転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

内モンゴル・フルンボイル平原旅行 6・7日目 ハイラル→天津→大阪

金張汗風景区から帰らねばなりませんが、バスもタクシーもいないことが判明。

それもそのはず、ここに来る中国人の大半はレンタカーや自家用車を使用しているため、バスやタクシーは儲からないからです。

 

20分ほど待ってもタクシーの影すら見えないので、5km先の街道へ向かって歩くことにしました。

f:id:harimayatokubei:20170914134715j:plain

いや・・・果てしねぇ・・・。

f:id:harimayatokubei:20170914135759j:plain

羊を眺めながら歩いていると、突然クラクションを鳴らされました。振り返ると、一台のSUVに乗った中国人親子が通りがかっています。

英語が分からないので身振り手振りで話を聞くと、なんと私達をハイラルまで乗せていってくれるとのこと!!

ありがたく乗せてもらい、14時にはハイラル市内に到着しました。一旦ホテルに戻って着替えなどをしつつ飛行機の時間まで待機します。

割と長めに滞在したハイラルともいよいよお別れです。最後にらーめん屋に行って〆ました。

f:id:harimayatokubei:20170915225548j:plain

カレーです。キムチが入っている以外は普通のカレーです。

15時過ぎにホテル出発。ハイラル空港まではタクシーで15分、8元でした。

思ったよりもハイラル空港が立派で驚きです。なお、駅までの空港バスもあったようです。

f:id:harimayatokubei:20170915225647j:plain

空港内は案の定の大混雑!!キャパシティが完全に足りていません。

f:id:harimayatokubei:20170915225721j:plain

天津行きのカウンターもそこそこ混んでいましたが、幸いにも20分くらいでスムーズにチェックインできました。

 

天津航空のGS7814便はハイラルから直接天津には行かずに大連を経由します。

国内線ですが、途中で機内食が出ました。

f:id:harimayatokubei:20170915225835j:plain

うーん、まずい!!3月のウルムチ~天津よりも不味いですね。食べられはしますが。

 

しばらくすると大連に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170914134726j:plain

大半の乗客が降りました。30分くらい待ってから、また乗客が乗ってきて出発です。

 

大連~天津間は機内食も無くあっという間に到着しました。

天津航空での空港泊は2回目です。前回はフリーWIFIがなくて非常に残念だったのですが、今回はちゃんとあって良かった!デレステのイベント走らないといけないのでね・・・。

空港第二ターミナルにあったレストランの長いすで就寝です。ベンチと比べて柔らかいのですごく快適。警官もそれなりに巡回しているので安心できます。

 

翌朝6時に起床。サクッとチェックインして大阪行きの天津航空GS7977便に乗ります。

3月の天津~羽田行きでは機内食は無かったのですが、今回はでてきました。

f:id:harimayatokubei:20170915225925j:plain

味は中々ひどいですね・・・。謎の調味料の味が強すぎてもはや料理の体を成していないです。

 

ごく普通に飛行が終わり定刻で関空着。今回も無事に帰ってこれました。

その後は春秋航空で成田まで戻ります。

関空→成田は普通ならば和歌山方面を通るのですが、今回の便は大阪方面を飛行したので上空からのパノラマが思ったよりも素晴らしかったです。

f:id:harimayatokubei:20170914134744j:plain

f:id:harimayatokubei:20170915225151j:plain

仁徳天皇陵大阪城などもくっきり見えました。

 

今回の旅行は普段とは違って移動が少なかったためか非常に余裕のある日程となりました。たまにはこういう楽な旅行もいいなぁ、と思う反面、南国ののんびりとしたリゾート地にも行ってみたいと強く思います。

 

次はグアムとかですかねぇ・・・。ミサイルが飛んでこなけりゃいいんですがねぇ・・・。

 

 

ちなみにデレステイベは10000位ボーダーをなんとか超えてフィニッシュ。初めは2000位を追おうとしたのですが、あまりにも無理すぎた・・・。

f:id:harimayatokubei:20170916005115p:plain

内モンゴル・フルンボイル平原旅行 6日目 金張汗風景区

初めに書きますが、今日言った場所は自分の人生でも最も美しい風景だったと断言できます。

f:id:harimayatokubei:20170909201108j:plain

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよハイラルも最終日。

天候は晴れ!ハイラルに着いてから6日目でようやくの晴れです。

 

金張汗風景区はハイラル市の北部50kmほどの地点にある公式の草原観光地です。交通機関はタクシーのみでしかも固定で200元もかかります。結構高い・・・ですが、流石にこれを外す訳には行きません。

 

ハイラルを出てからは淡々と街道を走ります。

f:id:harimayatokubei:20170909195823j:plain

f:id:harimayatokubei:20170909200307j:plain

整備されてはいますが、片側一車線なので結構狭いです。

 

40分ほど走ってから、脇道に入りますと草原に建物が点在するエリアになります。その中の一つが金張汗風景区でした。タクシーの運転手は外で待っていると言っていますが、ここだけではなくて他にも歩いてみたかったので帰ってもらいました。

入場料10元。座標は49°30'12.9"N 119°46'30.8"Eです。

f:id:harimayatokubei:20170909200927j:plain

中には観光用のゲルや乗馬体験、弓矢体験などの施設が点在しています。

どれも一回100元くらいかかるのでスルーして、外側のいかにも草原っぽいところに行ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170911212241j:plain

おぉーー。中々いいじゃないですか。

大草原の名前は伊達ではなく、遠くの丘まで木が本当に1本もありません。日本では中々お目にかかれないですね。

 

とはいえ、5分も眺めていれば割りと飽きる光景ですので、この風景区から出て他にも景色がいい所を探しに行きました。というよりは、風景区は広い大草原の一部を柵で区切って建物を並べただけ、という印象が強いです。

 

ちょっと歩くと小高い丘がありましたので、そこに行くことになりました。

f:id:harimayatokubei:20170909201000j:plain

ところが、歩いても歩いても丘が近づきません・・・。途中でグライダー発着場に寄り道していたせいでもありますが、歩いても歩いても着かないのです。

f:id:harimayatokubei:20170911221835j:plain

完全に距離感覚が狂ってきています。300mほどの距離かと思いきや、丘の麓まで行くのに30分近くも草原の中を歩き続けることに。

しかも、どうやら丘自体は個人の所有地であるらしく、登るのに一人20元必要でることが判明。

「ただの丘にそんなに取るなよ!」とその時は割りと憤慨して丘を登ります。

 

割と登ってから途中にふと後ろを振り返ると、結構景色が良い!!やはり高いところは良いです。

5分ほどで頂上に着くと、チベット仏教っぽい雰囲気のオボーが目に入ってきます。

オボー - Wikipedia

f:id:harimayatokubei:20170911222327j:plain

 

まぁそれはそれで良いのですが、そんなことよりも景色が圧倒的に素晴らしい・・・。

f:id:harimayatokubei:20170911220836j:plain

360度に展開する地平線の彼方まで草原が広がっており、浮かんでいる雲が地面にまだら模様を作り出しています。f:id:harimayatokubei:20170911224015j:plain

遠くまで見渡してみると、大草原でもおもったより起伏があることが分かります。

f:id:harimayatokubei:20170909201246j:plain

それにしても良い・・・。強風が吹いていることが難点ですが、気温は20度前後と非常に快適です。

f:id:harimayatokubei:20170909201213j:plain

ただの丘だと侮っていましたが、この辺りで最も高い場所であるため本当に遠くまで見渡せます。何分見ていても全く飽きません。

雲の影を意識したのはいつぶりでしょうか・・・。幼稚園の頃に雲の影で遊んだ以来のような気がします。

 

 

 

一時間ほど眺め続けたら、時刻は既に午後一時。19時の便でハイラルを離れることを考慮するとそろそろ行かなければ。

f:id:harimayatokubei:20170909201144j:plain

最後にもう一枚写真を撮ってから丘を出ました。非常に名残惜しいですが、出発します。

ちなみにこの場所の座標は49.501565, 119.797327です。

 

下りながらも草原の写真を何枚か撮ります。

f:id:harimayatokubei:20170909201436j:plain

実にXPっぽい。

羊も結構いました。やはり放牧地なのですね。

f:id:harimayatokubei:20170909211626j:plain

もうちょい近寄ろうととしたのですが、羊は近づくと逃げてしまいました・・・。村にいる家畜と違って、人からは基本的に逃げるようですね。(村の羊は人からエサを貰っているので逃げない)

 

30分ほどで元の風景区まで戻りましたが、タクシーが一台もいない!?

さてどうしたものだろうか・・・。

 

つづく

内モンゴル・フルンボイル平原旅行 5日目 国境の街:満州里

朝起きると天気は曇り!!

明日の夜に天津へ飛び立つので、できれば明日の草原観光は避けたかったのですが、やはり晴れの日に観光したいので今日は満州里へ観光に行くことにしました。

まずは例によって駅前まで行きます。駅の南側にバス発着場と売店があるので満州里までのバスきっぷを購入。一人当たり元

11時頃に街を出てから割とすぐに国道に乗ります。途中で料金所のような場所がありましたが、ウイグルとは違って関所ではなく完全に料金所でした。

f:id:harimayatokubei:20170907190101j:plain

2時間ほど草原の中を爆走します。所々に町はあるものの、せいぜい100軒程度の集落ですね。

f:id:harimayatokubei:20170907190119j:plain

あまりにも代わり映えしない景色と思いのほか整備されている道によって1時間ほど眠ってしまいました。

腹が空いたので目が覚めると既に満州里市内です。しかも晴れてる!?

f:id:harimayatokubei:20170907190147j:plain

市内の西郊外にあります、バスターミナルに到着しました。ちなみに到着は14時ですのでハイラルから3時間かかりました。

予想よりも交通量が多いです。具体的には昼時の柏市内の国道6号線くらいでしょうか。

昼ごはんを食べたいのですが、折角ですのでロシアとの国境、すなわち「国門」へ向かいます。路線バスで移動。1元

 

途中であったロシア的なテーマパーク。なんとなく赤と白ならロシアっぽいだろ!!という設計者の意思を感じます。

f:id:harimayatokubei:20170907160923j:plain

 ちなみにバスにはロシア人も結構います。路線バスにも5人くらい乗っていました。

10分ほど乗って国門景区に到着です。奥に見える灰色の門っぽいのが国門ですね。かなり人もいます。テーマパークかなにか??

f:id:harimayatokubei:20170907160931j:plain

国門へ行くには入場料を払って手前のゲートを越えなければなりません。

f:id:harimayatokubei:20170907185439j:plain

ちなみに値段は80元なのですが、この右に注意事項がありまして

「国門景区は国境軍事区画です。そのため、中国人と香港、澳門、台湾人しか入れません。」とのこと。

 

・・・・・・。まぁ事前の調査でなんとなく予測はしていましたがね。景区の中にはなにやら戦闘機などもありましたが、それを見れないのはちょっと残念です。

 

路線バスで満州里の市内に戻ります。ところが、バスが中々来ないんですよ。その間にもみるみる待つ客は増えていき、完全にバス一台の許容を超えるくらいになってきます。

これは、もしや、10年くらい前の中国では各所で頻発していた乗車争奪戦が勃発するのでは・・・!?

と思ったら完全にそうなりました。バスに殺到する人民を掻き分けてどうにか乗車します。

f:id:harimayatokubei:20170908221714j:plain

東京の通勤ラッシュに慣れていると割りとすんなり乗れるのですが、そういう経験が無いと辛そうです。実際に2人ほど乗り遅れそうになりまりましたが、なんとか乗車できました。

 

満州里までは国道をひたすら東へ進みます。

ちなみに途中でモンゴル語しか書いていないKFCを発見しました。

f:id:harimayatokubei:20170907160947j:plain

この地域でもモンゴル族よりも漢民族の方が人口比では多いと思うのですが、中々思い切っていますね。

 

15時頃に満州里の市街地に到着しました。気がついてはいましたが予想以上の都会です。とても人口16万人の都市とは思えません。

f:id:harimayatokubei:20170908230846j:plain

日本の地方都市とは違って非常に活気があるのが良いですね。街を行き交う人の大半は中国人(モンゴル人)ですが、時々ロシア人も見かけます。

f:id:harimayatokubei:20170907160958j:plain

 

15時過ぎにロシア料理で昼食です。

f:id:harimayatokubei:20170907185627j:plain

街中にロシア料理店は決して多くなく、たまたま一軒だけみつけたという感じです。しかもやや高級店。そこらへんの食堂の3倍はします。

 

他にも見るべきところはあるようですが、そろそろ日も暮れかけてきたのでハイラルに戻ります。折角なので帰りはバスではなく鉄道で。

 

跨線橋の近くにはこのようなロシア風の木造家屋が点在しています。一応は保存文物単位に指定されているようですが、ガラスは割れており管理はあまりなされていないようです。

f:id:harimayatokubei:20170907161008j:plain

 

跨線橋から満州里駅のヤードを俯瞰。ロシアからの木材が大量に輸入されている様子が良く分かります。

f:id:harimayatokubei:20170907161016j:plain

日本とは違って標準軌の広い線路幅なので迫力があります。鉄オタ的にはおいしい場所ですね。

 

満州里駅は栄えている駅北とは反対方向の南側に面しています。駅南は4階建てのアパートが立ち並ぶ、いかにも中国の田舎という感じの趣。

f:id:harimayatokubei:20170907161037j:plain

 

17時台に列車は何本かありますが、硬座すら満席であることが多い・・・。少し席は離れてしまいましたが、K7084次の硬座を取ることができました。

お値段は28.5元。バスより10元も安い!!

 

あまり時間がないのですぐに乗り込みます。ハルビン行きなので乗車率も8割を超えていて混雑気味。かろうじて無座は発行していないようです。

 

窓の外から眺めるビル群も満州里の発展ぶりを強く印象付けます。

f:id:harimayatokubei:20170907161046j:plain

 

きっぷを良く見たら名前がKAPAになっていました。窓口の人を焦らせてしまいましたね。

f:id:harimayatokubei:20170907185853j:plain

 

列車は行きと同じような草原をかなりの速さで疾駆していきます。

f:id:harimayatokubei:20170907161054j:plain

 

19時50分に満州里から2時間でハイラルに到着です。乗客の5割は入れ替わった印象ですね。

f:id:harimayatokubei:20170907161110j:plain

しかし鉄道の方がバスよりも速くて安いとは・・・。やっぱり中国は鉄道がある所では鉄道が良いですね。

 

ハイラル駅がライトアップされていて中々良いですね。駅前広場がまっくらですがwww。

f:id:harimayatokubei:20170907161108j:plain

 

この日は例によって宿の近くにある食堂で夕食を摂ってデレステを走って就寝しました。

 

明日はいよいよハイラル最終日。観光の目玉と言える草原観光に繰り出しますが、果たして天気は如何に。頼む・・・晴れてくれ頼む・・・という面持ちです。お願いだから晴れてくれ!!

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

内モンゴル・フルンボイル平原旅行 4日目 悪天候の大会

4日目はほぼ大会に参加するだけで終始しました。

 

レース開始が8時30分という自分史上最も早い時間帯だったので、なんと朝5時に起床!眠すぎるのですが、レースはレースなので出ます。

ところが、天候は雨。気温も10度で風もかなり強いという中々の悪天候です。スタートまでのバス車内の時点で「これはヤバいんじゃないか??」という感じでしたが、いざスタート地区まで行ったら、強烈に寒い・・・。

8月とはなんだったのかという寒さです。体感気温0℃を切っていたと思います。低体温症も危惧されましたが、無事にレース開始しました。

ごく普通に走りきり、9時すぎに私は無事にフィニッシュできました。

f:id:harimayatokubei:20170907005138j:plain

雨は止んだのですが、相変わらず西風が凄まじい勢いで吹いています。

後続の日本選手団の選手を応援しつつ休憩をします。

f:id:harimayatokubei:20170907005405j:plain

f:id:harimayatokubei:20170907122958j:plainf:id:harimayatokubei:20170907123034j:plain

1時間くらいは観戦したのですが、選手が次々にフィニッシュする段階で再び雨が降ってきたため、表彰式は中止になりました・・・。即座に全員バスでホテルへ帰還です。

f:id:harimayatokubei:20170907123120j:plain

正直言って主に天候のせいで一年に一回あるかないかの辛い大会でした。一体全体なぜ会場を青空にしたのか・・・?まぁ内モンゴルがこんなに雨が降るとは誰も想像できなかったと思いますが。

 

12時くらいにホテルに着きまして、汗や泥をシャワーで洗い流して寝ます。

18時にもう一度起床。昨日も行ったらーめん屋でラーメンを食べて、少し酒を呑んで就寝!!

ちょっとばかり天候が辛すぎたので本気で風邪を引くかもしれません。安静にしてしっかり寝ます。

 

明日は晴れたら草原観光ですが・・・雨が降ったらどうしましょうかね。満州里でも行きますか。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

内モンゴル・フルンボイル平原旅行 3日目 ハイラル要塞

8時間睡眠ののちに起床。

天気は・・・曇りです。ちょっと草原観光には不向きなので、今日はハイラル要塞に行きます。

 

ハイラル要塞は実は市内に5箇所ありますが、観光地化されているのは一箇所の北部要塞のみです。

まずは4路バスで駅前まで出ます。さて、ここからどうやって行くべきか・・・。

①バス・・・安いがあるかどうか不明

②タクシー・・・楽で速いが高い

③徒歩・・・時間はかかるが確実

f:id:harimayatokubei:20170902220120p:plain

5秒ほど悩んだ上で、徒歩で行くと決断しました。

まぁ大人数ですし大丈夫でしょう。

 

陸橋を渡り駅の北側にでます。陸橋からハイラル駅を見ると、まるで新幹線の駅みたいですねぇ。とても辺境だとは思えません。

f:id:harimayatokubei:20170902200422j:plain

20分ほど歩くといかにも低級住宅街(スラム)に出ました。

f:id:harimayatokubei:20170902200434j:plain

・・・・・・。ちょっと危ない雰囲気ですが7人もいるのでそのまま行きます。こういう場所に割りと新しい車があるのはいかにも中国ですね。

さらに進むと家すら無くなり、工場の脇を進みます。

f:id:harimayatokubei:20170902200446j:plain

f:id:harimayatokubei:20170902221338j:plain

本当にあってるのかー??という道ですが、いつの間にか道路に出まして意外とあっさり着きました。

(ちなみに上の写真にある森林は最近造成されたようです。2006年ではこんな感じ。

ハイラル要塞 | つぶやき手帳

f:id:harimayatokubei:20170902200453j:plain

ハイラル要塞です。思ったよりも観光地化されており、中国人観光客も大勢いました。

f:id:harimayatokubei:20170902200502j:plain

まぁよくあるモニュメントです。

正面にある展示館にはまず始めにこれが。

f:id:harimayatokubei:20170902200508j:plain

デザインは結構好きです。

中身はハイラル要塞だけではなく、満州国時代のハイラル地域の文化・歴史について、という感じです。

f:id:harimayatokubei:20170902200519j:plain

満州国の紙幣です。武内宿禰ですかね・・・?

f:id:harimayatokubei:20170902200614j:plain

良く見ると『キリンビール』と読めます。こんな土地まで進出していたとは・・・。

f:id:harimayatokubei:20170902200621j:plain

ノモンハン事件のパノラマ図です。昔は日本の完敗と言われていましたが、現在では引き分けという評価になりつつあるようです。個人的な感想ですが、この大平原のたかだか10km程度の国境を争う意味はあったのでしょうか・・・?

f:id:harimayatokubei:20170902200632j:plain

展示の最後は進攻してきたソ連軍によって陥落する要塞のパネルでした。

 

ここで地上の展示館は終わりです。ここからは実際のハイラル要塞、つまり日本軍が建設した実際の要塞の中に入ります。

f:id:harimayatokubei:20170902200643j:plain

入口で既に若干寒い。

100段近くもの階段を下ります。

f:id:harimayatokubei:20170902200653j:plain

ほーん、流石にちょっと寒いな・・・。

・・・・・・

寒い!!!!!寒すぎる!!

冗談ではなく冷蔵庫の中にいるような気温です。それもそのはず、要塞内は夏冬関係なく常時0℃~2℃。冬の間はむしろ暖かいのでしょうが、8月でこの気温は半端ではなくキツい。

 

予想外の寒さにビビりながら進むと第一の見所が。

f:id:harimayatokubei:20170902200701j:plain

マジで日本語です・・・。「れ」が「水」にしか見えないあたり凄い昔のフォントっぽいです。これはかなり感慨深いですね。70年前に日本人が本当にこの場所にいたという事実が実感できます。

 

薄ボンヤリ暗い要塞内を進むと部屋がいくつもあります。

f:id:harimayatokubei:20170902200712j:plain

ここにも日本語がありました。

f:id:harimayatokubei:20170902200723j:plain

下の写真は通気孔です。地下牢獄の底という表現がぴったり。アサシンクリードだったら登れますが、梯子は取り外されているので登ることはできません。

f:id:harimayatokubei:20170902200737j:plain

しかし地下50mから地上を眺めるとこんな感じなんですね。

医務室や厨房を通り過ぎると兵舎区画となりました。

f:id:harimayatokubei:20170902200756j:plain

絵に描いたような陰気さです。潜水艦より辛いのではないでしょうか。もしかしたら平時はここは使っていなかったかもしれません。それくらい寒いです。

 

要塞の公開範囲は100mほどありますが、それでも北部要塞全体の5%程度のようです(地図からの目測)。

完全に素人の感想なのですが、この要塞をまともに陥すのは無理だと思います。ベルリンの総統地下壕も降伏によって陥落したくらいですし、地下50mは米軍の最新爆弾でも用いないと穿てないほど深いことが実感できます。また、当時の日本軍のここから先は進攻しない、ここから内には絶対に侵攻させないという意思も読み取れます。

結局は関東軍が防衛線を長春まで下げたので無駄になったんですがね・・・。

 

要塞の外には公園がありまして、昔の砲台やバイク、戦車があります。全部中国製なのですが、要塞を陥落したのは中国軍ではなくてソ連軍ですよね??

f:id:harimayatokubei:20170902200813j:plain

 

これは・・・中国の戦車ですかね?ガルパンにはいなかったような気が。

f:id:harimayatokubei:20170902230201j:plain

なんと内部に自由に入れます。いや、本当はダメなのですが中国人が勝手に入っているので私達も入りました。

 

f:id:harimayatokubei:20170902230103j:plain

思ったより広いですが、ここに4~5人乗ることを考慮すると中々キツいものがあります。

f:id:harimayatokubei:20170902200832j:plain

ちなみにらくだもいました。コブがなぜか変な方向にひねくれています。

 

駐車場にはなにやら見慣れた車が。

f:id:harimayatokubei:20170902200824j:plain

・・・!??!?なぜこんな所に藤原とうふ店の車が??フォルクスワーゲンですが、思ったよりも雰囲気は似ててびっくりです。

総見学時間は2時間くらいです。以外にも充実した展示だったので十分に楽しめました。

 

帰りは路線バスが来る気配が無いのでタクシーで帰ります。駅まで20元。

昼食は駅前で安心と伝統と麻婆豆腐。

f:id:harimayatokubei:20170902200843j:plain

これで10元です。やはり安い。そして美味い。

 

この時点で午後2時です。相変わらず曇り気味なので一旦ホテルに戻ってから街の広場まで散歩に行きました。

ちょっと晴れてきましたね。

f:id:harimayatokubei:20170902231049j:plain

広場はちょっとした遊園地みたいなものもありました。

f:id:harimayatokubei:20170902231059j:plain

座れるものなら座ってみやがれ、という強いメッセージ性を感じるベンチです。f:id:harimayatokubei:20170902231056j:plain

流石は中国です。日本ではとても想像をつかないコラボを平然と開催しています。

 

まぁ広場は所詮はただの広場なので本当に散歩だけで終わりました。

f:id:harimayatokubei:20170902231106j:plain

帰り際には見事な虹が。ちなみに正面のビルは病院です。

 

夕食はホテル近くのらーめん屋です。

f:id:harimayatokubei:20170902231111j:plain

なぜハイラルにらーめん屋が・・・という感じですが、好奇心で入ってみることに。

店主は中国語しか通じませんが、なんとかとんこつラーメンを注文。

f:id:harimayatokubei:20170902231115j:plain

実際に出てきたのはこちら。肝心の味は、思ったよりも美味い、くらいです。日本では地方のサービスエリアで出てくるような味ですね。値段が20元(=340円)であることを考慮するとアリです。コクがあまりないのがちょっと残念ですね。

ちなみに同行人が食べた味噌ラーメンは死ぬほど薄かったようです。味噌という文化が中国にないことが原因でしょう。

 

本日はほとんどハイラル要塞に行っただけとなりましたが、要塞が想像以上に面白かったので結構充実していました。

 

翌日は観光ではなく、大会での大一番となります。実は単なる一般人の私達も中国選手権に出場できるように取り計らってくれたのです。まぁブログ的にはあまり書くことはないですかね??

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく