20170402182439j:plain

壁のタイルは天井の幾何学的な模様とは異なり動植物をモチーフにしたものが多いです。

周囲には廊下がありますがタイル張りの内側とは違って非常に渋い雰囲気でした。

f:id:harimayatokubei:20170403154728j:plain

 

30分ほどで見学を終えて外に出ました。広場の周囲はお土産屋さんが立ち並ぶバーザールになっています。

f:id:harimayatokubei:20170403155712j:plain

ここで、「日本人?店でお茶でも飲んでいかない」とアラブ人に声をかけられました。なんとなくで一緒に店まで行くと、絨毯屋でした。

そこでお茶を飲みながら絨毯のセールスが始まります。高いと100万円前後で安くとも一万円近くするので当然買うことも無く店を出ました。他の国だったらかなり引き止められるのですが、ここの人はすぐに「見てくれてありがとう~」という感じで見送ってくれました。

 

 

夕陽に染まるロトフォッラーです。夕方になっても広場に人は多かったですが、女性や子供も多く危険な感じは一切ありませんでした。

f:id:harimayatokubei:20170403161002j:plain

 

まだまだ明るいですが、午後6時を回っているのでこの日は素直にホテルに戻りました。

夕食は羊のレバーの串焼き。1本300000リアルです。パンなどはフリー。

f:id:harimayatokubei:20170403162216j:plain

レバーが好きだったら美味しく食べられたんだろうなぁ・・・とう感想です。トマトが美味しかったのでおかわりしました。

 

午後8時くらいに宿に戻ってこの日は就寝しました。いやはや、疲れた一日だった。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく