読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

ブハラ→サマルカンド ウズベキスタンの新幹線で移動 3/9

 チョル・バクルを見学したので、サマルカンドへ移動を開始します。

取り敢えずまずはラビハウズの宿へ戻って荷物を受け取り、バスとマルシュルートカを乗り継いでブハラ(カガン)駅に行きます。バスは一回800スムでした。

ブハラには何故か駅が無いので、バスで30分ほどかけてカガンという南東の街まで行かねばならないのが地味に面倒ですね・・・。

また、ウズベキスタンは鉄道関連の構造物は全て撮影禁止なので、駅舎などの写真はありません!ただ、ブハラ駅は高速鉄道が開通したばっかりであるため、予想以上に綺麗でWIFIも飛んでいたことを報告します。

 

発車15分くらい前にホームに上がると明らかに速そうな列車が停まっていました。これが、ウズベキスタン国鉄が誇るタルゴ250「アフラシャブ号」です。

f:id:harimayatokubei:20170516001820j:plain

隠し撮りしたので先頭が切れたことは勘弁して下さいな。

日本の新幹線とは設計思想が全く違っているため、中々異様な外観をしています。例えば、モーターがある車両が日本の新幹線は全車両ですが、これは両側の先頭車のみです。そのため、この列車は先頭車に座席がありません。これの方式を動力分散式と呼びます。詳しくはwikipediaをどうぞ。

動力集中方式 - Wikipedia

まぁ、その他台車の形式が違うとか色々ありますが、とにかく日本の新幹線とは違うのです。

肝心の中はこんな感じ。

f:id:harimayatokubei:20170516001825j:plain

思ったより良いですね。

f:id:harimayatokubei:20170516163533j:plain

ちゃんとコンセントもあります。乗った分にはかなり快適です。

 

結果的には特筆することもなく、定刻で発車し、淡々と荒野を走りサマルカンドに定刻3分遅れで到着しました。

 

さて、サマルカンドに着きましたが、ご他聞に漏れず駅は市の中心から離れているので、まずは宿のある中心部まで行かねばなりません。

どうやら、路面電車が近々開業するようなので工事が盛んに行われていましたが、未開通で行き先も良く分からないので我々はバスで行きました。

f:id:harimayatokubei:20170516164030j:plain

f:id:harimayatokubei:20170516001907j:plain

「レギスタン広場の方へ行きたい!」と言うと、あっさりバスがみつかりました。値段はブハラと変わらず800スムです。

 

無事に宿には着きましたが、既に周囲は真っ暗です。ブハラは旧市街地の宿を取りましたが、今回は新市街地側の宿なので、味も素っ気も無い地域をウロウロし、レストランを探しました。

結果はまともなレストランは無く、ファストフードでシャルマというケバブのようなもの食べる事に。全体的な食生活はブハラよりも悪化しそうな予感ですね・・・。

翌日はいよいよ中央アジアでも随一の観光地であるレギスタン広場へ行きます。

 

FGO無課金勢は何体の星5を持てるのか、ガチャの排出確立について

ソシャゲにはガチャがつきものですが、私がやっているFate/GrandOrderにも当然ガチャがありまして、人気キャラが最高レア度で実装された時はツイッターでもトレンド入りするくらいには盛り上がります。

しかし、当然ながらそのキャラを引くのは確率なので「運」に左右されます。「単発で来たwwwww」から「10万突っ込んでやっと」といった天国と地獄が体現される無慈悲な世界になります。

今回は、そのFGOをほぼ無課金で一年間プレイした私がどれくらいSSR(星5)を持っているかを紹介します。他の無課金プレイヤーの方への参考(?)になれば幸いです。

(ちなみに、福袋は2回とも引いていますがこれも載せますので、正確には微課金ということになります)

 

参考:私のFGO

2015年8月 iOS実装と共に開始

2015年9月 一旦飽きて引退

2016年3月 復帰

2016年8月 水着イベから本格的に復帰→今に至る

通算ログイン日数 356日(2017年5月22日現在)
以下、最終再臨絵注意!!
 

