読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる五円玉

大学四年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

エアアジアで羽田からテヘランへ D70776便搭乗記

エアアジアは東南アジア以外にも割りと中長距離便を飛ばしています。

そのうちの一つがクアラルンプール⇔テヘランの便。7時間超の飛行時間なので結構長い路線です。

今回はそのクアラルンプール→テヘランを利用しましたのではじめに感想を述べ、その次に搭乗記となっています。。

 

感想

つらい。

いやはや、この一言でした。

原因はフライトスケジュールにあると思います。

羽田→クアラルンプール便は深夜発早朝着なのでぐっすり寝ればそこまで辛くはありません。

しかし、クアラルンプール→テヘラン便は夕方(19時)発深夜(23時)着というスケジュールです。そのため、機内では常に空腹に悩まされ、現地に着いたら時差ボケの頭でタクシー運転手とのタフな交渉をしなければなりません(テヘラン着はPM11時だが、KL時間ではAM3時)。

夜行便の偉大さを思い知りました。激安なので十分使いどころはありますが、お金に困っていなければ普通にエミレーツなどのレガシーキャリアを使うべきだと思います。

 

羽田→クアラルンプール

普通の夜行便です。チェックイン時にイランビザはあるか?との質問がありましたが、「大使館にアライバルビザが取れることを確認済みです」と言ったところすんなりチェックインできました。

機内では酔い止めという名の睡眠薬を飲んだ結果、ほとんど起きずに寝ていました。

 

クアラルンプール空港

取り敢えずお腹が減ったので朝食。その後、首都のプトラジャヤを観光しました。

f:id:harimayatokubei:20170328233451j:plain

4時間ほどで戻り、空港でひたすら昼寝。出発前には夕食を食べておきました。

f:id:harimayatokubei:20170328234825j:plain

 

クアラルンプール→テヘラン

f:id:harimayatokubei:20170328233622j:plain

およそ7時間の飛行です。定時の19時に離陸しました。

f:id:harimayatokubei:20170328234154j:plain

乗客は大半が旅行者といった風貌。

夜行便ではないので、途中で6割くらいの人が機内食を購入しているようでした。離陸後2時間くらいで機内食のサーブが始まります。

この機内食の匂いが中々胃袋を刺激するのですよ・・・。しかし、ここは耐えます。

LCCなのでもちろんエンタメもなく、ひたすらにiPadにいれた映画やゲームをして過ごしていました。

昼寝もあまりできずに完全にグロッキーになった時に突如大都市が目に入ってきます。それがテヘランです。

現地時間23時過ぎ、マレーシア時間2時にテヘラン市に到着しました。

 

普通の国だったら30分くらいで入国して直ぐにホテルに行くところでしょう。しかし、イランは入国の前にアライバルビザ取得という大仕事が残っているのです。

harimayatokubei.hatenablog.com

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラン・テヘランでアライバルビザ取得! 2017年2月

イランのテヘランにてアライバルビザを取得しました!

結果だけ言えば、パスポートと現金のみでOKです。詳しい審査や事前準備などはありません。

ただし、これは2017年2月の状況です。基本的には事前に大使館のHPを見た上で電話で問い合わせることを大いにお勧めします。

 

イランのビザ事情

イランはビザの取得が若干厳しい国です。ネットでの情報を見ても情報が錯綜しており、中々わかりにくい!

基本的に旅行者はアライバルビザ(観光ビザ)を現地で取得するようです。しかし、アライバルビザはその場で取れなかったら入国拒否→強制送還となるちょっとリスキーな方法なので心配もありました。

そういう時は大使館に直接聞くのが一番なので電話で問い合わせしたところ、「パスポートのみで十分ですよ~」との回答が返ってきました。職員が言っているので大丈夫だと判断して、現地へ向かいました。

※飛行機の搭乗はビザの有無について聞かれましたが、特に問題なかったです。

 

テヘラン ホメイニー空港での手続き

①ビザ発給エリアへ向かえ!

現地に到着してから、ビザ発給エリアへ向かいます。

長い通路を通り、入国審査の前を素通りしてひたすら「VISA」と書かれた方へ進みます。混雑することが当然予想されたので、かなりの早歩きで移動しました。

ビザ発給エリアに行くと、割と広い空間に3つのカウンターとオッサンがいます。f:id:harimayatokubei:20170329002424j:plain

茶色のシャツを着たオッサンが旅行者に案内を出す人です。

 

②保険代とビザ代の支払い

手始めにこのオッサンに私たちも何をすればいいのか?と聞いたところ、「保険を取れ!」と言われました。

カウンターに行き、保険代16ドルを払います。

f:id:harimayatokubei:20170329002400j:plain

サクッと支払い、保険の証書が発行されたので再びオッサンのところへ行くと、次は「ビザ代を払え!日本人は55ユーロな!」と言われ、金額が書かれたメモ書きが渡されました。

「BANK」と書かれたカウンターがあるのでビザ代を支払います。

f:id:harimayatokubei:20170329002616j:plain

なおこの際に「ドルでも良い?」というと為替レートに則ったドルを支払うこともできます。私たちは65ドルでした。

 

③申請書の記入とパスポート提出

支払い証明書が発行されたので再度オッサンのところへ行くと、「申請書を書け!」と言われ、申請書を渡されました。内容はごくごく普通で、名前とか目的とかでした。

 最後にこの申請書とパスポートをこれまで受け取った証書と一緒にビザカウンターに提出します。

 

④待つ

長蛇の列が形成され、旅行者の熱気が渦巻くビザエリアで待ちましょう。ちなみにWIFIがあるので暇はしません。

・・・待つこと40分後。無事にビザが発給されました!

 

その後はいつもどおり入国審査に向かいます。ビザ発給のめんどくささとは逆に、入国審査は実に一瞬で終わりました。

荷物はとっくに出ておりましたがそのまま放置されていました。この空港にとっては日常茶飯事なのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170329002339j:plain

 

まとめ

①持ち物はパスポートのみ

②保険代16ドルとビザ代55ユーロ(65ドルくらい)がかかるのでドル紙幣は必須

 

今回我々は相当素早く行動したので、同じ便の中で最も早く発給されたようです。我々の発給時にもまだ保険カウンターに長蛇の列が並んでいたことを鑑みると、飛行機を降りてから、全力疾走してもいいくらいだと思います。

 

おわり

 

 

テヘラン市内からホメイニ空港まで激安で行く方法 2017年3月

イランの物価は近年上昇を続けていますが、交通費はリーズナブルなままです。

ですが!テヘランの国際空港であるホメイニ空港からテヘラン市内までは未だにバスも地下鉄もなく高いタクシーに乗らざるを得ません。

今回は旅費をちょっとでも安くしようとするバックパッカー向けに裏技に近いバスを使った空港アクセスを紹介します。

 

ちなみにどれくらい安いかというと

タクシー:400000リアル

  バス:60000リアル

です。相当に安いことはお分かりいただけると思います。ただし、このルートは空港行きしか確認していないのでご注意ください。

 

簡単に書くと、

①地下鉄でShahed駅まで行く

②パランド行きのミニバスに乗る

③途中で降りる

となります。

位置関係はこんな感じです。

f:id:harimayatokubei:20170326152030j:plain

 

詳しい手順を解説します。

①地下鉄でShahed駅まで行く

テヘランを移動するなら必ず使う赤い地下鉄でShahed駅まで移動します。エマームホメイニー駅から時間にして30分程度はかかります。

ラッシュ時は混雑するので注意。

②駅前ロータリーでパランド行きのミニバス(バン)を探す

f:id:harimayatokubei:20170326153014j:plain

駅の南側にロータリーがあります。相変わらずタクシー運転手が群がってきますが、無視してバスを探しましょう。

私はロータリーの左手に緑色のバスがあるのを発見しました。

f:id:harimayatokubei:20170326153152j:plain

運転手にパランド行きか聞いてからエアポート!と言えばすぐに分かってもらえます。どうやら使う人も結構いるようです。

ちなみにバスは満員になって発車する形式ですが5分ほど待ったら満員になって出ました。

 

③空港で降りる

駅を出てから30分くらいで空港付近まで行きます。私の場合はバスがわざわざ空港の出発ロビーの車寄せまで行ってくれました。そうでない場合でも空港の駐車場を通っていけるようです。

 

地下鉄が10000リアルでバスが50000リアルなので合計は60000リアルです。もちろんダイヤも決まっておらず、意思疎通が取れなければパランドまで行ってしまう可能性も大いにあるような不安定な方法です。けれども、その辺はバックパッカー諸兄なら問題ないと思います。

また、今回私はこの方法を夜の21時すぎに使いました。

仮に、パランド行きのバスがない場合はタクシー利用となりますが、テヘラン市内の渋滞を回避でき、空港に近づくためタクシー代も安くなるそうです。

 

おわり

 

ウズベキスタンの観光ビザを東京で取得してみた

中央アジアウズベキスタンカザフスタン)に旅行へ行くのでビザを取得してきました。

一昔前はビザ地獄と言われていた中央アジアですが、現在はカザフスタンキルギスが日本人は短期の観光ビザが不要になっています。

なので今回取得するのはウズベキスタンビザ。準備に1時間、申請に10分という中々楽なビザ取得でした。

ウズベキスタンビザ | 駐日ウズベキスタン共和国大使館

用意するもの

①ビザ申請書

②パスポート

③パスポートのカラーコピー

④写真3×4cm

⑤ビザ代振込みの明細書

 

この⑤がちょっと曲者です。なぜならHPには他の持ち物と一緒に書かれていないからです。まぁ、別のところにちゃんと書いてあるので普通は問題ないと思いますが。

 

また申請書は専用のページから作ります。入国経路と宿泊所は別に書かないで良いですよ、と言われました。

期間はぴったり一週間。ロシアと違ってスピードを速めるプランはないようです。

 

f:id:harimayatokubei:20170219212439j:plain

↑普通の一軒家風の大使館

 

ちなみに首都圏の人は群馬であっても自分で大使館まで行かねばなりません。ただ、代理人が申請することは可能なようです。自分は受け取りを友人にやってもらい、旅行当日に渡して貰う予定です。

 

無事にビザゲットできたら更新します。

卒論提出完了&最終発表終了しました

タイトル通り卒論関連の作業がすべて終わりました。やっと旅行の準備ができる・・・。良かった・・・。

 

私の所属する学類のスケジュールは

1/31 卒論・要旨締め切り

2/7  最終発表

となっていました。

なんとなく振り返りつつ自らへの反省を込めて記事にします。卒論って要るかと何回も思いましたが、そういうことを考えてもしょうがなのでスルーします。

 

~私の卒論スケジュール~

  12月:研究室訪問

 2月上旬:研究テーマ設定

 3月上旬:現地調査

4月~6月:結果を整理

7月~9月:(夏休み)

  10月:中間発表・分析

  11月:分析を整理・おおまかな論文の流れ決定

  12月:執筆に本腰を入れ始める。12月末で15000字前後になる

 1月上旬:考察(論文の核心部)を真面目に執筆。

 1月中旬:要旨の執筆開始

 1月下旬:要旨については毎日教授とやりとり。当日朝に全て完成。

 

う~~ん。現地調査まではかなり早いスケジュールでしたが、夏休みになんにもしてこなかったツケが10月以降に襲い掛かってきた感じです。

12月下旬以降の一日の生活は

9時:起床

10時:執筆開始

17時:適宜休憩いれつつ終了

25時:就寝

という感じでした。およそ一日に5時間前後は執筆を行い、2000字前後を書いていたようです。ただし、提出前日などはほぼ徹夜で卒論の体裁(誤字脱字など)を整えていました。体裁を甘く見てはいけない。

 

最後がキツかったとはいえ予想よりは緩く終わった印象です。なんだかんだいって、

調査が非常に早かった・11月に大まかな流れを決定できた、ことが大きかったのではないかと思います。何事も早めにやっておくべきですね、マジで。

あとは教授には週一回くらい連絡をしておきましょう。「教授に連絡するからには成果を挙げておかねば」的な強迫観念が働くため思ったよりも自分の手が動きます。

Nintendo Switch スプラトゥーン2体験会の感想  【ニンテンドースイッチ】

スプラトゥーンについて

めちゃくちゃ寒い中スイッチの体験会に行ってきました。

f:id:harimayatokubei:20170114182431j:plain

念のため開場2時間前の8時くらいにビックサイトに着いたところまさかの長蛇の列!

「これはヤバくね?」と思ってたら、まさかの開場前にスプラ2の整理券配布終了。

私自身は13時過ぎの整理券を無事に確保できましたが・・・人が多すぎて色々と凄まじい体験会でした。

三国志でも90分待ちとかどういうことだよ・・・。最早意味が分からんwwww。

 

スプラ2はテレビモードで二戦行ったのちに、二戦目勝利していれば携帯モードでプレイできるという方式でした。

結果的には一戦目はスプラシューターで勝利、二戦目はスプラチャージャーで勝利、三戦目でスプラマニューバを使って敗北ということになりました。

 

f:id:harimayatokubei:20170114182629j:plain

はじめにスイッチの使用感について述べます。

スイッチの使用感について

プロコンは安定した使いやすさですね。スティックの位置が左右で違っているのはどうがと思いましたが、ほとんど気になりませんでした。

それに対して携帯モードだとコントローラーはほんのちょっと重い。10分程度なら大丈夫そうですが、それ以上腕を上げてやっていると疲れそうな感じ。画面は思ったよりも大きいため、小さすぎて困る、ということはほとんどありませんでした。

 

スプラトゥーン全体について

グラフィックは正統的に進化した、という感じ。ただ、超高精度のグラを求めるゲームではないため、戦闘しているとあまり変化を感じないです。

インクの質感は間違いなく向上していますが、、、これについても戦闘中はあまり気にならない変化です。

WiiU版とほぼ同じ感覚でプレイできました。ゲーム制そのものに大きな変化は無いです。

戦闘画面は無印をやっていればほぼ違和感ないと思います。イカマークにブキとスペシャル発動のサインがでるようになりました。また、スペシャルが貯まるとゲージが輝き出すようになりました。さらに、スペシャルは発動可能になると十字のエフェクトが出ます(個人的にはキルラキルっぽいと少し感じた)。

観戦モードの設定はマジっぽい。急ごしらえではなく明らかにしっかりとセットされた上空からの観戦モードがありました。

 

次にブキの使用感などについて感想を述べていきます。(なお、わかばシューターがまさかの消滅。まぁ体験会に来ているプレーヤーはほとんどが既プレイだからいいのかもしれない。)

①スプラシューター

みんなご存知スプラシューター。今回もサブはクイボで、スペシャルはマルチミサイル。

メインは3確。一発のダメージは35前後か?連射速度は変わらず。

クイボは2発しか投げれなかったので、インク消費は現在の無印と同じか?塗り範囲も体感で無印と変化なし。

マルチミサイルはクイボで敵を空爆する感じ。画面内に敵がいれば自動ロックオンして自動発射する。複数人に発射可能。任意の場所に撃てるかはわからなかった・・・。ちなみに硬直はトルネードより明らかに少ないです。ドドドドと打ち上げたら耳を押さえることなく行動可能でした。

狙われる側はロックオンの警告円と着弾時間が分かるようになっているため、被ロックオン後にイカで移動すれば回避は容易。直撃を食らった場合はほぼ即死するが、爆風ダメージが小さいためか、少しでも避ければ即死はあまりない。

総じて使用感は無印とほぼ変わらず。2年経ってもスプシュは基本ブキとして君臨しているようだ。

 

②スプラチャージャー

敷居の高さからか体験会では10人に一人も使っていなかった印象。実際メインを難しかった。

サブはスプラボムでスペシャルはハイパープレッサー。

メインの使用感は無印と同じ・・・と思いきや結構違う。具体的にはチャージ後に潜伏してもチャージが解除されないため、センプク後即発射が可能になったことでかなりアグレッシブに立ち回れる可能性が生まれた・・・?、と思いきやチャージしてセンプクするとセンプクなのに光ってしまうので余程の立ち回り技術がないと接近戦は無理っぽい。

また、ステージ自体が改修後デカラインのような感じなのでチャージャーはある程度のウデがないと体験会では厳しかったですね。

スプラボムはいつも通り。・・・ほんとうにいつも通りです。

ハイパープレッサーは一撃必殺で壁貫通できるスペシャル。なぎ払うことが可能なので、混戦状態で適当にブン回せば結構当たる。壁や段差に向かって撃てば相手は攻撃を感知できないので回避できずに死ぬ。だが、そういう場合はこっちも相手が見えていないので予測は必須。射程はスプシュ程度で、使用中は移動がかなり鈍重になるが、使いどころを間違えなければ強力だと思います。

 

③スプラマニューバー

メインは二丁拳銃(マニューバー)、サブはキューバンボム、スペシャルはジェットパック。ちなみにマニューバーとは戦闘機などの空中機動を意味します。

当たり前ですが、メインは音で2発ずつ発射されていることが分かる。連射速度は速めだが、キルタイムはスプシュと同等?射程はスプシュよりも若干短いような気がしたが、スライドによる高速移動よって急接近で討ち取れる。だが、スライド直後に正確にエイムを合わせるには意外と難しい。スライドによるインク消費は意外にも無し。

また、スライド後の硬直が若干痛い。本当に短いためおそらく10Fも無いだろうが、うかつに使うとチャージャーに撃たれると思う。ちなみに敵インクの上でもスライドは出来ます。ホコを持ってスライドは出来るのか?

2発の発射は同時だが、当たり判定はそれぞれに設定されているため、片方を外すと体感的な確定数がズレる感じがしました。

キューバンボムはいつもどおり。

ジェットパックは飛行してタコツボバレーの敵のようなインク弾を若干高速で発射するスペシャル。結構高くまで飛べる(木を軽々超える)し、移動速度はそこそこ。弾自体はほどほどの速さで直撃すれば1確。狙われてもスプシュの射程くらいの距離なら回避不可能だが、スプチャくらいの距離だったら余裕で避けれる。ちなみにジェットパックの下に噴出するインクにダメージ判定あり。

また、センプクもできるし上昇中も発射できるので、上手く使えば至近距離から1確弾を発射できる。なお水平に撃てばかなり遠くまで弾は飛んでいく。

フワフワした浮き方なのでチャージャーで撃つのは難しいが、ローラーの振りかぶりやスプシュならば撃墜可能。できる限り動き回りたいが、動くとエイムが合わせられないので悩ましいところですね・・・。

 

ローラーはどんな感じなのか?

あくまで敵として対峙したスプラローラーの感じについて述べます。

まず、ジャンプ中に振ると縦振りになりますが、ジャンプ横振りは可能です。ジャンプ直前に振りかぶれば、いつもの感覚で振れると思います。

縦振りは結構脅威です。ジェットパックで飛行中に殴られて撃墜されました・・・。縦振りは塗りにおいては横振りの半分も塗れないようですが、攻撃力は確実に上がっています。

体感だとコロコロの速度が上がった気がする・・・?

スーパーチャクチは現時点ではあまり脅威に思いませんでした。ですが、仮にヤグラ上に登場したら猛威を振るいそうです。

 

本当はローラーも使ってみたかったですが、3戦しかできなかったのでしょうがない。

結論を申しますと

「超大型アップデートしたスプラトゥーン

って感じですね。

ジャイロの感覚や塗る感覚などの基本的な部分は無印と大差ないですので経験者ならばすぐに慣れると思います。

前回の要素を適度に引き継ぎつつ、細かな改良をしてきましたね。無印にもそれなりの不満点はあったので、そういった箇所を改良してさらに洗練されたゲームにして欲しいです。

f:id:harimayatokubei:20170114182746j:plain

 

おまけ 体験会のその他のブースについて

ゼルダの伝説

f:id:harimayatokubei:20170114182805j:plain

暗いww!

グラフィックはほどほどですね。驚愕するようなほどではない。

けど世界の広がりはかなりありそうでした。

f:id:harimayatokubei:20170114182825j:plain

気合入ってますね。ロンチタイトルとしては十分すぎると思います。

 

・ARMS

f:id:harimayatokubei:20170114183038j:plain

ゼルダ・スプラと同規模のスペースを設けてあって驚きです。スプラがWiiUの性能を最大限求めたゲームならば、ARMSはスイッチに最適化されたゲームという印象です。

実際のゲーム画面はかなり激しい動きになってます。はっきり言って酔う。売れるのか・・・?これは。キャラデザやタイトルは明らかにアメリカ向きですが、日本では果たして。

 

・1,2、スイッチ

f:id:harimayatokubei:20170114183059j:plain

ゲーム画面は見ていないのでなんともいえませんが、サクっと楽しめるのは良さそう。ミニゲームごとに担当者(白いスーツの人)を配置してぼっちでも楽しめるようになっていたのは好印象でした。

 

マリオカート

f:id:harimayatokubei:20170114183132j:plain

WiiU版とあまり変わらなそう。あえて言うことはないっぽい。

 

サードパーティ

 

f:id:harimayatokubei:20170114183158j:plain

全体的にただの移植版。信長の野望はわざわざジャイロでやる意味ないよなぁ。PS4持ってるならそっちで良いような・・・。

f:id:harimayatokubei:20170114183312j:plain

驚愕の三時間待ち。なんということでしょう。

 

サードのタイトルが全体的に弱いと感じました。はっきり言ってスイッチでやる意味なくね?PS4で良くない??

まぁ実際にやっていないので確定的なことは言えませんが・・・本体のスペックを考慮するとスイッチ版をあえて選択する意味は「持ち運べる」ことしかない。

自分は発売時はスルーでスプラ2が出たときに買うことになりそうです。ゼルダは価格がこなれてからでいいや。

 

おわり

 

 

 

 

スプラトゥーン2の新ブキ新スペシャル新ステージなどについて

スプラトゥーンについて

スプラトゥーン2きたああああああああああああああああ!!

無印のディレクターズカット版しか出さない、とか2画面ないから新規では出さないとか色々言われていましたがちゃんと出してくれるではないですか!ありがとう任天堂!!

 

という訳で、映像で出てきた新ステージと新ブキと新スペシャルっぽいのを紹介していきます。まぁ正確な名前などは分かりませんがね!

 (追記:ファミ通が体験会の写真を上げていたので、それを参考に名前を変更しました。)

PVはこちらをご覧ください。

topics.nintendo.co.jp

新ブキ スプラマニューバ

タイトル画像でガールが持ってる二丁拳銃系の新ブキ。ある意味目玉ですね。

f:id:harimayatokubei:20170113145121j:plain

f:id:harimayatokubei:20170113145053j:plain

インクは正面に、同時に発射されていますね。3発当たって相手が倒されたっぽいので、攻撃力はおそらくスプラシューターと同等ですね。ただ、二発のうちどちらかでも外れたら確定数がずれそうな感じ。

f:id:harimayatokubei:20170113145908j:plain

で、この新ブキの最大の特徴は高速移動。(ボールドの専売特許を奪いやがって・・・ )

インクを噴出して移動しているようですね・・・。この移動はボム扱いかと思いきや、右上にキューバンボムのアイコンがあるため、ボムは別に存在しているようです。メイン・サブ・スペシャルの他にも移動に特化したコマンドが創られてるのでしょうか・・・?これは地味に大きな疑問点です。新ブキというよりはこっちのほうが気になる。

→そんなことは無かった。固有の動きとして扱われてますね。例えるなら、ローラーの振りかぶりみたいなものでしょう。

 

スペシャ

①マルチミサイル

f:id:harimayatokubei:20170113153252j:plain

f:id:harimayatokubei:20170113153305j:plain

着弾点が出るのはトルネードっぽい。各弾の着弾点をそれぞれ決めることができるなら神スペシャル。固まって着弾するならトルネードを少し強くした感じになりそう。

 

②ボムスローラッシュ?

f:id:harimayatokubei:20170113153447j:plain

ボムを投げるボムラッシュ。マヒマヒの安全地帯からエリアに向かってボムを投げる未来が見える。

けどこれって、機械が発射してるから凄いように見えるけどイカが投げても飛距離変わらないのでは・・・?むしろ真下に投げられないと汎用性が著しく減少する気がする。

 

イカ工降雨?

f:id:harimayatokubei:20170113153717j:plain

超広範囲の塗りスペシャル。雨自体にダメージ判定はなさそう。

ナワバリの終了時に発動したら強よそうだが、スプリンクラーと同じく終了時での塗り面積のみ反映という形になりそうですね。

ちなみに光ってるのはチェージャーです。(リッターかな?)

 

④ハイパープレッサー

f:id:harimayatokubei:20170113150536j:plain

なんだこれ。

直後の映像を見る限りは、中距離のノータイム攻撃っぽい。イメージとしては高圧洗浄機なのか・・・?

ライトサーバーに近い気がする。

 

⑤ジェットパック

f:id:harimayatokubei:20170113151439j:plain

 ↓ 完全にこれ

f:id:harimayatokubei:20170113151550j:plain

f:id:harimayatokubei:20170113151707j:plain

空中を飛行しながら弾丸を発射するスペシャル。一確のようなので普通に使えば強そう。

だが、飛行中は素早い動きができないため腕の良いチャージャーなら難なく打ち落とせる気がする。

 

新ステージ 

①バッテラストリート(デカライン高架下っぽいステージ)

 

f:id:harimayatokubei:20170113145006j:plain

千葉都市モノレールっぽい懸垂式モノレールが走るステージ。都会的だったり、上に何かあったり、中央が凹んでいる所とか随所でデカライン高架下っぽいステージです。

f:id:harimayatokubei:20170113154957j:plain

別画像だと広さが良く分かります。キンメダイくらいあるんじゃないか?これ

 

②アスレチックジム?

f:id:harimayatokubei:20170113154859j:plain

f:id:harimayatokubei:20170113155140j:plain

ボルダリングのカベがあったりするジムっぽいステージ。傾斜が多いですね・・・。

 

③ライブ会場?

f:id:harimayatokubei:20170113154934j:plain

f:id:harimayatokubei:20170113154939j:plain

ライブ会場のようなステージ。遮蔽物がないのでチャージャーゲーの予感がする。

二枚目の写真の奥に照明機器があるので同一ステージだとしましたが、違うような気もする。同一ステージだとしたら、昼と夕方の時間帯に応じて太陽の向きが変わる設定かもしれない・・・?

 

④タチウオパーキング

f:id:harimayatokubei:20170113155119j:plain

みんな大好きタチウオパーキング。

唯一の既存ステージですね。タコツボバレーにあったインクレールがオンラインで実装されるのか・・・?うまく乗り継げば、高台から高台へインクレール伝いに飛んでいけそうですね。

 

既存ブキについて

チャージャー・ローラー・スピナーは間違いなく存在しているようです。

f:id:harimayatokubei:20170113155229j:plain

 

問題なのはローラーの振り上げ。

PVを観ているといくつかの場面で縦に振っていることが分かります。

f:id:harimayatokubei:20170113155234j:plain

ですが、別のシーンでは普通に横振りしていますね。

f:id:harimayatokubei:20170113155236j:plain

一方で、インクレールから飛び降りる時は縦振りになっているところを見ると、飛んでいる最中は縦振りになるようです。(追記→確定でした。空中では必ず縦振りになります。

f:id:harimayatokubei:20170113155240j:plain

ただ、若干射程が延びる代わりに、インクの飛び散り幅が非常に狭くなっているのでその点は気になります。ダイナモのジャンプ振りが実質的にできなくなるのか?

 

サブ

カーリングボム

f:id:harimayatokubei:20170113155244j:plain

完全にルンバです。(自動掃除機がインクで汚すってありなのかwww?)

一見すると動きはチェイスっぽいですが形は完全に違いますね。

壁で反射する動きは上手に使えばかなり戦術の幅が広がりそう。時間差発射・同時着弾とか。

 

この他、スプラボムとキューバンボムは映像内で確認できました。クイックボムについても体験会にて確認できました。

 

ゲーム画面

f:id:harimayatokubei:20170113155250j:plain

  • カモンじゃなくて「This Way!(こっちだ!)」になっている
  • ナイスじゃなくて「Booyah!(やったぜ!)」になっている
  • イカマークにブキも表示されている

ゲーム画面上の主な変更点はこのくらいでしょうか。他にも微妙に表示は変わってますが、おおよそ無印と踏襲している感じですね。

f:id:harimayatokubei:20170113173215j:plain

二匹目の哺乳類・・・だと!?この猫が雌だったら哺乳類大復活ありえる。

 

ハイカラスクエア

 

f:id:harimayatokubei:20170113171729j:plain

文明レベルはあまり変化がないような気がします。世界観は完全に前作を踏襲するようですね。

二年後であることが確定しました。しかも電車で二駅とは・・・随分と近いですね。電車に乗ってハイカラシティに遊びに行けるようにして欲しい!

 

まとめ

まとめるとPVから読み取れるスプラ2は

  • 無印のブキ・ステージはちゃんとある
  • 新ブキカテはマニューバ
  • 新ステージももちろんある
  • 旧ステージは改修して登場?
  • スペシャルだってもちろんあるが、ほぼ一新されている
  • スペシャルは廃止?
  • ローラーのモーション若干変更
  • スパジャンの飛び方も若干変更
  • ルールについてはナワバリのみ確認できる
  • 新ギミックについては確認できない

って感じですね。

総じて、無印を基本としつつ追加要素によってパワーアップしている雰囲気です。もしかしたらデータ引継ぎとかもありそう。

 

まだ詳細は不明ですが、無印との大差はなさそうなので安定して面白いと私は思います。来年の夏まで頑張って生きねば・・・。そして、再び雷神を拝める日を夢見てこの記事を終わります。

 

↓1月14日の体験会のレポです。

harimayatokubei.hatenablog.com

おわり