転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

正面衝突で事故った顛末 

実は先日、正面衝突で事故りました。

防備録も兼ねて、その一部始終をまとめたいと思います。まだまだ処理途中なので途中で終わっていますが、随時更新していきます。

 

1.事故発生(土曜日未明)

8月11日0時すぎ、千葉県の県道8号線で事故発生

道は片側一車線でセンターラインは黄色です。

自分が道路を走行中に相手がセンターラインをはみ出して、クラクションを鳴らすも間に合わず衝突。完全な正面衝突ではなく、お互いの右前を派手に掠った感じ。

f:id:harimayatokubei:20170817005102j:plain

f:id:harimayatokubei:20170817004941j:plain

衝突後、なぜか助手席のエアバックだけが作動して車内が物凄く焦げ臭くなりました。取り合えずエンジンを停止し、車内から脱出しようとしますがなんとドアが開かない!!しょうがないので助手席側から出ます。結構な衝撃だったものの、怪我などは無いと感じていました。

取り合えず110番です。「事故ですか、事件ですか、」など聞かれGoogleMapを使用して住所と事故状況を伝えました。この時、相手の運転手も降りてきて、お互いの無事を確認しあいました。

次に親への連絡です。すぐに連絡が付き、保険会社の電話番号を教えてもらいました。

最後に保険会社へ連絡です。事故状況などを伝え、自走不可なのでレッカーを要請しました。

保険会社に連絡中に警察官が到着するも、なんと一人だけ。相手の車がセンターライン上に止まってしまっているので、交通整理のためにもう何人か来ると思ったのですが、なんと通報した俺の声があまりに緊張感が無さ過ぎて重大事故だと思わなかったようです。

警察の取調べが始まりましたが、相手が居眠りをしてしまった。ときっぱり証言をしたため、こちらとしては一安心です。奇跡的に両者に怪我が無かったので、点数もつかず呼び出しもありませんでした。

事故発生から30分後にレッカー車が到着して車は二台とも回収されました。深夜だったのでレッカーされた車は取り敢えずレッカー業者に運んでもらうことに。

0時45分には家から迎えが来たので家に帰りました。

 

2.翌日(土曜日)

ディーラーが9時に開店したので即電話で「自走不可になる事故が発生し、工場にレッカーしたいのだが大丈夫か」という旨で連絡をし、許可がおりた後にレッカー業者に輸送を依頼しました。

代車についてはディーラーに依頼しました。保険に30日間一日上限7000円のレッカー保険があったので、それを適用してFITの代車を依頼しました。ディーラーの手際が非常に良く、午後3時に修理代の見積もりと一緒に家まで代車で来てくれました。

修理代は概算で100万円を超えるため、新車を買ったほうが良いかもしれないということです・・・。翌日からディーラーが盆休みに入るため、詳しい話は聞けませんでしたが、相当に壊れたという状況は分かりました。

午後5時頃にディーラーまで代車で行って、車内に残された物品を回収しました。

f:id:harimayatokubei:20170817005208j:plain

や~~よく怪我無しで生還したなこれ。

保険屋については、休業日なので特に連絡はありませんでした。

 

翌々日(日曜日)

ディーラーは休み、保険屋も休みなので進展なし。なお、コミケ3日目とデレマスライブに参加できていたので、体の不調は無いと確信。

 

事故発生3日目(月曜日)

9時ちょうどに保険屋(三井住友)から連絡あり、「事故状況からして相手の過失が非常に大きくなる」との報告を受けました。

12時頃に相手方の保険屋(東京海上)から連絡があり、「センターオーバーの事故なので、過失割合は0対100である」との報告。

この後すぐに、三井住友から連絡。過失割合によってこちらの非は一切ないことが確定したことの報告。

そして、保険料の金額についての案内も。相手の保険屋から払ってもらう場合は修理代が満額出る。

こちらがかけていた保険を利用すると修理代が72.5万円を超えると、新車特約によって145万円受け取れるが、保険料の等級が3つ下がってしまうため、一年に付き約3万円だけ保険料が高くなるとのこと。つまり、

・修理代全額

・145万円-年間3万円

のどちらかを選択することになるとのこと。正直迷い所だが、肝心の修理費が工場の盆休みのため不明なので、盆明けの金曜日まで進展はなし。

 

つづく・・・はず

 

※センターオーバーとは

センターオーバー|交通事故の過失割合 【ソニー損保】

 

日光白根山 菅沼登山口から日帰り 

夏なので引き続き山に行きます。

今回は、栃木と群馬の県境に聳える日光白根山。火山であるため均整のとれた山容です。

ロープウェイがあるため頂上までは登距離500mくらいでいけるのですが、菅沼登山口からは登距離900mくらいで登れます。ロープウェイ代をケチって今回はこちらからスタート!

 

朝6時に茨城を出発し、いろは坂を通ってほぼ10時に菅沼登山口に到着しました。茶屋がありますが、そこから200mほど山側に駐車場があります。管理人がいなかったので駐車料金の1000円は箱に入れました。

10時10分 出発

 

登り始めは非常にゆるい傾斜を徐々に登っていきますが、途中から急坂が続きます。危険な箇所はありませんが、ひたすら登り続けるのでペース配分がちょっと難しかったですね。

植生が徐々に変わり始め、木々の隙間から日光白根山が見え始めたら、弥陀ヶ池に到着しました。

 

11時20分 弥陀ヶ池到着 

コースタイムのおよそ4割です。歩いている間はあまり感じませんでしたがめちゃくちゃ速いですね。

f:id:harimayatokubei:20170814123953j:plain

結構良い景色なんですが、天気が不穏です・・・。

そこまで疲れていなかったので特に休憩もなく進みます。

 

f:id:harimayatokubei:20170814124018j:plain

 

道がいきなりガッタガタになりましたwww

f:id:harimayatokubei:20170814124038j:plain

本当に現役の道ですかこれは。まぁ問題なく歩けますけど。

 

鞍部からいよいよ山頂への最後の道が始まります。まぁ見るからに急坂です。

 

f:id:harimayatokubei:20170814124045j:plain

道・・・なのかこれは??気を緩めたらすぐに滑るので注意深く行きます。

 

11時35分に山頂に到着しました。休憩なしで約95分でした。

f:id:harimayatokubei:20170814124050j:plain

天気は悪くないんですがちょっと雲が多すぎますね。あと、ロープウェイ方面からの登山客も当然いるのでちょっと騒がしい感じです。

山頂で30分くらいダラダラしていると、徐々に尾瀬方面が晴れ始めてこんな感じに。

f:id:harimayatokubei:20170814124056j:plain

いや~いい感じの高度感です。向こうに見えている山は至仏山だと思われます。

一緒に登った友人のコンパクトカメラが紛失するという事件があり結局山頂には一時間もいました。

 

帰りは来た道を戻りますが、弥陀ヶ池から五色沼まで行ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170814124100j:plain

う~む・・・ちょっと遠いので却下です。思ったよりも高低差がありますねぇ。

 

樹林帯に入った後はひたすら下ります。登山客のほとんどはロープウェイを使うので全く人がいない!!静かでひたすら雰囲気がいいです。

 

14時30分に駐車場に戻りました。家を出るときは、17時に戻れば上出来だと思っていたのですが、ペースが恐ろしく速かったため予定より2時間半も早く戻れました。

 

日光白根山は稜線が全く無いため、登る山としての魅力はやや低いように感じます。とはいえ完全に晴れていればもっと違った感想になると思います。

 

この日は日光市に泊まりました。翌日は東北最高峰の燧ケ岳です。

 

つづく

 

 

スプラ2 神ブキ「ボールドマーカー」でS+を戦い抜く方法

スプラ2でもとうとう神ブキであるボールドマーカーが実装されました。そこで、前作ボールドカンストした私が、今作におけるボールドマーカーの利用法についてお伝えしたいと思います。

 

※ちなみに、S+で50戦闘った結果は

27勝23敗です。

f:id:harimayatokubei:20170808235515p:plain

ギリギリ勝率5割キープも、かなり厳しい結果となっています。なんとかメーター割れは防げています。

 

1.ボールドマーカーの特徴

中国の孫子曰く、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」。

敵の情報と自分の情報を知れば、何回戦っても心配は無い、という意味です。まず初めに、ボールドマーカーの特徴をしっかりと把握しましょう。

 

①メインの特徴

射程が短い

ボールド最大の特徴にして、最大の短所です。正にこの射程の短さこそがボールドをボールドたらしめていると言っても過言ではありません。

その有効射程はパブロと同等、全ブキ中最短です。

このため、ボールドは他ブキと正々堂々戦うブキではなく、敵が対応できない状況で先制攻撃をかけて仕留めるブキと言えます。

絶対に敵の正面に出て撃ち合ってはいけません。良くて相討ち、普通は負けます。

これは非常に重要で立ち回りに大きな影響を及ぼします。ボールドは(状況にもよりますが)、基本的に裏取りを主体に行動しないと一方的に狩られるのみなのです。

また、現環境で非常に多いジェットパックの撃墜はほぼ不可能です。そのため、ジェットパックを奇襲できる状況でも手も足も出ないことが多いです。これに限らず、ボールドに出来ること、出来ないことを把握することが上達には必要です。

 

塗りが強い

 一発の弾の大きさがあり、連射も速く、連射時の歩き速度も速いため、塗りが非常に強いです。このため、ナワバリバトルはもちろん、ガチマッチでも巧みに相手の陣地を塗り、反撃の糸口を事前に押さえ込むことが可能です。

 

②サブの特徴

直線的に塗れる

カーリングボムは前作のチェイスのような存在です。直接の攻撃としてよりも、直線的に塗ることで敵陣への奇襲的な突撃の糸口となります。メインの射程が短すぎるために、実質的な遠距離攻撃手段はこれしかありません。

ただし、敵への攻撃以外、例えば敵全滅時の塗りなどには、メインの塗り性能が高いため全く適しません。

ヒッセンのクイボのように気軽に使用する感じではありませんが、ボールドで立ち回る上で非常に重要な鍵となります。

 

上に弱い

ちょっとした段差で反射してしまうため、ある程度は広くないと進んでくれません。また、性質上「上方向」には何をどうやっても対応できません。

さらに、ボムを投げる方向が少しでもズレると見当違いの方向に向かったりしてしまいます。ステージの構造を良く把握して自分の狙った場所を投げられるようにしなければなりません。

 

③スーパーチャクチ

実は突撃で使えない

スーパーチャクチは近接では非常に強力はスペシャルです。ヤグラのような敵が密集するルールでは有効打になりえますが、バカ正直に敵の目の前で発動してもS+ならば十中八九撃ち落されます。

発動からチャクチまで1秒以上あるため、メインの方が圧倒的にキルタイムが速いため奇襲には適さないというのが私の考えです。ただし、ホコの押し込み時に敵が密集している状況などでは絶大な威力を発揮します。

 

逃走に使える

突撃するも、敵に見つかってピンチ!という場面での逃走に使えます。ただし、この使用法でも敵から一発でも被弾していれば撃ち落されてしまいますので、「危ない」と判断したら即座に使いましょう。

チャクチ後はカーリングボムで敵から逃走すればベストですね。

 

2.ギア

基本的にはイカ速重視

1の頃は例によってステジャンゾンビなども選択肢に入っていましたが、2の環境ではまず第一にイカ速を重視するべきです。

これは、ボールドは裏取り気味に行動しなければいけないため、のんびり裏を回っていると味方が窮地に陥ってしまうかもしれないからです。純粋な移動時はイカ状態で迷い無くステージを動き回りましょう。また、敵からの逃走時にもイカ速は存分に役立ちます。

戦場を高速で立ち回り、見つけた敵を屠り、時には逃亡することがボールドの基本戦法です。

 

イカニンジャも必須級か

何回も言っていますが、カーリングで道を作り裏取りをして奇襲することがボールドの基本的な立ち回りです。射程の短さゆえに、移動中に見つかってしまったら逃げるか、相討ち覚悟で戦闘するしかありません。

こうした事態を避けるためにはイカニンジャが非常に有効です。前作では裏取りをするには普通に塗って移動して塗って・・・という手順でしたが、今回はカーリングボムが手に入ったので、一回ボムを投げれば敵陣奥深くまで侵入できます。このため、ずっとイカ状態で移動するのでイカニンジャは前作よりも有用になっています。

 

インク影響軽減もアリ

ボールドの代名詞である雷神ステップは敵インクの海を左右に反復横跳びしながら進んでいくことですが、今回は敵インクに触れたときの影響が大きくなってしまっています。

そもそも、ボールドは前線で闘うブキなので敵インクを踏みやすい環境にあります。このため、インク影響軽減は有効に働く場面が多いです。

 

総じて優先度はイカ速度>イカニンジャ>インク影響軽減です。個人的にはイカ速2.3、イカニンジャ、インク影響軽減0.6がベストではないかと考えています。

 

3.まとめ

  • ボールドは正々堂々戦うブキではなく、裏取りが基本
  • 基本的に弱いブキなので、スシコラなどと同じ動きでは勝てない
  • カーリングを主軸にした敵陣への突撃も正面からではなく裏取りを厳守
  • チャクチは出し惜しみをせず、逃亡にも積極的に使うべき
  • イカ速を生かしてステージを高速で立ち回るべし

 ボールドは華々しく戦うブキではありません。戦場をニンジャのように駆け巡り、時には奇襲を仕掛け、時には全力で逃亡しなければならないブキです。ほぼ全てのブキが天敵といえるこのスプラ環境では使うことが非常に難しいと思います。

しかし!それでも使い続ければ神は必ずあなたの期待に応えてくれます。今回の解説はあくまで私の立ち回りであって、全てのボールド使いが同じ動きをする訳ではありません。是非ともあなたなりのボールド術を身につけて欲しい所です。

 

世に一人でもボールド使いが増えることを願って。

 

おわり

 (何かあれば気軽にコメントください)

大峰山(八経ヶ岳)と大台ケ原 関東から一泊二日 その2

大台ケ原は紀伊半島のそこそこ奥地にあるため、星が良く見えるらしい・・・のですが、同時に日本随一の降水地帯なので雲も多い所です。

 

私達が行った時も凄まじくガスっていたので期待はしていませんでしたが、午前2時くらいに起きたところ満天の星空!!

天の川もバッチリです。大阪方面が若干明るいのが残念ですが、5等星くらいまで見えていますね。

 

真夜中だったのでほどほどで就寝して、午前7時に起床しました。

f:id:harimayatokubei:20170726122908j:plain

めちゃくちゃ車が増えていて驚き。天気は夜中ほどではないですが、上々です。

 

相変わらず腹は減っていますが、歌舞伎揚げを食べて出発です。

f:id:harimayatokubei:20170726121032j:plain

昨日の大峰山とは違って整備されつくした道を歩いていきます。少しだけ登りはあるものの昨日と比べれば楽極まりないです。

 

30分くらい歩いたら尾根線に出ました。

f:id:harimayatokubei:20170726121044j:plain

標高はたいしたことないのに笹が拡がっています。

ここからは道ではなく階段を登ると頂上に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170726121051j:plain

しっかり三重県の石も刺さっています。

f:id:harimayatokubei:20170726121057j:plain

上に小銭を置くのは意味分かりませんが・・・。

頂上には展望台があるため、周囲を見渡せます。

f:id:harimayatokubei:20170726121100j:plain

西部方面はどこまでも山、山、山・・・紀伊半島の奥深さを体感できます。

f:id:harimayatokubei:20170726121112j:plain

南は最後の登りが見えます。思ったよりも開けている印象。

f:id:harimayatokubei:20170726121346j:plain

海にも近いため、太平洋まで見えます。

全体的に深山幽谷という雰囲気ではなく、観光地化されている印象でした。

 

今日中に関東まで戻らなければいけないため、ピストンで来た道を戻ります。

9時すぎに駐車場帰還しまして今回の山行きは終了です。

 

その後は入之波温泉

f:id:harimayatokubei:20170726122921j:plain

↑析出物が多すぎて湯船から流れ出すお湯で真赤になった沢

f:id:harimayatokubei:20170726122926j:plain

↑わかさぎお釜御飯。1500円でした。

 

丹生川神社などを少しばかり観光して一路東へ帰ります。

f:id:harimayatokubei:20170726122930j:plain

 

途中渋滞などにも嵌ってしまい、結局帰れたのは午後11時です。分かっていたとはいえ、紀伊半島は遠い!相当に山深いため、名阪国道を降りても二時間近くかかるのは中々しんどかったです。

 

また、大峰山はこれ一回ではもったいないほどの良い山でした。次来ることがあれば、縦走なども楽しみたいですね。

 

おわり

大峰山(八経ヶ岳)と大台ケ原 関東から一泊二日 その1

試験終了!七月!夏休み!!

 

という訳で友人と一緒に紀伊半島の百名山を2つ制覇してきました。大台ケ原は車で相当近くまで行けましたが、八経ヶ岳は標高差900mほどあったため、そこそこキツかったですね!!

 

今回も関東から車で行きました。

7月22日 AM1時 茨城県出発

PM0時30分 行者環トンネル西駐車場着

f:id:harimayatokubei:20170726115903j:plain

早速運転に11時間もかかっています。真夜中をぶっ通しで運転したため、この時点でへろへろ。とはいえ、駐車場までの国道は18時で閉鎖されてしまうので、17時くらいまでには帰りたいところです。

f:id:harimayatokubei:20170726115940j:plain

駐車場から滝が見えていました。この程度の滝はいくつもあり、この地帯の雨量を示しています。

 

コースタイムは5時間なので、そこそこ急がないとまずいですね。準備もそこそこに出発。

f:id:harimayatokubei:20170726115924j:plain

登山道のはじめは普通でしたが、沢を渡ってから本格的な登山が開始です。

はじめは斜度20度近い急坂。汗ダラダラ心臓バクバクで登っていきます。辛いがここは我慢!

・・・我慢のしどころですが、それでもきつい。今思い返すとここが一番辛かったです。だから写真もありません。

 

40分ほど急坂を上り、尾根まで出ました。

ここから先は世界遺産の一部でもある大嶺山の道です。傾斜も緩くなりハイキングっぽくなります。

f:id:harimayatokubei:20170726120441j:plain

 

ところどころに歴史的な物が点在しています。昔はさぞかし賑わったのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170726120529j:plain

尾根をやや下りながら30分ほどサクサク進むと、弥山へ向かう坂となります。ここが踏ん張りどころで、よく整備された九十九折の道を進んでいきます。

f:id:harimayatokubei:20170726120704j:plain

 

2時24分に弥山小屋に到着。ちょっとした広場になっており、テント場もあります。

f:id:harimayatokubei:20170726120755j:plain

水やカップ麺も売っている模様。

 

折角なので弥山に行きました。小屋からは徒歩1分くらい。

f:id:harimayatokubei:20170726120804j:plain

このような山の頂上に立派な神社があるのはかなり驚きです。歴史の深さが良く分かります。

 

このあたりは年中雨が降っているためか苔の生え方が凄い。

f:id:harimayatokubei:20170726120810j:plain

 

さて、いよいよ近畿最高峰の八経ヶ岳に行きます。ちょっと登り返しがありますが、まぁいけるでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170726120815j:plain

やや急な坂を下り・・・その次には登っていきます。最後のひと踏ん張りですね。

小屋から分、2時50分に頂上に到着しました。

f:id:harimayatokubei:20170726120824j:plain

f:id:harimayatokubei:20170726120828j:plain

晴れそうで晴れない微妙な天気です。

f:id:harimayatokubei:20170726120835j:plain

ぽつぽつきたと思ったら微かに日が差してきたりとめまぐるしい天気です・・・が、徐々に悪い方向に向かっている気がするので、30分ほど滞在して下山開始です。

 

標高が1500m前後になると山道を霧が覆い始めます。

f:id:harimayatokubei:20170726120848j:plain

鬱蒼とした雰囲気でまるで屋久島のよう(行った事は無い)。

 

弥山での登りや稜線での登りがところどころあったものの、全体的にハイスピードで下ります。急坂ではほとんど崖のような場所もあって辛い!

途中で雨もぱらついて来ましたが、下るにつれて森も深くなってきたのでそこまで

沢まで降りてきたら後一息です。

f:id:harimayatokubei:20170726120858j:plain

 

そうして4時50分に駐車場に戻りました。コースタイム時間に対して、時間での往復でした。

18時にゲートが閉まるので、さっさと退散して温泉へ向かいます。本当は入之波温泉に行きたかったですが、16時で閉まってしまうので、道の駅に併設されている別の場所へ。

f:id:harimayatokubei:20170726120908j:plain

帰りの国道は相変わらずの酷道状態です。駐車場から交差点までおよそ分くらいですね。

 

道の駅の温泉はホテル併設で、ろ過循環という非常に残念なものでした。プールかよ。

 

この後、食堂に行って夕食を摂ってから大台ケ原に上ろうとしましたが、なんとこの近辺の全ての食堂が6時で閉店してしまったようです・・・。しょうがないので今日の夕食はルマンド歌舞伎揚げです。

 

19時を回り、かなり暗くなってきましたが大台ケ原への道を進みます・・・。

霧が半端ではない!道路の真ん中を走っているはずなのに両側のガードレールが全く見えません。これはめちゃくちゃ怖い。

しかも日が落ちて暗くなってきたので(この日の日没は7時8分)、時速20km/hでソロソロ進んでいきます。センターラインがある場所はその上を進んでいけばいいのですが、そうでない場所は最大限に集中力を発揮しなければなりません。

 

 ・・・8時前になんとか大台ケ原の駐車場に着けました。山登りと運転での疲れが合わさって疲労困憊しているので、さっさと車中泊用意をして即就寝です。

 

つづく