転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

美濃赤坂散策 西濃鉄道昼飯線歩き(2017年10月)

大垣駅に戻ってから美濃赤坂に向かいます。

 

美濃赤坂支線とは!

東海道本線の支線。新幹線からもよく見える大垣市北方の鉱山から石灰を運び出す役割がある。貨物列車の他にも旅客営業をしており、ある意味では東海道本線の終点とも言える。

 

大垣駅ではちょうどいい感じに乗り継げました。

18きっぷ旅行ではまず行く事の無いはじっこに停まる二両編成がなんとも言えないローカル線感を出していますね。

f:id:harimayatokubei:20171125011756j:plain

 

わずか5分程度で終着の美濃赤坂に着きました。

f:id:harimayatokubei:20171125011759j:plain

構内が広いですね。さすがは貨物線として賑わっていただけあります。ただし、今では左に見えるホームは使われていません。

 

こちらが終端部になります。まぁ普通と言えば普通。

f:id:harimayatokubei:20171125011804j:plain

 

駅舎自体は中々渋くて良い。おそらく昭和の昔から変わっていないのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20171125011806j:plain

今では駅員もいないのが悲しいですね・・・。

ちなみに土日の日中はほとんど列車がありません。

f:id:harimayatokubei:20171125011802j:plain

3時間以上空くとは・・・。私が乗ってきた列車は12時53分に戻ってしまうのですが、あえてそれには乗らずに美濃赤坂を散歩してみます。

 

軽くリサーチをしたところ、

・中仙道の宿場町だった

廃線がある

とのことでしたので、今回は廃線をチョイス。西濃鉄道昼飯線は2006年に廃止になった貨物専用線です。全線で3駅しかなく、長さも1.9kmなので軽く歩けますね。

西濃鉄道昼飯線 - Wikipedia

しかも良く見たらGoogleMapに路線跡が書かれてますね。

f:id:harimayatokubei:20171125230458p:plain

 

まず初めは美濃赤坂駅構内の片隅にある駐車場です。見ての通り、線路跡がくっきり残ってます。

f:id:harimayatokubei:20171125011810j:plain

 

すぐ近くの踏み切りにも線路が完璧に残ってます。ここまでハッキリしているとテンション上がりますね。

f:id:harimayatokubei:20171125011813j:plain

 

特に立ち入り禁止でも無さそうだったので廃線歩きを始めます。

f:id:harimayatokubei:20171125011815j:plain

 

だがしかし!ものの50mで藪だらけ。いくらこういう道を歩きなれているとはいえ中々厳しいものがあります。

f:id:harimayatokubei:20171125011817j:plain

それにオナモミがズボンにくっつきまくるので泣く泣く撤退。普通の道を歩いて途中にある美濃大久保駅に向かいます。

 

道の途中には「ふみきり ちゅうい」の看板がまだ残ってました。

f:id:harimayatokubei:20171125011820j:plain

 

20分ほど歩いたら美濃大久保駅に着きました。この駅はスイッチバック形式(青森駅とか函館駅みたいな感じ)になっているため、一見すると終着駅のようです。

f:id:harimayatokubei:20171125011827j:plain

 

構内には思ったよりも鮮明に線路が残っています。これは凄いな・・・。

f:id:harimayatokubei:20171125011825j:plain

このあたりには今列車が走ってきてもおかしくないような雰囲気すらあります。

 

終点の昼飯駅に向かって歩いているとかなり珍しいものを見つけました。

・・・・・・!?これはもしや遮断機の見張り番小屋・・・??

手回し式のハンドルもありますし、間違い無さそうです。おそらくこれは第二種踏切道という形式の踏み切りだと思いますが、跡地の現存例を見れるとは思いもよりませんでした。

f:id:harimayatokubei:20171125011830j:plain

もはや崩壊寸前なのでいつ取り壊されてもおかしくはありませんね・・・。ちなみにすぐ横は江戸時代の史跡である兜塚があります。

 

美濃大久保~昼飯間は線路が撤去されている場所もありますが、周囲の建物の形でなんとなく路面は推察できます。

f:id:harimayatokubei:20171125185918j:plain

ちなみにこのあたりの工場は古田石灰工業所というらしいです。茶人の古田織部の出身もこのあたりなのでもしや・・・?

 

10分ほど歩いたら終点の昼飯駅に着きました。f:id:harimayatokubei:20171125011842j:plain

いや~~~雰囲気怖ぇ~~~。駅舎もさることながら枯れ草が絶妙なアクセントとなりえもしれない雰囲気を醸し出してます。

 

駅舎は近くで見ると本当に普通の家って感じですね。

f:id:harimayatokubei:20171125011834j:plain

しかし良く見るとしっかりと『昼飯駅』の看板が残ってます。

f:id:harimayatokubei:20171125011844j:plain

「昼」が旧字体の「晝」ですねぇ。少なくとも戦前から掛かってそうです。

ヤード自体は残ってはいますが、線路は既に消えています。

f:id:harimayatokubei:20171125011839j:plain

昼飯線歩きはここで終了です。予想よりも線路がはっきり残っていましたが、転用がほとんど無いことから、この地域があまり賑わっていないことも感じてしまいました。

 

中仙道の向こうに小山があったので行ってみると古墳がありました。

f:id:harimayatokubei:20171125011852j:plain

思ったよりも大きい!全長150mの昼飯大塚古墳です。

一部は完全に復元してありますが、大部分はそのまま残されている整備の仕方は好感が持てます。

周囲に高い建物がないため、頂上からの景色が良い!中央に見える山はおそらく南宮山です。

f:id:harimayatokubei:20171125011847j:plain

奥が晴れてて手前が曇ってるので分かりにくい写真になってしまった。

 

赤塚宿にある御茶屋屋敷跡に着きました。古墳から10分くらいです。

f:id:harimayatokubei:20171125011903j:plain

お茶屋屋敷跡は簡単に言えば江戸幕府将軍の宿泊地です。ただ、ここは作られたのが関が原の戦いから9年後という、江戸と大阪の緊張が高まっていた時期でした。そのため、堀や櫓まであったようです。

 

そのため、周囲には空堀がしっかりと残っています。

f:id:harimayatokubei:20171125011859j:plain

 

中は個人所有となっており、かなり整備されています。ぼたん園になっていますので、身頃では賑わうのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20171125011906j:plain

ちなみにこの日はコスプレ?の撮影をしていた人がいました。

 

この時点で14時15分になりました。16時7分の美濃赤坂発の列車に乗ったら名古屋での用事に間に合わないので、養老鉄道東赤坂駅を14時52分に出る列車に乗ります。実は2kmくらいしか離れていないので十分歩けるんですよね。

 

中山道の宿場町であったころの遺跡を見ながら東に行きます。

f:id:harimayatokubei:20171125011912j:plain

銀行も景観に配慮していて良い感じです。

f:id:harimayatokubei:20171125011915j:plain

 

ちなみに、赤坂宿の東には西濃鉄道の別の路線である市橋線が通っています。レールを見れば分かるようにこちらは現在でも貨物列車が走っているようです。

f:id:harimayatokubei:20171125011919j:plain

 

この瀟洒な建物は赤坂港です。昔は杭瀬川の河川交通の要だったので大変賑わったそうな。

f:id:harimayatokubei:20171125011925j:plain

 

現在の杭瀬川は流路変更によって移動してしまいましたが、船着場が史跡として残っています。

f:id:harimayatokubei:20171125011928j:plain

 

赤坂宿を抜けてからは田んぼと家が点在する地域を抜けて、無事に養老鉄道東赤坂駅に辿り着けました。

f:id:harimayatokubei:20171125011934j:plain

 

この後は大垣駅で名古屋行きに乗り換えまして、本日の散策は終了です。」

美濃赤坂は鉄オタ的には支線として有名でしたが、廃線とか古墳とか思いのほか色々あって意外と楽しめました。また、市橋線は遮断機もない踏切の宝庫らしいので、再度訪問もアリかな~と思います。

養老鉄道と桑名城

今週は名古屋で用事がありまして、ついでに養老鉄道とその周辺をうろついてきました。

養老鉄道は揖斐から大垣、桑名までの意外と長い区間を走行しています。流石に濃尾平野の人口密度が高い地域を走ってるので乗客は意外と多かったのが印象的でした。

また、一見すると1本の路線ですが、実質的には大垣の南北で運転系統は分かれています。東武野田線の柏みたいな感じですね。

 

まずは朝7時の大垣駅です。ここで一日フリー切符を購入しまして、まずは北の揖斐方面へ行きます。

f:id:harimayatokubei:20171118003717j:plain

 