1.星5サーヴァントの所持数

諸葛孔明 2015年8月19日

f:id:harimayatokubei:20170523002146p:plain

開始直後に単発で引いた初の星5鯖。実は星4よりも星5を先に引いていたんですね。大喜びしたのも束の間、当時の孔明はスキル・宝具共に使いにくさが目立ち、いわゆるハズレ枠でした。ところが、11月の強化後は超優秀なサポート鯖になったため、あっちこっちで大忙しです。昔引いといて良かった・・・。

ギルガメッシュ 2015年9月3日

f:id:harimayatokubei:20170523002230p:plain

こちらも単発で引いた鯖。Fateやってる人間なら誰でも知ってるはず。序盤から強く、現在でもうちの主砲になっています。聖杯再臨実装時にはすぐにLv100にしました。聖杯を捧げたLv100ギルガメッシュは本当に強いですよ〜。乖離剣の餌食になった種火やサーヴァントは万を超えているでしょう。

巌窟王 2016年3月22日

f:id:harimayatokubei:20170523002335p:plain

復帰時にたまった石およそ80個で回したところ、引いたアヴェンジャー。初めはギルと比較して弱いなぁと思っていましたが、いざ育ててみると安定した火力を常に叩き出す優良鯖でした。種火周回のお供ですし、ギルへの星供給役の役目を担っています。

酒呑童子 2016年6月2日

f:id:harimayatokubei:20170523002406p:plain

これも単発で引いたアサシン。艦これアーケードの待ち時間で引いて狂喜したのを今でも覚えています。手持ちの星5の中で唯一ガッツを持ち、アサシンが彼女だけなので割と出番は多めですね。

ジャンヌ・ダルク 2016年7月30日

f:id:harimayatokubei:20170523002432p:plain

夏祭りの福袋で三騎士を引いて出たルーラー。初のルーラーだったものの、有利が取れるクラスがいないというデメリットのせいで中々使いにくいですね…。いやー育てようとは思ってるんですがねぇ………。

イリヤスフィール 2016年9月18日

f:id:harimayatokubei:20170523002503p:plain

単発で引いたキャスター。地味に初の星5単体宝具です。Lv90まではさっさと育てたものの、実際はあまり使っていません……。火力的にはギル・巌窟王で十分なんですよね。

⑦ネロ(ブライド) 2016年9月30日

f:id:harimayatokubei:20170523002541p:plain

2016年9月30日CCCイベ前のピックアップに呼符で引きました。単純にサポートとして優秀で、どのパーティに入れても全く腐らないのが良い。取り敢えず最終再臨を果たして、ぐだぐだイベの種火でレベルマしようと思ったが新たな星5を引いてしまい、育成は途中になっています。

⑧フランシス・ドレイク 2017年1月3日

f:id:harimayatokubei:20170523002618p:plain

福袋2017で引いたライダー。攻撃に優れた鯖で非常に扱いやすいため、比較的新参ながら巌窟王に次ぐ準レギュラー入りを果たしています。今後も活躍してくれるでしょう。

⑨ヒロインXオルタ 2017年2月9日

f:id:harimayatokubei:20170523002641p:plain

貯めた石40個くらいで引いたバーサーカー。世間では使えない評価ですが個人的にはそこそこ使っています。特に王の見えざる手がいいですね。(まぁオルタニキやナイチンゲールさんに見劣りするのは否めませんが)

沖田総司 2017年3月29日

f:id:harimayatokubei:20170523002730p:plain

ぐだぐだイベの最終盤で単発で引いたセイバー。凄く嬉しかったものの、イベの終了1日前に引いた事もあってか種火も尽きており、育成が中途半端になっています。これはCCCイベに向けて、ドレイクとネロの育成を優先したことも原因です。

⑪メルトリリス 2017年5月1日

f:id:harimayatokubei:20170523002803p:plain

ピックアップ初日にまさかの呼符2枚目で引き当てました。これにはかなり驚きました。というのも今までの鯖は単発でぽろっと棚ぼたな感じで出てきたのですが、今回は石を90個まで貯めてかなり気合を入れて引いていたからです。器用貧乏感はあるものの、基本性能が高めなのでCCCイベではかなりお世話になりました。今後も活躍が期待されます。

 

プレイ日数356日の私が持っている星5サーヴァントは

全部で11基(うち2基は福袋)となりました。

 

2.星4サーヴァントの所持数 

次に星4サーヴァントについて所持数を公開します。特記がないサーヴァントは宝具レベル1です。

セイバー

アーチャー

  • クロエ・フォン・アインツベルン
  • 織田信長(宝具5)
  • アタランテ(宝具4)
  • エミヤ

ランサー

ライダー

キャスター

アサシン

  • 燕青(宝具2)
  • スカサハ(宝具2)
  • エミヤ
  • カーミラ
  • ステンノ

バーサーカー

エクストラクラス

  • マルタ
  • BB(宝具5)

 現在の私の星4サーヴァント所持数は29基となります。そのうち6基はイベント、2基は配布なので、召還で入手した鯖は21基です。

さらに宝具レベルを考慮すると召還から星4鯖を召還した回数は28回となります。

 

3.星5概念礼装

 次に星5概念礼装の数です。こちらは流石に全て書くとめんどくさいので初めに数だけ示します。

全71枚を現在所持しています。

内イベント配布など36枚です。

よって、35枚を召還から入手したことになります。以下35枚の内訳

  • キュート・オランジェット
  • ファースト・サンライズ
  • 魔性菩薩(2)
  • 王の相伴
  • 花より団子
  • GoWest!
  • 目醒め前(2)
  • 月霊髄液
  • 聖者の依代(3)
  • 五百年の妄執(2)
  • 2030年の欠片(2)
  • ぐだぐだ看板娘
  • もう一つの結末
  • 黒の聖杯
  • プリズマコスモス
  • ヘブンズフィール(4)
  • カレイドスコープ(4)
  • リミテッド/ゼロオーバー(3)
  • イマジナリ・アラウンド
  • フォーマルクラフト(2)

 

4.まとめ

 これまでの全ての結果をまとめると、現在の私の主な戦力は

星5サーヴァント 11基

星4サーヴァント 29基

星5概念礼装   71枚となります。 

 

うち、召還で手に入れた回数は

星5サーヴァント  9回

星4サーヴァント 28回

星5概念礼装   35回です。

なんと驚くべきことに、召還の入手回数はガチャの排出確立(星5鯖1%、星4鯖3%、星5礼装4%)とほぼ同じです。流石に法律に関わる部分はかなりしっかりしているようです。

あくまで推測ですが、900回前後ガチャを回していることになりますね。

 

参考:聖杯再臨の数

聖杯再臨したサーヴァントは全部で4体です。

全部で12個使ってますね。ちなみに聖杯再臨の基本的な基準は愛です。ローマオタク的にはロムルスカリギュラにも聖杯を捧げたい。何杯か余ってはいますがQPが足りねぇ・・・!

 

さらに参考:どれくらい攻略できるか

今では1.5部の新宿をクリアしてあります。

CCCイベではヘブンズホールをある程度パニッシャー剥いでクリア可能、魔性菩薩状態では太刀打ちできない、程度の戦力ですね。

f:id:harimayatokubei:20170523003011p:plain

幸運にもサポート枠の孔明と攻撃枠のギルガメッシュを引いているので、普通の高難易度イベでは特に困りません。とはいえ、動画などを見ると最初期からのガチ勢よりはかなり劣っている印象です。

ブハラ郊外のチョル・バクルへ 3/9

 昨日はブハラの旧市街地を見たので、今日は郊外へ行くことにします。ただ、14時過ぎにサマルカンド行きの列車「アフラシャブ号」が出発するので、12時にはブハラ中心地には戻らねばなりません。

 

スィトライ・マヒ・ホサ宮殿やバハウッディンといった旧跡はありますが、今回はチョル・バクルという場所に行くことにしました。理由はチョル・バクルの別名がネクロポリス -死者の都-」だからです。めっちゃかっこいいですわぁ・・・。

 

チョル・バクルは旧市街の西側にある市場あたりのバスターミナルから出る、マルシュルートカに乗れば行けます。

というわけで、旧市街を横切る形で市場へ行きます。

f:id:harimayatokubei:20170518234823j:plain

途中で立ち寄った絨毯市場の絨毯が凄まじく大きくてビビる。

f:id:harimayatokubei:20170518234901j:plain

 

市場のバスターミナルは凄まじく雑然としていますが、なんとか目的のマルシュを探しましょう。確か107番だったと思います。そんなに遠くないのでタクシーでも良いかも。ただし、タクシーでいく場合は必ずチョルバクル前で

旧市街から悪路を30分ほど進むと、突如巨大な建築物が見えてきました。f:id:harimayatokubei:20170518235922j:plain

お、おおぅ・・・これは凄いですね。田舎町には似合わない巨大さです。早速、門番に7000スム払って中に入ります。

f:id:harimayatokubei:20170518235652j:plain

お~凄いですねぇ。郊外とは思えません。カラーンモスクに匹敵するような威圧感があります。ここだけで1つの街っぽいですね。

f:id:harimayatokubei:20170518235655j:plain

小さいミナレットもカラーンミナレットを小さくしたような趣ですね。

f:id:harimayatokubei:20170519003542j:plain

何故か孔雀がいます。イスラム教的に重要な動物なんでしょう、多分。

正面の豪壮な礼拝堂の背後には墓地が広がっています。

f:id:harimayatokubei:20170518235706j:plain

この墓地の部分がチョル・バクルが死者の都と呼ばれる由縁なのでしょう。有り体に言えば、豪華な集団墓地です。

f:id:harimayatokubei:20170518235756j:plain

ところどころにこういったモスク的な入口があります。これらはどうやら地元の有名人の墓のようです。荒れ具合から、おおよその古さが分かりますね。

全部見て回ってもせいぜい30分くらいでしたが、静寂に包まれた不思議な雰囲気は中々のものでした。墓場とはいえ、陰湿な空気ではなくただひたすらに静かな場所でしたね・・・。

f:id:harimayatokubei:20170519011631j:plain

↑孔雀は何匹もいました。境内をずっとウロウロしています。

 

門のすぐ外は集落が広がっています。

f:id:harimayatokubei:20170519012355j:plain

が、見てのとおり車はほとんど通りません!タクシーですらいないです。門番に「マルシュないの?」と聞くと「30分に一回は通るんじゃないかー?」とのことでしたので、待ちます。

すると、たしかに15分後くらいに行きに乗ったのと同じマルシュが来ました。来なかったら中々ピンチだったので良かった。

 

ブハラに戻って、改めてモスク群を見てから、いよいよサマルカンドへ行きます。

 

f:id:harimayatokubei:20170519210751j:plain

↑市場のとある商店の門扉がいい感じでした。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

 

 

 

 

こんどこそブハラ観光④ 3/8

代表的な名所を巡り、遊園地で遊んだ我々は旧市街の散歩に行きました。

 

まずは、アブドゥーラ・ハン・メドレセとモダリ・ハン・メドレセです。

f:id:harimayatokubei:20170513190952j:plain

f:id:harimayatokubei:20170513191352j:plain

このメドレセは向かい合って配置されています。良く見ると、正面のファザードのアスペクト比が違いますね。保存状態は比較的良好です。

どちらも鍵がかかっていたため、中には入れませんでした。また、観光客も皆無です。

 

旧市街の更に奥に入っていきます。

f:id:harimayatokubei:20170513191520j:plain

 

次に行ったのはホッジャ・カズィヤン・メドレセです。

f:id:harimayatokubei:20170513192147j:plain

一見するとボロいですし、実際に崩壊が始まっています。目の前の道が狭いので、前景を撮影できませんでした。タイルは張られていませんが、表面のレンガを整えた形跡はありますね。

f:id:harimayatokubei:20170513191425j:plain

おそらくは四隅の物見台?もテラス部分より上が崩壊しています。やはり、構造上弱い部分なのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170513191417j:plain

扉の隙間から撮影した中もこんな感じ。最早使われている形跡はありません。モスクは地元の信仰として使われるけれども、学校であるメドレセは運営されることはもう無いのでしょう・・・。

廃墟オタクとしては申し分ないですがね!!

 

次に行ったのはトゥルキ・ジャンギ廟です。こちらは今までのメドレセとは違って、個人を祀った霊廟です。

f:id:harimayatokubei:20170513191407j:plain

f:id:harimayatokubei:20170513193517j:plain

タイル装飾はほとんど剥がれ落ちています。仮にこの装飾が独立直後になされたものであったとすると、20年ほどでほぼ剥がれ落ちる計算になりますね。やはり、タイルを貼り付ける、という手法は美観的には優れますが、耐久性はかなり低そうです。

f:id:harimayatokubei:20170513193504j:plain

ちなみにこの廟の奥にはドームがありました。扉は開いていましたが、吼えまくる犬がいたため已む無く退散しました・・・。狂犬病マジで怖い。

 

さらに次はガウクシャン・メドレセです。

f:id:harimayatokubei:20170513202638j:plain

一見するとカラーンモスクとミナレットのようですが、平屋建てですね。このメドレセも正面は綺麗ですが、側面は崩壊している・・・というか無いことが航空写真で確認できます。

敷地はちゃんとあることから、元々は中庭形式の一般的なメドレセでしたが、ソ連時代に一部が崩壊→独立後に修復するも予算不足で崩壊部分はほったらかし、という流れではないでしょうか。

f:id:harimayatokubei:20170513203627j:plain

f:id:harimayatokubei:20170513194048j:plain

ミナレットはカラーンモスクに本当にそっくりですね。とはいえ実物を見ると若干小さいです。

f:id:harimayatokubei:20170513194101j:plain

ちなみに反対側にはメドレセとラビハウズのような階段状の池もありました。

f:id:harimayatokubei:20170513191534j:plain

退勤後に酒を呑む地元民。メドレセ前で呑んでもいいんかい。

 

最後は名も無きメドレセです。

f:id:harimayatokubei:20170513204229j:plain

非常にゴツい外観です。現役時代はさぞかし多くの学生がいたのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170513191543j:plain

