読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる五円玉

大学四年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

卒論提出完了&最終発表終了しました

タイトル通り卒論関連の作業がすべて終わりました。やっと旅行の準備ができる・・・。良かった・・・。

 

私の所属する学類のスケジュールは

1/31 卒論・要旨締め切り

2/7  最終発表

となっていました。

なんとなく振り返りつつ自らへの反省を込めて記事にします。卒論って要るかと何回も思いましたが、そういうことを考えてもしょうがなのでスルーします。

 

~私の卒論スケジュール~

  12月:研究室訪問

 2月上旬:研究テーマ設定

 3月上旬:現地調査

4月~6月:結果を整理

7月~9月:(夏休み)

  10月:中間発表・分析

  11月:分析を整理・おおまかな論文の流れ決定

  12月:執筆に本腰を入れ始める。12月末で15000字前後になる

 1月上旬:考察(論文の核心部)を真面目に執筆。

 1月中旬:要旨の執筆開始

 1月下旬:要旨については毎日教授とやりとり。当日朝に全て完成。

 

う~~ん。現地調査まではかなり早いスケジュールでしたが、夏休みになんにもしてこなかったツケが10月以降に襲い掛かってきた感じです。

12月下旬以降の一日の生活は

9時:起床

10時:執筆開始

17時:適宜休憩いれつつ終了

25時:就寝

という感じでした。およそ一日に5時間前後は執筆を行い、2000字前後を書いていたようです。ただし、提出前日などはほぼ徹夜で卒論の体裁(誤字脱字など)を整えていました。体裁を甘く見てはいけない。

 

最後がキツかったとはいえ予想よりは緩く終わった印象です。なんだかんだいって、

調査が非常に早かった・11月に大まかな流れを決定できた、ことが大きかったのではないかと思います。何事も早めにやっておくべきですね、マジで。

あとは教授には週一回くらい連絡をしておきましょう。「教授に連絡するからには成果を挙げておかねば」的な強迫観念が働くため思ったよりも自分の手が動きます。