ごらんの通り、下りはガラガラですね。

f:id:harimayatokubei:20171118003719j:plain

 

特筆することもない田畑の中をそこそこの速さで進んでいき、24分で終点の揖斐駅に到着。

f:id:harimayatokubei:20171118003721j:plain

ごく普通ですが、結構風情のある駅舎です。揖斐からの上りは高校生を中心に多くの乗客が乗ってきます。

周辺は市街地という感じではありませんが、バスなどが発着してそこそこ活気はある印象です。

f:id:harimayatokubei:20171118003723j:plain

折り返しで大垣に戻り、桑名行きに乗り換えます。

 

大垣発桑名行きは最初はそこそこ高校生が乗っていましたが、ちょうど真ん中の養老駅近くになると乗客はほとんどいなくなりました。やはり大垣~桑名を通しで乗る人は少ないようです。JRの方が速くて安いのでこれは仕方ない。

 

濃尾平野の西端を走行していきます。

f:id:harimayatokubei:20171118003725j:plain

このあたりは長閑の一言ですねぇ。ある意味では典型的な日本の田舎ですね。

 

桑名に近づくにつれて乗客も増えていき、大垣から一時間で到着しました。桑名駅自体は三路線が乗り入れていますが、よくある橋上駅なので写真は割愛。

 

名駅から桑名城まで散歩に行きます。

桑名城は名古屋の熱田からの「七里の渡し」があったことで有名で、城下に東海道が通っているため、浮世絵にも描かれています。

f:id:harimayatokubei:20171123213358j:plain

海に面している構造が良く分かります。

縄張自体は、海に二辺が面している典型的な平城です。

f:id:harimayatokubei:20171123213955j:plain

この図面では北は左で、桑名駅は下にあります。

 

名駅から徒歩10分ほどで外堀の遺構を発見。

f:id:harimayatokubei:20171118003728j:plain

しょぼいですが、この位置以外では結構残っているようです。

ここから5分ほどで城跡に到着。本田忠勝が迎えてくれました。

f:id:harimayatokubei:20171118003733j:plain

背後の槍は蜻蛉切ですよね・・・?真田丸での忠勝を思い出します。

 

さて、ここからは城跡に入っていくのですが・・・、正直言って遺構の残り具合はあまり良くありません。

f:id:harimayatokubei:20171118003740j:plain

広大な水濠は残っているのですが、石垣が全て無くなってしまっています。

 

櫓台っぽい跡はありますが、ただの土山に変わり果てています。下の大砲は戊辰戦争当時のらしいですが、なんと詳細不明とのこと。

f:id:harimayatokubei:20171118003743j:plain

 

本丸から二の丸方面を眺めますが、どうにも古地図と地形が一致しません。

f:id:harimayatokubei:20171118003744j:plain

 

本丸跡は神社境内となっていますが、その裏手に天守台跡がありました。

f:id:harimayatokubei:20171118003800j:plain

なんか変だなぁ・・・と思ったら、これは昭和の頃に作った模擬天守台とのこと!

なんでこんなに石垣が消えているんだ?と思ったら、明治時代に四日市市の防波堤として使われてしまったらしいですね。

 

本丸北にある三の丸との間の堀は埋め立てられてしまってますが、それっぽい窪地を発見しました。

f:id:harimayatokubei:20171118003751j:plain

 

本丸南側の石垣跡もごらんの通りです。

f:id:harimayatokubei:20171118003804j:plain

 

本丸をあとにして、七里の渡し方面に行きます。

こちらには蟠龍櫓が復元されています。

f:id:harimayatokubei:20171118003803j:plain

なんで本丸ではなくて、城の外れにあるこの櫓?と思いますが、この櫓は七里の渡し近くにありますので、江戸時代を通じて「東海道桑名城」のシンボルともいえる櫓なのです。

無料で中に入れまして、二階からは揖斐川長良川が良く見えます。

f:id:harimayatokubei:20171123215437j:plain

なんだかえらく白波が立っていますが、どうやらここまで荒れるのは滅多にないらしいですね。

櫓の近くの七里の渡し跡です。

f:id:harimayatokubei:20171118003826j:plain

 

また、こちらは伊勢国一の鳥居です。お伊勢参りの人々がまず初めに通る鳥居でして、伊勢神宮の鳥居を使っています。式年遷宮のたびに新しいのに変わっていますので、いまあるのは平成27年に建てられたようです。

参考:

桑名市観光ガイド・七里の渡し・伊勢国一の鳥居建て替え奉祝祭(お木曳行事)

f:id:harimayatokubei:20171123215559j:plain

鳥居と櫓に東海道があるこの景色がある意味では最も桑名らしいかもしれませんね。

 

また、近辺の堀にはおそらく江戸時代の石垣が残存しています。(写真では分かりにくいですが・・・。)本丸もこのくらい残っていれば、櫓がなくとも日本100名城にはなっていたかもしれません。

f:id:harimayatokubei:20171118003807j:plain

ここに舟が沢山ある光景も江戸時代からそう変わってはいないでしょう。

さらに、明らかに枡形門と思われる道路もありました。おそらくは北大手門と思われます。

f:id:harimayatokubei:20171118003823j:plain

 

桑名城はだいたい見終わったので駅に戻ります。実は一時間半くらいしか時間がなかったので、相当な早足で戻ります。

 

f:id:harimayatokubei:20171118003827j:plain

↑駅前にあった昭和感濃厚な商店街。こういう場所はもうちょいじっくり見たかったのですが、時間が無い!

 

結局は何とか電車に間に合いましたので大垣駅まで戻ります。

 

つづく

 

谷川岳 西黒尾根から登頂 11月4日

二週間連続の週末台風で苦渋を呑まされまくったのですが、ようやく晴れそうなので谷川岳に行ってきました。

11月に入ったので雪があってもおかしくはないのですが、どうやら数日の好天のうちに大分融けたようなので軽アイゼンのみで行きます。

また、谷川岳はロープウェイがあるので比較的楽に登れる山ですが、今回は行きはん視黒尾根、帰りはロープウェイを使って行きます。

 

午前五時くらいに起床して出発します。駐車場はガラガラでしたが、30台程度は既にいました。

f:id:harimayatokubei:20171107223916j:plain

 

車道を結構登ったら登山口がありました。ぼーっとしてたら見逃しそう。

f:id:harimayatokubei:20171107223919j:plain

日の出一時間前くらいだったので既に東の空が明るくなっています。

f:id:harimayatokubei:20171107223924j:plain

 

始めは(ちょっと急な)普通の山道です。

f:id:harimayatokubei:20171107223927j:plain

しばらくすると朝焼けで谷川岳が照らされ始めました。

f:id:harimayatokubei:20171107230114j:plain

美しいですねぇ・・・。この時点では森林の中でしたが、ものの20分ほどで森林限界を突破。

雄大な谷川岳が見えます。こないだの平ヶ岳と比べて山頂が近い!

f:id:harimayatokubei:20171107223930j:plain

 

鎖場をいくつか越えてラクダの背に着きました。

f:id:harimayatokubei:20171107223935j:plain

特に何も無いので進みます。しかし、ここからが鎖場が多く、結構な高度感が出てきました。

f:id:harimayatokubei:20171107223942j:plain

f:id:harimayatokubei:20171107223947j:plain

また、雪もちらほら見えてきました。日の当たっている場所はザクザク歩けますが日陰では完全に凍ってて中々危ない。

そんな道を合計で2時間ほど歩いたら肩の小屋に着きました。

f:id:harimayatokubei:20171107224007j:plain

 

ここでロープウェイからの登山道と合流してトマの耳へ向かいます。

8時すぎにトマの耳登頂です。

f:id:harimayatokubei:20171107223958j:plain

 

北を見ると、谷川岳の最高峰であるオキの耳が見えましたので向かいます。

f:id:harimayatokubei:20171107223956j:plain

 

一見すると普通の雪道ですが、完全につるっつるです。滑落するような場所ではありませんでしたが、注意深く進みます。

f:id:harimayatokubei:20171107224002j:plain

 

20分ほどのんびり歩いて谷川岳最高峰のオキの耳登頂!日本三大急登の西黒尾根でしたが、圧倒的な青空のおかげで全く辛くなかった。

f:id:harimayatokubei:20171107224011j:plain

 

東には中央分水嶺の山々が見えます。

f:id:harimayatokubei:20171107224006j:plain

 

南には富士山も明瞭に見えます。

f:id:harimayatokubei:20171107224024j:plain

 

北には一之倉岳があるので眺望はそこまで良くありません。

f:id:harimayatokubei:20171107224030j:plain

 

風が非常に穏やかなので30分ほど眺望を堪能して、下山開始です。このへんからロープウェイ組の最も速い人たちとすれ違いました。

 

肩の小屋から5分ほど下った箇所の写真です。

f:id:harimayatokubei:20171107224040j:plain

西黒尾根とは打って変わって優美な雰囲気です。危険さは微塵も感じません。

 f:id:harimayatokubei:20171107224108j:plain

 

西側の谷に通気孔が見えました。おそらく関越自動車道ですね。

f:id:harimayatokubei:20171107224038j:plain

 

だいぶ下ったのですが、まだまだ谷川岳も見えています。相変わらず晴れていますが風がちょっと出てきましたね。結構親子連れも登っていたんですが大丈夫でしょうかねぇ・・・。

f:id:harimayatokubei:20171107224103j:plain

 

その後はごくごく普通の山道を下って天神平に到着しました。

f:id:harimayatokubei:20171107224056j:plain

ここから尾根を下るのもアリではありますが、めんどくさかったのでロープウェイで下りました。

f:id:harimayatokubei:20171107224100j:plain

 

朝日岳が良く見えます。山腹の紅葉は既に終わっていますね。

f:id:harimayatokubei:20171107224105j:plain

 

11時くらいに土合の駐車場に帰還して下山完了です。

時期的にもかなりギリギリでしたが、見事な秋晴れに恵まれた最高の山行となりました。個人的には百名山20峰目ですね。来年はアルプスのほうも攻めたいと思います。

 

おわり

 

平ヶ岳 日帰り登山 10月8日

10月7日 平ヶ岳

往復 時間

今回行ったのは、奥只見に聳える標高2141mの平ヶ岳です。

この山は日本百名山であるためそれなりの知名度はあるのですが、そんなことよりも日帰り登山最難関百名山として有名だったりします。

最寄のICから2時間以上は余裕でかかるという本州屈指の深山であることに加え、独立峰なので、登山道がほぼ一本道になっています。

このコースタイムが非常にエグく、行きが5時間35分、帰りが4時間10分と合計で10時間近い時間となっているのです。実は近隣の宿に泊まることによって往復5時間程度の裏道からアクセスできますが、やっぱり長距離を歩いてこその平ヶ岳っしょ!!という考えで麓から突撃しました。

 

つくば市から下道をひたすら爆走して、深夜0時くらいに駐車場に辿り着きました。尾瀬の御池駐車場までは普通の二車線道路でしたが、そこから先は1.2車線の隘路でかなり疲れました。ただでさえ山奥の御池から一時間もかかったし凄まじい山奥です。

しかし、着いたはいいのですが駐車場が無い!

流石は秋の三連休ですね。

f:id:harimayatokubei:20171020170601j:plain

結局はなんとか隙間を見つけて滑り込めました。おそらく私達が最後の一台だったのではないでしょうか。翌朝は早いので、荷物を完璧にセットした上で車中泊です。

・・・

朝4時30分に起床しまして、5時前にいざ行動開始。普通の山であれば人は少ないのですが、既に半分の登山者は出発しているようでした。

f:id:harimayatokubei:20171020170714j:plain

最序盤は緩やかな林道が続きますが、すぐに尾根に出ます。そして、急坂に次ぐ急坂の連続!ただひたすらに登り続けます。

開けているため、眺望は悪くないのですが、よじ登る感じの箇所が複数あって早くも下りが不安になってきました。

f:id:harimayatokubei:20171020170743j:plain

画面真ん中に向かって伸びる尾根上に白い道が続いていることが分かると思います。

f:id:harimayatokubei:20171020170622j:plain

晴れそうで晴れない絶妙な天気になってきました。

一瞬だけガスりましたが、すぐに雲の上に出て、6時30分に下台倉山に到着しました。この時点ではコースタイムの七割ですね。

f:id:harimayatokubei:20171020170627j:plain

山頂っぽさは皆無ですが、ここまで800mも登ってきたので少し達成感。

f:id:harimayatokubei:20171020170633j:plain

紅葉が素晴らしい!

休憩を少し取って、尾根上を歩きます。ここから台倉山までの区間は平坦で眺望の良い尾根ですので、かなり楽に進めます。

f:id:harimayatokubei:20171020170637j:plain

↑台倉山の三角点

台倉山から先も比較的平坦な尾根ですが、完全に樹林帯に突入するので退屈この上ない!!

f:id:harimayatokubei:20171020170649j:plain

なんの変哲も無い木道を歩きます。昨日の雨で滑りやすくなっているので、妙な集中力を要します。正直言ってつまらん!!

ちなみに、ガッツリ倒木で道が塞がれていた場所もありました。

f:id:harimayatokubei:20171020171048j:plain

白沢清水には7時45分着。平坦とはいえ、微妙な傾斜もあり体力を徐々に奪ってきます。

f:id:harimayatokubei:20171020170735j:plain

清水とはいえ澱んでいて飲めたものではありません。

ここからは再び急坂になります。はじめの尾根に比べれば標高差は半分ですが、既に9km歩いているのでちょっと疲れ気味・・・。

しかし、ここで立ち止まる訳にはいきません!f:id:harimayatokubei:20171020171104j:plain

ちょっと登ると森林限界を突破して平ヶ岳の山頂っぽい山が見えます。確かに名前の通り平たいですねぇ。

振り返ると燧ケ岳も見えます。

f:id:harimayatokubei:20171020171036j:plain

 

急坂を登り切って、小さい森の中を抜けると、いきなり湿原が目に飛び込んできました。

f:id:harimayatokubei:20171020171056j:plain

スタートから3時間!8時30分に遂に姫池到着です!

平ヶ岳も良く見えますねぇ!いや~~疲れた・・・。

 

山頂はここから30分です。湿原の中を歩いていると突然、登山客の集団が。

f:id:harimayatokubei:20171020171037j:plain

・・・?どこから来たんだ??と思いましたが、どうやらショートカットルートから登ってきた人々のようです。

木道は人一人が通れるくらいの幅なので大渋滞。まぁ連休だししょうがないかな。

9時に山頂到着です。思ったよりしょぼい。

f:id:harimayatokubei:20171020171136j:plain

ちなみに、本当の最高地点は100mほど離れた場所にあります。

f:id:harimayatokubei:20171020171302j:plain

湿原の真っ只中にあるので山頂感ゼロですね。でもそれが平ヶ岳っぽい。

f:id:harimayatokubei:20171020171145j:plain

周辺の山々が非常に良く見えます。写真は浅間山

f:id:harimayatokubei:20171020171320j:plain

どうやら平ヶ岳山頂は準平原遺物と呼ばれる地形のようです。

参考:北陸地方|国土地理院

 

頂上付近は木道が多く、休憩できるスペースがないのですぐに平ヶ岳名物の『たまご石』に向かいます。

f:id:harimayatokubei:20171026170840j:plain

 

40分ほどで10時ちょうどくらいに到着しました。意外と長い・・・。

f:id:harimayatokubei:20171026171220j:plain

実はこのたまご石は下の岩と分離しているわけでは無く、僅かにくっついています。

 

f:id:harimayatokubei:20171026171445j:plain

越後三山を眺めながら昼食の牛丼です。カロリー的なコスパは非常に良いですね。

少し短めですが20分ほど休憩をして10時20分に出立します。もたもたしていると日没を迎えてしまうためです。

 

さっそくですが、下りが非常にキツい・・・。

f:id:harimayatokubei:20171020171548j:plain

下りそのものよりも、延々に続く尾根が一望できてしまうのが精神的に辛い。

 

下りきったらだらだら続く木道を黙々と、しかし早足で歩きます。

ここで少し気になったのは、いまから登り始める登山客がいたことです。頂上での野営は禁止されてるはずですが・・・。

 

台倉山周辺の紅葉は相変わらず美しい。

f:id:harimayatokubei:20171020171541j:plain

下台倉山を11時30分に通過して、最後の下りです。

f:id:harimayatokubei:20171020171601j:plain

やせ尾根を800m近く一気に下るこの区間は精神的にもかなり疲れます。足は既にガックガクですが、少しでも踏み外したら天国直行です。

 

1時間かけて、ようやく降り切りました・・・。

山上の紅葉とは違う、夏山のような林道を歩いてウィニングランです。

f:id:harimayatokubei:20171020171923j:plain

途中の水場も兼ねている沢で休憩。2Lあれば水は十分だと思ったのですが、ギリギリでした。

f:id:harimayatokubei:20171020171954j:plain

1時30分に駐車場帰還!総歩行8時間の山行となりました。

f:id:harimayatokubei:20171020171906j:plain

帰ってもなお駐車場は満車状態です。

その後はいつも通りの国道を通ってつくばまで戻りました。

 

最後に振り返ります。

いや・・・・・・流石に日帰り最難関の名は伊達じゃなかった!辛かった!!

もう一回行くかと言えばおそらく行きません。紅葉や湿原は良かったのですが、あまりに冗長すぎるピストンが心をすり減らせていきました・・・。

でも、自分の足で歩ききったことは自信にもなりました。今年の辛い登山はこれでしまいにして、今後は緩めの山に行こうと思います。

 

おわり

シャドーバース「星神の伝説」 私選エロいカード一覧

本ブログの謎企画、シャドバカード紹介です。

 

本当ならプレイングの解説なんかしたいのですが、残念ながらカードゲームの才能はないっぽいので、こういう本能に訴える系の記事となりました。

 

今回は星神の伝説のうち10枚を紹介します。

 

ニュクス

 

f:id:harimayatokubei:20171010182035p:plain

ギリシア神話の夜の女神である、ニュクスです。日本神話でのツクヨミに当たる神格ですね。

イラスト的には下乳と太ももが見所。F〇Oの槍オルタも驚きの露出の仕方です。また、やや地味ですが、太ももも非常にGOOD。

というか、この服透けてませんかね・・・。さすが女神。

 

心優しきエルフ・フィト

f:id:harimayatokubei:20171010182140p:plainf:id:harimayatokubei:20171010182143p:plain

今回の進化したらなぜか脱いだ枠。

なぜマントとスカートを脱いだのでしょうか・・・(いや、よく見たらマントは背中に回しただけのようですね)。しかも髪の長さも変わっているため、同一人物とは思えない(姉妹くらいな感じ)。

やはり相変わらず太ももは良い。

 

ヴィーナス

f:id:harimayatokubei:20171010182227p:plain

良くみたら下乳がGOD。

絵としても中々良い構図ですので、単純に見ていて落ち着くカードですね。

 

カシオペア

f:id:harimayatokubei:20171010182307p:plain

虫麻呂さんは本当に良い絵を描いてくださる。太ももとおなか、くびれが違和感なく調和しています。あと穿いてないですよね、この人。

背景にはカシオペヤ座のバブル星雲っぽい星雲もありますね。

 

プリンセス・ジュリエット

f:id:harimayatokubei:20171010182339p:plain

上乳が非常に良いですね。あまり目立ちませんが、尻も中々。

 

エウロペ

f:id:harimayatokubei:20171010182456p:plain

この絵に描かれている正座は黄道十二宮のおうし座ですね。この牡牛は全能の神ゼウスがエウロペに求愛に行ったときの姿と言われています。

この絵は顔ですね。顔。ハイライトの無い目がどことなく淫靡な雰囲気を出しています。

 

悪魔の拳法家・ソーラ

f:id:harimayatokubei:20171010182622p:plain

 

いやまぁ、こういうキャクターにエロスを感じるのは間違っているような気がしないでもないですが、中々フェティシズム的に良いイラストだと思います。

あまり注目はされませんが、右足の太ももが半端なく太いですね。流石は拳法家。

 

グンロズ

f:id:harimayatokubei:20171010182701p:plain

圧倒的おっぱい。最早言う事はあるまい。

 

パニッシュシスター

f:id:harimayatokubei:20171010182756p:plain

パニッシュは処罰や刑罰の意。

脇が非常に惜しい!ベルトが無ければポイントは非常に高くなっていたでしょう。

なんというかエロいうよりも西川兄貴的な雰囲気を感じますね。

 

アイギーナ

f:id:harimayatokubei:20171010182841p:plain

女の子すわりがcuteです。また、実は足の裏を描いているイラストって結構少ないんですよね。今回紹介のイラストではこれだけでしょう。

また、褐色なのも良いですねぇ。まぁこれは光の加減だからでしょうけど。

 

星追いの精霊

f:id:harimayatokubei:20171010182925p:plain

今回の着衣おっぱい枠。

進化後でも良かったのですが、個人的に進化前の方が刺さるので進化前で。

 

 

さて、今回はこれで以上です。追加の要望などがあればコメントにて一言添えて投稿して下さいな。

FGOと違ってイラストをバンバン新規投入するので見ていて楽しいですねシャドバは。