転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

ブハラの軽い散策 主に休養日 3/7

イランを出発してからおよそ4日間に渡る壮絶な移動を終えて、とうとうブハラまで辿り着きました。

宿に着くまでにおおよそ分かったのですが、町の規模はイランのエスファハーンと比較して大分小さいです。人も少ないし、空気も綺麗ですね。

しかし、疲労困憊していたので取り敢えず朝の8時から寝ました。久しぶりのシャワーと寝返りを打てるベットは素晴らしく快適です・・・。

 

5時間近くごろごろして復活しました。さしあたって腹が減ったのでホテルの主人に昼食を適当に見繕ってもらいます。

f:id:harimayatokubei:20170426202701j:plain

う~ん・・・微妙オブ微妙です。大きいのはいいのですが、中身の謎の漬物のような野菜がかなり不可思議な味をしています。というか肉を入れてくれ。

 

しかし、問題は味ではなく値段でした。食事後に会計を頼んだところ、

  • ハンバーガー 15000スム(=230円)
  • ホットドック 18000スム(=250円)
  • コーラ(2L) 10000スム(180円)

という値段です。外の売店ではコーラ1本2000スムだったので相場の5倍ぼったくられました・・・。まぁ、せいぜい数百円くらいの被害で良かったです。イランでは間違いなくこういうことは無かったので、ちょっと落ち込みます。

 

くよくよしてもしょうがないのでブハラの町へ行きます。といっても旅人向けの宿は旧市街の中心地に多く立地しているので、宿から3分も歩けば中心のラビハウズに着きました。

f:id:harimayatokubei:20170425172619j:plain

(ちなみにこの写真は翌朝です。)

モスクなどはそこそこ大きいですが、タイルなどの装飾はイランと比較してかなり控えめですね。純観光地的で地元住民の姿は少なく、観光客もオフシーズンなのであまり見ません。

 ところが、ラビハウズから少し行ったところのカフェで日本人大学生の三人組と遭遇しました。

ハイシーズンであれば別に不思議ではないですが、まだまだ冬の三月に会うのはかなり驚きです。(いままでの移動がそもそもの人過疎地域だったからという可能性もありますが。)

私はコミュ力は高いほうではないですが、そもそもブハラに来る時点で同類であると確信したので意気投合して、夕食をご一緒させていただきました。

場所はラビハウズ横のレストランです。上の写真に写っていますね。

 

そこで食べた中央アジアの串焼き「シャクリク」がもう美味いのなんの。f:id:harimayatokubei:20170426202051j:plain

豪快にした日本の焼き鳥で非常にジューシーで良い。久しぶりに心からおいしいと思える食品を食べました。

その他にもサラダなどの野菜を摂取して栄養補給もすませます。本当は生野菜はやや危険ですが、大丈夫だと判断しました。

 

この日は東京からやってきた別の友人と宿で合流しました。実は到着時間を勘違いしており、迎えにいけなかったなどのアクシデントがありましたが、無事に合流できました。

食事のおかげもあり、体調はかなり回復したので次の日からがっつりブハラを観光します。今日少し回っただけでも雰囲気は素晴らしく、期待が持てます。

 

次の日はいよいよブハラ観光です。

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

東武動物公園でおおさわぎ!してきた 全フレンズ発見は割りと大変

東武動物公園けものフレンズのコラボが始まりましたね!

せっかく車で一時間位の所に住んでいるため、行ってきました。

 

ちなみに客層はフレンズ(オタク)3割、家族連れ7割くらいでした。開園直後はグッズ目当てのオタクが多かったですが、だんだんと家族連れが増えていった印象です。

 

今回のコラボは園内アナウンスや飼育員の解説の他に、フレンズのパネルが園内各所に設置してあります。

その数なんと26体!東武動物公園は結構広いのですべてのフレンズを見つけるのは大変でしたが、スタンプラリーのようで個人的には楽しかったです。この記事ではそのフレンズの写真を全部載せちゃいます!ネタバレ風なのでこれから行こうとする人はあまり見ない方がいいかも・・・?