朽ち果てつつあるメドレセが舗装された道路にある光景は中々印象深いものでした。

 

本日の観光はこれで終了です!まだ見ていない遺跡もありますが、明日でいいでしょう。

 

夕食は昨日と同じラビハウズ前のレストランで。

f:id:harimayatokubei:20170513204617j:plain

やはり美味しい。生たまねぎが良いアクセントになっています。

 

もう遺跡でお腹いっぱいですね!久々に旧市街を満喫しました。街を歩いていると頻繁にモスクやメドレセと出会えます。往時は今とは比較にならないほど沢山あったのでしょうが・・・諸行無常をひしひしと感じた一日でした。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

こんどこそブハラ観光③ 3/8

次に行くのはチョシュマ・アイユブという場所です。

f:id:harimayatokubei:20170512181631j:plain

ここはモスクではなく、ヨブという聖人が杖で地面を叩いたら水が湧き始めたという伝説がある泉です。弘法大師も似たようなことしていますね。

f:id:harimayatokubei:20170512182145j:plain

で、それがこの泉です。結構な人が訪れていました。この辺は極端な乾燥地帯ではありませんが、それでも水は大切なのでしょう。

ちなみに中には水利に関する展示があります。中でも気になったのはこれ。アポロチョコのような外観のこれは水を冷水のまま保存していた冷蔵庫のようです。

f:id:harimayatokubei:20170512182606j:plain

ん・・・?どこかでみたような気が??

f:id:harimayatokubei:20170405191926j:plain

イランで見たこれじゃん!!!

ちょっと形は違うようですが間違いなくこれです。まさかここで正体が判明するとは思いませんでした。

 

次に行くのはイスマイール・サマーニー廟です。

f:id:harimayatokubei:20170512182204j:plain

この建築の何が凄いかというと、中央アジア最古の建築である点です。ドーム屋根は後世と共通していますが、壁面は積み木細工のようになっていて雰囲気がかなり異質です。

f:id:harimayatokubei:20170512182216j:plain

屋根の精密さは相変わらず凄まじいですね・・・。

f:id:harimayatokubei:20170512182246j:plain

壁のレンガがやや欠けているのは、数世紀以上に渡って砂に埋もれていたからでしょう。小さいのですぐに見終わりますが、中々不思議な雰囲気の建物でした。

 

この辺りは公園になっており、池や遊園地があります。

折角なので観覧車に乗ってみました。日本のと違って開放感がありますね!!

f:id:harimayatokubei:20170512183427j:plain

f:id:harimayatokubei:20170512190101j:plain

うおっ!!!怖えぇwwwwwwwww重心がずれると簡単にグラグラするので、見た目の割りにスリリングです。私以外の2人は立ち上がることもできませんでした。

f:id:harimayatokubei:20170512182300j:plain

f:id:harimayatokubei:20170512190357j:plain

遠くには今まで行った観光地が見えます。ミナレットを良く見ると観覧車より高いんですよね。昔は死刑囚を落として殺害していたようですが、納得の高さです。

他にもジェットコースターのようなアトラクションがありましたがスルーしました。

 

次に行ったのは動物園です。

f:id:harimayatokubei:20170512190311j:plain

うーむ、みるからにボロいですね。ただの廃墟にしか見えないのですが入ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170512182321j:plain

ラクダですね。別に珍しくはないなぁ。他にもガチョウなどがいましたが、別に面白くもないので帰ろうとしたら、管理人とおぼしき男性に声を掛けられました。

彼曰く「奥にはもっと凄い動物がいる」「10000スムだ」とのこと。凄い動物がどのくらいかは教えてくれませんでしたが、たかが10000スム(=150円くらい)くらいどうってことないので行った見ました。

 

最初に現れたのはライオンです。

f:id:harimayatokubei:20170512182325j:plain

ライオン!?!?

物凄く驚きました。まさか廃墟寸前のこの動物園にライオンがいるとは完全に予想外です。

f:id:harimayatokubei:20170512182331j:plain

他にもクマ

f:id:harimayatokubei:20170512182340j:plain

オオカミなどがいました。

まさか本当に凄い動物がいるとは・・・・・・。疑ってすみませんでした。ただ、暗い檻に閉じ込められていた動物達は日本の動物園と比べてちょっと可哀想です。とはいえ、改善されることはほぼあり得ないでしょうね・・・。

 

この時点で、ブハラの有名観光地はほぼ行きました。しかし、観覧車からは旧市街地にいくつかのモスクっぽい建物が見えました。この後は、そうしたガイドブックに載っていない場所にいってみます。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく