転がる五円玉

新米社会人のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

2019年2月イスタンブール旅行記:海の城壁と

起床して外を眺めると相変わらずの曇り空。相変わらずの冴えない天気だが、昨日よりは天候が回復するらしい。連日寒空の下で歩き回っているのでそろそろ風邪を引きそうな雰囲気さえでてきました。

 

夕食を食べたバルカンロカンタで朝食を摂ります。が、適当にスープが何故か不味い。トルコ料理は全部美味しいと思っていたのですが、こういうこともあるのですね。

口直しに焼きとうもろこしを食べます。

f:id:harimayatokubei:20190602214707j:image

街の広場にはこのような焼きとうもろこしスタンドが至る所にあります。顔が汁だらけになる事を除けば旨いし安い。イスタンブールでは小腹が空いたらとうもろこしですね。

さて今日は城壁沿いの各所をめぐります。城壁沿いは市街地の周縁部なので交通のアクセスが悪く、治安も怪しい地域が多いです。昨日よりも緊張感を持って巡ります。

 

海の城門

エミノミュからバスを使って金角湾沿いを西に行きます。分かりにくい位置ですが、最近はGoogleMapがバスの時刻まで正確に教えてくれるので非常に助かります。

まず訪れたのはこの門。金角湾沿いの「海の城壁」にあります。コンスタンティノープルは陸の城壁が最も巨大でしたが、海沿いも城壁がありました。現在でも結構現存しています。
f:id:harimayatokubei:20190611222249j:image

この何の変哲も無い門は、とある歴史的な出来事の舞台です。

f:id:harimayatokubei:20190602214632j:image

脇の看板には、西暦1453年の5月29日にブルサ出身のセベ・アリベイが門を突破した事が記されています。東ローマ帝国が滅んだまさにその日に、この門からトルコ人が入ったという事です。

実際のところ、都市の陥落は混乱するのでこの看板の記述が正しいかは分かりません。しかし、大理石に金箔が貼られたこの碑がある事は、トルコ民族の輝かしい歴史としてイスタンブール市民が誇りに思っていることを証明しているかのようです。

 

薔薇のモスク

次は城壁の内側に入ってギュル・モスクに行きます(ギュルとはトルコ語で「薔薇」の意味)。ビザンツ時代は聖テオドロス教会という名前でした。城壁の内側のやや上がった場所にあります。

下町にあるので全景を撮るのが非常に難しい。というか不可能。ご他聞に漏れず真ん中にドームがあるはずなのですが、全く見えません。
f:id:harimayatokubei:20190602214640j:image

壁面上部の階段状の部分がオスマン建築っぽい雰囲気です。実際、このモスクは幾度も修復され続けたためオリジナルの建物は土台部分だけのようです。

9時前という微妙な時間なので入口が閉まっていましたが、通りがかりの老人に開けてもらいました。ありがたい。

 

内部は予想以上の大空間になっています。天井が高い!地味な外観と堂々とした内部のギャップはビザンツ建築の十八番のようですね。

そして暗い。天井あたりは薄暗くて何も見えません。窓が少ないような気がします。
f:id:harimayatokubei:20190614211933j:image

入口反対側だけに副ドームがあり、若干の広がりを感じます。大ドームを支えるアーチが非常に太くてカレンデルハネ・モスクを思い起こさせられます。

左右には柱の向こうに廊下があります。左右は壁が直接外に接していないので、そのへんだけはアヤソフィアのような感じもします。
f:id:harimayatokubei:20190602214654j:image

装飾は全体的に綺麗なのですが、手入れがあまりなされていないのでかなり剥げてしまっているのが残念です。大きめのモスクですが、下町にひっそりとあるため観光客も来ないのでしょう。案内板もありましたがかなり古びていました。
f:id:harimayatokubei:20190602214710j:image

内部構造は本当に立派なのでこのまま朽ちるのは惜しい!でもアクセスが悪すぎる・・・・・・。

引き続いて城壁を西に向かいつつモスクや教会を巡ります。

 

今回訪れた所

goo.gl

goo.gl

 

つづく

2019年2月イスタンブール旅行記:ファーティフ・モスクとマルキアヌスの円柱

ゼイレックモスクから西に5分ほど歩くと、スレイマンモスクに匹敵するような大モスクが目に入ります。

ファーティフ・モスク

これはファーティフ・モスクです。ファーティフとは「征服者」の意で、コンスタンティノープルを征服した「征服王メフメト2世」を記念したモスクです。1463年に建築開始されというイスタンブール最古級のモスクでしたが、構造的な欠陥が元で1766年の地震で全壊してしまいました。そのため、現在の建物は771年完成のものです。

f:id:harimayatokubei:20190528201340j:image

外見はスレイマンモスクと殆ど変わりませんが、副ドームが4つある点が異なります。周囲の石畳も綺麗に保たれており、清潔感があります。

内部空間は非常に明るくなっています。シナンが作ったモスクよりも窓が大きくなっているためでしょう。
f:id:harimayatokubei:20190528201424j:image

細部の装飾も非常に洗練されており、ゴテゴテした雰囲気は全くありません。四方に副ドームがあるため、かなり広々とした印象です。大ドームの大きさはスレイマン・モスクよりも小さいのですが、こちらの方が広いように感じられます。

窓は色鮮やかなステンドグラスになっています。これは西洋の影響を受けたものだと思われます。
f:id:harimayatokubei:20190528201355j:image

建築学的には1500年代のシナンから全く進歩が見られないため、学術書ではスルーされがちのモスクです。実際、これまで見てきたモスクの模倣を色濃く感じます。

しかし、内部の装飾は時代を経ただけあって、完璧に近い印象です。ミマール・シナンが作り上げた建築技法とオスマン帝国後期の成熟した文化を感じられる大変素晴らしいモスクでした。

モスクの外に出ると晴れてきました。やはり白いモスクは青空が似合います。
f:id:harimayatokubei:20190528201403j:image

 

ルキアヌスの円柱 

ファーティフ・モスクから大通りを渡って南に5分ほど歩くと小さな広場に出ます。普通の住宅街のど真んに古ぼけた円柱があって驚きです。これは「マルキアヌスの円柱」です。

ルキアヌスは450年前後の東ローマ帝国の皇帝で、絶賛崩壊中の西ローマ帝国を完全に見捨てて東の守りを固めた皇帝です。評価が分かれそうですね。

コンスタンティノスの円柱よりも大分小さいのですが、コリント式の装飾は比較的良く残っています。

f:id:harimayatokubei:20190528201359j:image

キリストのモノグラムを形どったラバルム(ローマ軍の紋章)も薄っすら残っています。
f:id:harimayatokubei:20190528201337j:image

ラテン文字が彫られていますが全く読めない。ちなみにこの円柱は下に写っている勝利の女神からトルコ語では「乙女の塔」と呼ばれています。
f:id:harimayatokubei:20190528201412j:image

設置当時はマルキアヌスの像が頂点に乗っていたようです。
f:id:harimayatokubei:20190528201428j:image

円柱自体は地味で有名な観光地ではありません。しかし、市街化の波に呑まれずに1500年前の記念碑がこうして屹立している風景はイスタンブールの歴史の深さを象徴しているかのようです。

 

教会の遺跡とヴァレンス水道橋

円柱から少し北に向かうと大通り同士の巨大交差点近くに、謎の遺跡があります。
f:id:harimayatokubei:20190528201407j:image

これはポリュエウクトス教会の跡地です。これまでの教会と違って跡形もありませんが、これは第四次十字軍による占領後に放棄され、オスマン帝国の占領時には荒廃していたためのようです。

ちなみにこの教会ものと思われる柱がヴェネツィアに現存しています。

www.thebyzantinelegacy.com

「つい最近まで野放図だったけど、最近柵を作ってみました。」的な柵が周りにありますが、整備したとしてこんな遺跡に観光客は来るでしょうかね?

 

南北に走る大通りからはヴァレンス水道橋が見えます。
f:id:harimayatokubei:20190528201345j:image

思ったよりも大きい!!橋脚の間を車が次々に通り抜けていく様は一見の価値ありです。・・・・・・橋脚の幅がバスより小さかったら取り壊されていたかもしれませんね。

上の写真から気が付いたかと思いますが、雲行きが明らかに怪しい。風も吹いてきたのでトラムに乗って帰ります。

 

帰宅して夕食

さて、疲れたし帰るか、と思ったらいきなり雹が降ってきました!!これにはトルコ人も大慌て。さっきまで晴れていたのにー!!

 

ほうほうの体でシルケジにある宿に戻りました。しばらく昼寝してから、宿の主人に教えてもらったバルカン・ロカンタという飯屋に行ってみます。

店内は学食のような感じでトレーを持っておかずをチョイスしていくスタイルでした。ここが大当たり!全部美味い!!それにこれだけ食べて値段も500円!!!

f:id:harimayatokubei:20190528201431j:image

物価の高いイスタンブールでこれは驚異的です。今後もここに通うことになりそうです。

本日はこれで終了。寒風と冷たい雨が吹きすさぶ一日でした。まだ9時ですがゆっくり休んで明日に備えます。

 

今回のネコはファーティフ・モスクで。あまりの寒さで手足が完全に格納されています。
f:id:harimayatokubei:20190528201417j:image

 

こちらもファーティフ・モスクで。……なんか怒ってるような雰囲気。
f:id:harimayatokubei:20190528201348j:image

 

今回訪れた所

 

goo.gl

 

goo.gl

 

goo.gl

 

goo.gl

 

goo.gl

つづく

harimayatokubei.hatenablog.com

2019年2月イスタンブール旅行記:穴場感あふれるゼイレック・モスク

レイマンモスクの偉大さを堪能したので次に行きます。

ローマの7つの丘になぞらえて、イスタンブールにも7つの丘が設定されています。

f:id:harimayatokubei:20190524224528j:plain

三角形は丘を図案化したものです

アヤソフィアがあるのは第一の丘、スレイマンモスクがあるのは第三の丘で、次に行くのは第四の丘です。

第三の丘を下って谷底へ行きます。

f:id:harimayatokubei:20190519171006j:image

この辺りは下町感が強く出てきます。いかにも中東の都市という雰囲気です。

途中の崩れた壁には謎のパイプが埋まっていました。謎だ。
f:id:harimayatokubei:20190519171021j:image

 

かつての大修道院 ゼイレック・モスク

大通りを潜って、もう一回坂を登ったらゼイレック・モスクに着きました。雰囲気で分かりますが、ビザンツ帝国時代の建築です。その頃はパントクラートル修道院と呼ばれていました。

実はビザンツ建築としてはイスタンブールで2番目に大きいものです(1番はご存知アヤソフィア)。
f:id:harimayatokubei:20190519171002j:image

写真は西側にある入口から撮影しています。ドームがいくつもあり、ごちゃごちゃした印象を受けます。というのも、この修道院は初めは2つの建物でしたが、後で真ん中に礼拝堂を作ることで合体したためです。1118年から1150年にかけて南→北→真ん中の順番(この写真だと右→左→真ん中の順)で建造されました。

入口からはいりますと、横長の廊下にまずは出ます。さっそく柱頭に十字架発見!

f:id:harimayatokubei:20190519170944j:image

扉を潜るとまずは南側のドームの下に出ます。カレンデルハネ・モスクと同じようにアーチの幅が非常に広いです。縦方向に細長くてドームがはるか頭上にある印象を受けます。
f:id:harimayatokubei:20190519170959j:image

柱が円ではなくて不思議な形をしており、洗練された印象を受けます。

横を見ると、隣にある礼拝堂2つが見えます。窓がところどころ変な形をしているのは増築したためでしょうか。
f:id:harimayatokubei:20190519171027j:image

 

真ん中の礼拝堂のドームを見ると歪みっぷりがすごい。これも増築のせいなんですかね??
f:id:harimayatokubei:20190519170952j:image

一番北の礼拝堂も始めのと同じような雰囲気です。どこも縦に細長いので建物の大きさの割りに床面積が狭い印象です。

f:id:harimayatokubei:20190523231438j:plain


途中にある扉の上をよく見るとアーチが埋められています。

f:id:harimayatokubei:20190519171017j:image

 20分くらいで中は全部見終わりました。

モスクの外はカフェになっており、非常に眺めがいいです。スレイマンモスクがよく見える!ゼイレックモスクで最も素晴らしいのは間違いなくここです。
f:id:harimayatokubei:20190519171009j:image

この眺めを見るためだけでも来る価値はあるかと思います。

入口の反対側からモスクを見ると、建物が合体している様子がよく分かります。
f:id:harimayatokubei:20190519170955j:image

眺めは良いし、歴史もある。中々いいモスクだと思います。かなりの穴場なので是非訪れてみて下さい。

 

おまけの小さいモスク

ゼイレックモスクから北西に少し歩くと八角形に小さいモスクがあります。
f:id:harimayatokubei:20190519170940j:image

これもビザンツ時代の建築です。ただし文献が無くてその時代の用途はよく分かっていません(埋葬地だとか図書館だとか)。可憐さは全く感じられず、ただただ頑丈そうです。

一般公開はしていませんが、偶然にも中から人が出てきたので写真を撮らせて頂きました。

f:id:harimayatokubei:20190519170948j:image

見ての通り中は薄暗いです。外から見ると下から四角→八角→屋根となっているのですが、中からは八角形にしか感じられません。
f:id:harimayatokubei:20190519171031j:image

う〜む、やっぱり暗い……。それに装飾も大変地味です。観光地っぽさは全くありませんが、ゼイレックモスクから徒歩3分くらいなので訪れるのもアリです。


この辺も猫は多いのですがガッツリ警戒されました。……観光客が少ないからでしょうか。
f:id:harimayatokubei:20190519171035j:image

 

今回訪れたところ 

goo.gl

goo.gl

つづく

harimayatokubei.hatenablog.com

第8回シンデレラガール総選挙:各アイドルの順位に関する考察

いや〜とうとう第8回シンデレラガールズの結果が発表されましたね!総選挙が始まったあたりにエラそうな講釈付きで予想記事を立てた手前、結果の考察をしない訳にはいかないだろうと思ったので、なぜその順位になったか、と次回の選挙について考察しました。

 

1位  本田未央

予想1位  

あまりにも予想通り。次回以降は10位以内残留が目標となるが、安倍菜々ですら圏外落ちした現実を踏まえると、正直難しいだろう。30位前後に収まるのではないか。

 

2位  北条加蓮

予想2位 

こちらも予想通り。次回はほぼ間違いなくシンデレラガールになるだろう。

 

3位  夢見りあむ

予想8位 

高順位は予想したいたが、まさかの3位。色んな意味で話題をかっさらった奇跡の神アイドル。今回の順位は新アイドルだからではなく、夢見りあむだから成し遂げられた。

一見すると台風の目のようだったが、実はそうではない。りあむに投票した層は他アイドルとかなりの差異があると思われる。そんな風に他アイドルとは土俵がそもそも違うので、自分の担当が不遇なのはコイツのせいだ!というのはちょっと的外れだろう。

 

4位  遊佐こずえ

予想11位 

ボイス獲得は難しいかと思いきや、あっさりキュート1位を獲った。無ボイスアイドルの担当Pがかける、声への想いは予想以上に強かったのである。次回以降は圏内入りが目標となる。

 

5位  佐城雪美

予想6位

ほぼ予想通り。ボイス獲得に近いアイドルの強さを改めて感じる。こずえと境遇が近いので、こちらも次回以降は圏内入りが目標となる。

 

6位  一ノ瀬志希

予想5位

ほぼ予想通り。浮動票を除いた純粋なアイドル人気としては相変わらずトップクラスである。次回では可蓮の有力対抗馬となるだろう。

 

7位  鷺沢文香

予想3位

予想より低い順位。そろそろデレステで新曲が欲しい頃合いである。今回は順位をやや落としたが、無ボイス勢に押されただけで、絶対的な人気が下がった訳ではないと思われる。

 

8位  佐久間まゆ

予想4位

予想より低い順位。文香とほぼ同じ状況だろう。

 

9位  ナターリア

予想29位

順位を上昇させる事は予想していたが、まさかTOP10に入るとは思わなかった。これは、中盤のスネークPは全く予想できなかったためである。こういう事があるから総選挙は面白い。ナターリアは地味に総選挙圏内の常連であったので、Pは万感の想いなのではないか。

ただし、同じような境遇だった鷹富士茄子は今回は圏外である。次回以降が真の正念場だ。頑張れ

 

10位 的場梨沙

予想19位

ボイスまで本当にあと一歩であった。もしも、次回までボイスが付かなかった場合は、TOP5入りも狙える位置につけたと言える。ただし、U149で出番が多いため既に運営が声優のオーディションを始めている可能性もある。

 

11位  高垣楓

予想7位

第2回以来TOP10にいたがついに陥落した、してしまった。無ボイス勢に押し出された形だが、志希や文香と言った最上位層からは徐々に離されている印象がある。このまま徐々に落ちていくのか、最上位勢として復活を果たすのか、動向が興味深いアイドルである。

 

12位  工藤忍

予想16位

概ね予想通り。次回は確実にボイスを獲得する位置にいる。

 

13位  緒方智絵里

予想17位

概ね予想通り。智絵里Pの意思が岩盤のように硬い事がよく分かった。ここ数回は漸減傾向にあっただけに、今回で13位になれた事は大変に大きい。

 

14位  浅利七海

予想33位

予想よりもかなりの高順位になった。個人的にはニコマスでのイメージが強い。ある意味ではすごくデレマスっぽいアイドルだと感じる。次回はほぼ確実にボイス獲得するだろう。

 

15位  高森藍子

予想25位

予想よりもかなり高い。15位という高順位になった原因が全く分からない。敢えて言うとすれば、今回はパッションが非常に強い総選挙だったので、その流れに乗ったからだろうか?

 

16位  神谷奈緒

予想15位

ほぼ予想通り。次回以降も同様の順位を維持するだろう。

 

17位  速水奏

予想12位

概ね予想通り。次回以降は20位以内に入れるかが焦点となる。

 

18位  双葉杏

予想9位

相当に順位が落ちた印象。智絵里のように踏ん張れないとかなり辛い。

 

19位  輿水幸子

予想10位

こちらも相当に順位が落ちた印象。ちなみに前回も幸子と杏は並んでいた。仲が良いな・・・・・・。

 

20位  松本沙理奈

予想 圏外

今回最大のダークホース。順位を上げた要因ははっきりしている。ブルーナポレオンで唯一のボイス無しだからである。これまでの総選挙ではブルナポはあまり注目されてこなかったが、6th効果で一気に注目度が上がった。

次回は鷺沢文香を超えられるかが焦点となる。壁はかなり高いが、SSRの実装などが重なれば勝機はある。

 

 

以下は興味深いアイドルのみコメント

33位  藤原肇

予想 圏外

前々回3位、前回50位とギリギリで踏みとどまったら、今回は33位と安定した順位になった。超高順位→燃え尽きて圏外という例が多い中で復活を果たした事は大きい。Sunshine see mayのお陰か?

次回も30位台を維持するのではないかと思われる。

 

圏外 安部菜々

予想15位

予想を最も外したアイドル。前述の超高順位→燃え尽きて圏外を見事に踏襲してしまった。周子と同じパターン改めてCG獲得後に7位になっていた楓の凄さを再認識する。次回で50位以内に復活できるとは思うが、かつてのように上位常連は難しいのではないか。

 

45位 池袋晶葉

予想47位

最近の晶葉担当Pの盛り上がりをみるに圏内入りはありえると思ったら、本当に圏内入りした。特にポジティブ要素が無い中でこの成果は純粋にP活動の成果である。こうした事例はあまりない。かなり凄い。ちょっと自分も興味を持った。

 

総評

 今回は上位でのパッションが目立った。TOP10にパッションが4人いる事は第1回以来の事で、第2回でパッション最高が12位という散々な状況から大いに復興したと言える。ただし、パッションが20位台に1人、30位台にも1人という中間層が薄すぎる状況は変わっていない。次回以降もその勢いを維持できるかは疑問視せざるを得ない。

 また、新陳代謝が上がって無ボイスアイドルのチャンスが著しく拡大した総選挙だった。前回の総選挙ではTOP10に無ボイスは鷹富士茄子だけだったが、今回は5人もいる。これは「ボイス無し」に対する浮動票の集まりが強まっているためだろう。ツイッターなどを通じたボイス無しアイドル担当Pの活動が結実し始めたように感じる。次回以降もボイス無し勢の躍進が期待できる。

 一方で、これまで総選挙常連だったアイドルですら圏外落ちするような時代が到来しつつあるように感じる。アニメ放映から4年経ち、アイドルの人気も大いに変化し始めたという事だろう。これまでの総選挙常連だからと言って油断はできない。

 

と、いう訳で今回の総選挙についてつらつらと考察してみました。総選挙は最初期の純粋な人気投票としての性格がだんだん薄まって、反対にボイス獲得の場としての意味合いが強まったような気がします。

私個人的には相当面白い結果だと感じていますし、無ボイス担当の諸兄は大いに勇気付けられたのではないでしょうか。

個人的には次回は岡崎パイセンかイブあたりが50位入りすると思うんですが、皆さんはどう思いますかね?

 

最後に私の予想と結果の比較です。

f:id:harimayatokubei:20190520233740j:plain

まぁ、8割がた当たったのではないでしょうか?次回も予想していくのでその際にはどうぞよろしく。

 

おわり

2019年2月イスタンブール旅行記:スレイマン・モスク

レイマン・モスクは大きい

カレンデルハネ・モスクから北を望むと、アヤソフィアに匹敵する大きさのスレイマン・モスクが見えます。

金角湾に面した丘に建っているため、ガラタ塔からもよく見えました。アヤソフィアやブルーモスクが有名ですが、こちらも街のランドマークとして非常に目立っています。

f:id:harimayatokubei:20190516212236j:image

写真の左側に見えているモスクがスレイマンモスクです。

 

近くまで来たのですが、デカい……。外からでも容積の大きさがよく分かります。外見がごちゃごちゃしたアヤソフィアと違い、すっきりとした外観です。

f:id:harimayatokubei:20190512221944j:image

非常に立派なモスクなので中庭も完璧に保たれていますが、あまりに綺麗なので床が滑りやすい!
f:id:harimayatokubei:20190512221928j:image

中庭からは大ドームを頂点としたモスクが望めます。巨大なミナレットを左右に従えているかのような構成です。
f:id:harimayatokubei:20190512221936j:image

 

統一感ある内部構造

 中には予想通りの大空間が広がっています。前後の副ドームと左右の巨大なアーチという構造はアヤソフィアと全く同じですが、こちらの方が単純明快な感じを受けます。
f:id:harimayatokubei:20190512221955j:image

シェフザーデ・モスクもそうでしたが、とにかく柱の存在感が薄いです。一階には回廊もありません。モスク全体を1つの空間にするという確固たる意志を感じます。

また、窓の配置も印象的です。大ドームだけではなく副ドームや壁の窓も輝いており……非常に明るくなっています。
f:id:harimayatokubei:20190512221940j:image

多くの窓からは陽光が差し入り、漆喰の塗装は白く輝いています。明るいですが、巨大なドームによって重厚感も併せ持っています。
f:id:harimayatokubei:20190512221932j:image

築500年近い建物なのに古さを全く感じません。

壮大にして明解なこのモスクはオスマン帝国の最盛期を現出させた偉大なスレイマン大帝を想起させるのに、十分すぎるほどのインパクトがありました。間違いなく訪れる価値があります。

 

モスクの庭からは金角湾が見渡せます。ガラタ塔も見えていますね。
f:id:harimayatokubei:20190512222000j:image

 

モスクの近辺には王室の霊廟がありましたが、こちらは凄さを感じられなかったのでスルー。墓場のベンチは猫の溜まり場になっていました。この時の気温は8℃!2月のイスタンブールはまだまだ寒いです。
f:id:harimayatokubei:20190512221950j:image

 

今回訪れた場所

goo.gl

つづく

harimayatokubei.hatenablog.com