ちなみに、全てのフレンズ発見まで2時間かかりました。

 

1.ショウジョウト

アニメでもちょっと出てきたフレンズ。

f:id:harimayatokubei:20170422213317j:plain

 

2.アルパカ

めっちゃ草食ってる。ちなみに枯れ草を「アルパカのごはん」として100円で売ってました(ボロい商売だな)。

f:id:harimayatokubei:20170422213320j:plain

 

3.フンボルトペンギン

PPPがふるるーしかいないとは・・・。ちょっと寂しそうなのは気のせい?

f:id:harimayatokubei:20170422213323j:plain

 

4.ワシミミズク

助手はさすが猛禽類の貫禄。クチバシがめっちゃ鋭い。

f:id:harimayatokubei:20170422213330j:plain

 

5.アメリカンビーバー

奥に隠れてたたので見えなかったですねー。まぁ俺も普段だったらこの時間は寝てる。

f:id:harimayatokubei:20170422213333j:plain

 

6.レッサーパンダ

アニメにはいなかったフレンズ。

f:id:harimayatokubei:20170422213340j:plain

f:id:harimayatokubei:20170422213339j:plain

 

7.ヒグマ

すごくつよそう(小並)。迫力がやはり段違いである。

f:id:harimayatokubei:20170422213344j:plain

f:id:harimayatokubei:20170422213347j:plain

 

8.カバ

動かざること山の如し。微動だにしませんでした。ちなみにフレンズは右の端にいます。

f:id:harimayatokubei:20170422213353j:plain

 

9.ホワイトタイガー

東武動物公園のエース。全身から漂うSSRの貫禄が凄い。

f:id:harimayatokubei:20170422213356j:plain

f:id:harimayatokubei:20170422213359j:plain

 

10.ライオン

ホワイトタイガーに並んで大人気のライオン。しかし、私はフレンズがメスなのにたてがみを持つ矛盾に気づいてしまったのであった・・・。

f:id:harimayatokubei:20170422213403j:plain

 

11.ヒョウ

ぐてーっとしたライオンと違って檻の中をせわしなく動き回っていました。しなやかな体躯が美しい。

f:id:harimayatokubei:20170422213409j:plain

f:id:harimayatokubei:20170422213413j:plain

 

12.マレーバク

実にのんびりとした風貌のバク。肉食獣コーナーと雰囲気が違いすぎる。

f:id:harimayatokubei:20170422213416j:plain

 

13.タヌキ

夜の県道に突然飛び出してくるのはやめておくれ・・・。

f:id:harimayatokubei:20170422213420j:plain

 

14.コツメカワウソ

すごい小動物みを感じる。

f:id:harimayatokubei:20170422213425j:plain

 

15.アライグマ

大人気アライさん。正直言ってタヌキと見分けがつかない!

f:id:harimayatokubei:20170422213438j:plain

 

16.フタコブラクダ

のんびり系の動物。実物と見比べて吉崎絵のすばらしさを再認識しました。

f:id:harimayatokubei:20170422213442j:plain

 

17.カピバラ

緑の柵の向こうにうっすら実物がいるじゃろ?

f:id:harimayatokubei:20170422213446j:plain

 

18.ヤギ

肝心のヤギさんは左にいます。唯一動物を撮り忘れました・・・。

f:id:harimayatokubei:20170422213449j:plain

 

19.カンガルー

尻尾の存在感がすごいですねぇ。ちなみこの直後にフレンズの目の前で喧嘩を始めました。

f:id:harimayatokubei:20170422213457j:plain

 

20.シロクジャク

おそらくパネルの面積は園内一。本当に全身真っ白ですね。

f:id:harimayatokubei:20170422213501j:plain

 

21.アクシズジカ

2話でちょろっと出てきた動物。土の中の塩ぉ・・・を舐めるんですねぇ・・・。見た目は奈良公園のシカ。

f:id:harimayatokubei:20170422213504j:plain

 

22.フラミンゴ

パッと見トキ。メヒコというレストランにいるせいで、個人的には馴染みがあります。

f:id:harimayatokubei:20170422213512j:plain

 

23.アフリカゾウ

これまで散々ほかの動物をデカいと言ってきましたが、明らかに大きさが違う。ちなみにアニメに出てきたのはインドゾウですね。

f:id:harimayatokubei:20170422213508j:plain

 

24.アミメキリン

実にのんびり草を食んでいました。大きいアルパカっぽい。

f:id:harimayatokubei:20170422213515j:plain

f:id:harimayatokubei:20170422213522j:plain

 

25.シマウマ

なぜかパネルがダチョウゾーンの前にありました。ミス・・・?でもこのデザインは明らかにシマウマでしょ。

f:id:harimayatokubei:20170422213523j:plain

 

26.シロサイ

動かざること山の如しその2。近くでみると、筋肉がものすごいことがよくわかった。

f:id:harimayatokubei:20170422213527j:plain

 

最後におまけ!アライさんとフェネックです。

f:id:harimayatokubei:20170422213531j:plain

このうち捨てられたバギーはまさかジャパリバスでは・・・!??

サーバルもいるらしいのですが、見つけられませんでした・・・。

 

これで(おそらく)全部です!いかがだったでしょうか・・・。全部見つけるのは相当骨が折れました。場所がわからないフレンズがいたら、飼育員さんに素直に尋ねるべきですね。

 

また、このコラボなんですが、全体的に急ごしらえ感があるかなー?とは少し思いました。アニメの放映時期を鑑みると如何ともしがたいのは確かですが、パネルの場所や大きさなどがやや雑な印象を受けました。物販も缶バッジのみですし。

 

とはいえ、吉崎先生の絵を本物と見比べられるのはそうそうある機会ではありません。東京からさほど遠くもありませんし、是非行ってみてください!

 

おわり

 

コングラードーブハラ その3 爆走タクシー編 

コングラードという街に無事に到着し、ウズベキスタンの地を踏みしめた我々はさらに東のブハラへ向かわなくてはならなかった。

 

コングラードの第一印象は何も無い。なにも無さ過ぎる。ということです。

f:id:harimayatokubei:20170417125450j:plain

一刻も早くこんな街から脱出するために我々は真っ先に鉄道のチケット売場まで行きます。

ブハラ!ブハラ!と連呼するもどうやらブハラまで行く列車は無い模様。なので、一番ブハラに近いナヴォイという駅まで行くことにしました。

しかし、出発時刻をよく見ると次の日の午後4時ということが判明。

嘘だろ・・・?と思って時刻表を見ても本当に明日の午後4時まで便がない・・・。

 

こんな何も無い街で一日以上過ごすのはしんどすぎる。との判断を下し、私達はタクシーでのブハラ行きを決定しました。

ちなみに鉄道では一人あたり90000スムでタクシーはブハラまで一人あたり300000スム(一台あたり600000スム)です。鉄道のおよそ三倍ですが、せいぜい1500円くらいしか変わりません。

 

コングラートを出るとさっそく牛の群れと遭遇。道がガッタガタでブレまくりですが勘弁。

f:id:harimayatokubei:20170417125501j:plain

郊外に出ると地平線も見えそうな道になります。思ったよりも整備されていて、時速100km/hで爆走します。

ちなみに乗った車はなんとシボレーです。何故かウズベキスタンではシボレーが多かったですね。

f:id:harimayatokubei:20170417125518j:plain

 

ガソリンスタンドで給油をします。スタンド内は危険なため、運転手以外は立ち入りできませんでした(乗ってるのも駄目)。

f:id:harimayatokubei:20170417125530j:plain

カメラを持っていたので謎のおっさん集団の写真を撮ることに。

f:id:harimayatokubei:20170417125607j:plain

 

給油した車はひたすら東に走り続けます。

4時間後くらいにはすっかり陽も沈みました。外の気温はおそらく10度以下なので、上着がないと辛いですね。

f:id:harimayatokubei:20170417130709j:plain

この時点で相当に疲れ果てていましたが、まだまだこれから。

夜になってからガタガタ道を進んでおり、北極星の位置から推測する限り西に進んでいたこともあったりと結構不安にかられましたが、全体としてはそこそこの速さで東に進みます。2人しか乗っていなかったとはいえ、砂漠のど真ん中を飛ばしまくる車内でジッと耐えるのはかなり堪えます。

満天の星空を眺めながら走り続け、Fateをやりつつ、寝たりしながら耐えに耐え、なんと午前3時にブハラに到着しました。

ここで運転手氏から、「宿は一泊分の料金を取られるが、ブハラにいる俺の親戚の家なら2000スム(140円)で泊まれるぞ」との取引をもちかけられます。迷いましたが、宿の交渉などを考えるとめんどくさすぎるので親戚の家?で一泊することに。

滞在登録の心配などありましたが、安さに釣られて連れて行かれたのは郊外にある一軒屋でした。写真を撮り忘れたので言葉で伝えるしかないですが、宿ではなく、完全なただの一軒屋です。

中学生くらいの男の子と同じ部屋で一泊しました。防犯なんてものは当然考えません。

部屋を暗くした瞬間にすぐ眠りに落ちたことはよく覚えています。

 

翌朝8時に運転手が起こしにきました。

「ラビハウズ(ブハラの中心)あたりの宿に連れてってくれ・・・」と伝え、追加料金もなしに素直に車を出してくれました。

ところが着いたのは謎のモスク!

f:id:harimayatokubei:20170418153818j:plain

「ここは偉い聖人の廟で~」とか説明していますが、そんなことはどうでもいい!!!早く宿へ連れてけ!!とやんわり怒ったため、この後はどこにも寄らずに行ってくれました。

 

着いた宿はBooking.comで予約してあったのですぐにチェックインできました。

Ambar Mekhtar Caravan Saray Hotel Bukhara -ブハラ-【 2016年の口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

 

アクタウを出てからおよそ40時間・・・ついに、ついに私達はブハラまで着きました。目的地の分からない列車や本当にブハラに向かっているのか分からないタクシーなど精神的に疲労する要素が満載だったので、移動としては過去最高に辛かったです。

 

朝9時過ぎでしたが、観光は後回しにしてホテルで寝ました・・・。

 

つづく

アクタウ~コングラード~ブハラ その2 地獄の列車と地平線編

列車は14時くらいに緩やかに発車しました。あっという間に町は終わり、あとはひたすら砂漠状の土地を走ります。速度は40km/hくらいでしょうか、チンタラ走ってるなぁという感想です。ちなみにこの段階ではコングラードに到着する時間は知りません!

 

さて、車窓にも全く変化が無いのですぐに飽きます。

その後はiPadに入れたゲーム(Fate/StayNight)や映画をやります。もちろんコンセントなんぞないので極力画面は暗くしたままです。

 

乗車1時間ー

毛布と布団が配布されました。基本的にゴロゴロするしかないので乗客は昼間であっても敷いています。

f:id:harimayatokubei:20170412181805j:plain

車窓からは謎の白い地層が見えます。

 

乗車2時間ー

ウズベキスタンの入国係員がやってきて簡易的な入国管理を始めました。突然の出来事でかなり驚いたのですが、どうやら国境での時間短縮目的のようです。

ウズベキスタンは外貨の持ち込みに非常に厳しいことで有名です。私達は外国人なのでドル・日本円・カザフスタンテンゲを全て提示させられ、ウズベキスタンスムで換算した値を報告しました。

さらっと書きましたが30分くらいかかりましたね・・・。

 

乗車4時間ー

昼寝をしてふと気がつくと夕暮れになっていました。

驚くべきことに線路は完璧に直線で360度地平線です。

f:id:harimayatokubei:20170412181944j:plain

f:id:harimayatokubei:20170412182224j:plain

線路がまっすぐすぎて先で繋がっているようにみえますね。

f:id:harimayatokubei:20170412181957j:plain

遠くで馬が草を食んでいます。おそらく野良馬ではなく遊牧民の馬でしょう。

f:id:harimayatokubei:20170412182041j:plain

こうして沈む夕陽を見ていると海と区別がつきませんね。

こうした風景は日本では北海道であっても決して見られないものです。このあたりの住民は見慣れているのかもしれませんが、私にとっては何故か感動的な風景でした。

 

ひとしきり外を眺めてから夕食です!

f:id:harimayatokubei:20170412182056j:plain

プラスチックの入れ物には下の乗客がくれたハンバーグなどが入っています。

もそもそと食べますが色々とひもじいですね・・・ベットがとにかく狭いのでだんだん欝になってきます。

食べ終わったらしばらくゲームをして寝ました。

 

乗車12時間後ー

午前一時に突然叩きおこされました。どうやらカザフスタンの出国審査が始まるようです。ベットで寝ていることは許されず、下のベットに座るよう命令されます。

まず初めにパスポートを回収されます。次に出国のための書類を書かされます。全てロシア語で万事休すかと思われましたが、地球の歩き方を参考にしてなんとか書ききりました。

荷物検査などは特に無かったと記憶しています。私の入国審査は5分程度で終了したのですが、車両全員の審査が完了するまで寝ることは許されません。iPadを見ることすら許されません。

30分ほどボケーっとしていると審査が終わったようで乗客がベットを出して寝始めました。ふと窓の外を見ると明かりがちらちら見えます。どうやら時刻表的にはベイネウという街に私達はいるようです。

f:id:harimayatokubei:20170412182104j:plain

非常に暗い街ですが、この辺では一番人が多いところなのでしょう。また、位置的にはロシアーウズベキスタンを繋ぐ大幹線とアクタウーアスタナを結ぶカザフスタンを東西に結ぶ路線が合流するところです。そのため、結構多くの旅人がこの付近を通っているはずです。

 

乗車14時間後ー

次にウズベキスタン側の入国審査が始まりました。カードに記入やパスポートチェックがあったのですが、正直ほとんど記憶がありません。

審査中に夜が白け始めたのはよく覚えています。

 

乗車20時間後ー

朝10時ごろに目が覚めると周りの乗客は朝ごはんを食べ始めていました。朝食の内容はプロフという炊き込みご飯です。昨晩の夕食に引き続き下の乗客に分けてもらいました。感謝です。

f:id:harimayatokubei:20170417130841j:plain

f:id:harimayatokubei:20170412182114j:plain

両替屋が乗ってきたので両替をします。1ドル=6800スムのレートで100ドル分両替しました。このレートは後にブハラで両替したときより2%程度悪いだけでした。ド辺境の地であることを考慮すると妥当でしょう。

昨日の夜は暇で暇でしょうがなかったですが、色々と吹っ切れたためか精神的に余裕が出てきました。到着まで6時間もあるのに「もうすぐ着くな~」とか思っていました。

 

乗車26時間後ー

とうとう我々の目的地であるコングラードが近づいてきました。周りの乗客も化粧をして到着に備えています。

f:id:harimayatokubei:20170415224319j:plain

乗客が「アムダリヤ!」と言うので撮った川。本当にアムダリヤ川どうかは不明。

ひたすらに荒野を走るため、本当にコングラードが近づいているのか分かりませんでしたが、列車は序々に速度を落としていきます。

 

そして、4時過ぎにコングラードに着きました。

小笠原までの22時間フェリーに乗ったことがあるのですが、フェリーはかなり自由に動けるのに対して、列車はほとんど自分のベットから動けなかったので、その開放感たるや素晴らしかったですね。

f:id:harimayatokubei:20170415224004j:plain

 

この後、我々はさらに東のブハラに向けて移動を開始します・・・。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

アクタウ~コングラード~ブハラ その1 アクタウ編

日がとっくに沈んだ後にバクーを出発した飛行機は、真っ暗なカスピ海上空を飛行していきました。

 

f:id:harimayatokubei:20170412175843j:plain

機内食はこのパンとスナック菓子のみです。まぁ一時間の短距離便だしこんなもんでしょう。

しばらくすると遠くにぼんやりと光が見えてきました。あれがアクタウの光だと分かったのは着陸直前でした。

無事に着陸してからは、早速入国審査です。旧ソ連圏の地方空港はターミナルに入るといきなり入国審査が待ち受けています。他の国は階段を上ったり廊下を歩いたりするのになんででしょうね。

入国審査は係員が英語を話せたこともあり、スムーズに終わりました。ビザを持っていなかったのですが、特に問題となりませんでした。ちなみに、入国の際に1ページ分くらいの小さい紙が渡されますがこれは出国の際に必ず必要になるので注意しましょう。

さて、無事に入国しましたので次に宿まで行かねばなりません。一応バスがあるかどうか空港職員に聞いたのですが、「あるわけないだろ」とのこと。まぁ夜11時だし当然ですね。

という訳でタクシー利用決定です。ちなみに現金はATMで入手しました。

交渉の結果、空港→アウタウまで2000テンゲ(=720円)となりました。ちなみにタクシーの車種はなんとレクサスです。

f:id:harimayatokubei:20170412180019j:plain

途中で道を間違えるハプニングはあったものの無事に宿まで辿り着きました。

本日の宿はHostel-Aktauです。町外れにあるものの安く、そして部屋も綺麗で快適です。WIFIがないのはちょっと残念ですが。

Hostel-Aktau (カザフスタン アクタウ) - Booking.com

f:id:harimayatokubei:20170412180048j:plain

アクタウはカザフスタンカスピ海側の最大都市ですが、駅は無いため、隣町のマンギシュラック駅まで行かなくてはなりません。空港から宿まで送ってくれたタクシー運転手と交渉して1500テンゲとなりました。おそらく相場より高いけれど、チケット購入を手伝ってくれるとのことですので手を打ちました。

また、ウズベキスタン方面への列車がいつ発車するのか、という情報は非常に重要です。おそらく一日1本しかないので乗り過ごすとこの田舎町で無駄な時間を過ごすことになります。(ネットに時刻表はあるのですが、「モスクワ時間」「アクタウ時間」「アスタナ時間」のどれなのか判別できなかったので結局は現地の情報に頼らざるを得えませんでした)

宿の主人曰く、「昼頃に発車」とのことなので朝10時に宿を出発することにしました。

熱々のシャワーを浴びて本日は就寝です。前日は空港泊だったので今日は疲れました・・・。

 

翌朝9時に起床しました。タクシーで20分くらいでマンギシュラック駅に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170411225639j:plain

駅はいかにも地方の小駅という感じです。駅の窓口はもちろん英語は通じないので運転手に買ってもらいます。

f:id:harimayatokubei:20170412180207j:plain

ウズベキスタン!」と連呼したところ、行き先はウズベキスタン西部のコングラードという町となりました。値段は10500テンゲ(=3700円)です。高いかもしれませんが、1000km以上移動するのでそんなものでしょう。

駅のレストランで昼食を替わりに頼んでもらい運転手とは別れました。ちょっぴりですがお世話になりました。

f:id:harimayatokubei:20170412180131j:plain

昼食はご飯とハンバーグに真赤なスープです。

一気に食事もロシアっぽくなりました。味はまぁ普通です。不味くはないですね。

f:id:harimayatokubei:20170412180238j:plain100系っぽい広告

 

駅で水やパンを買いいよいよ列車に乗り込みます。非常に長い列車で15両以上はあったように思われます。

f:id:harimayatokubei:20170411231019j:plain

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく