転がる五円玉

旅行や登山の記録を書いていきます!不定期更新 同人誌通販はこちら! https://korogaru5coin.booth.pm/

シンデレラガールズ7thライブ 大阪公演の感想だヒャッハー!!

2020年2月15日、16日に京セラドームで開催されたデレ7th大阪公演の感想です。正直記憶が飛びまくって感想になってるか怪しい部分も多いですが、どうぞご覧ください。

f:id:harimayatokubei:20200218221228j:image

なお、セットリストの出典はアイマス通信さんです。

 

1.ガールズ・イン・ザ・フロンティア(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

「開幕ガルフロあるのでは?」「いやでも5人で歌う曲だしなぁ」みたいな話を連番者と話していたら開幕で流れて死ぬほど驚きました。

これがまた始まり方が良い。幕が上がったままのステージからバンドの「ジャジャーン!ダン!ダン!ダン!!」という音が流れて、すごい音圧だぁと思っていたらそのままキーボードとドラムでガルフロのイントロに入って、バン!という爆音と共に幕が降りて主旋律へ。この瞬間的に盛り上がる感じは生バンドでしか出せない。

2日目は幕にFINALと大写しになって更に盛りあがりました。こういう演出は憎いね!


2.Unlock Starbeat(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

ガルフロで大盛り上がりになってから連続で主題曲へ。個人的には

刻めunlock starbeat

のあたりでドラムだけになる辺りが非常に好きです。

また、2番の

どんな時も ココロにロックをかけないで

の歌詞が最高すぎて死にかけました。Twilight Skyの「鍵かけた放課後〜」に掛かってると思うので、フルだと多田李衣菜パートになります。多分。


3.Lunatic Show(朝井彩加、桜咲千依、金子真由美、松田颯水

さて実質的な1曲目は……ルナショだぁぁぁぁ!!しょうこめを軸にしたパート分けが素晴らしい。間奏で松田颯水さんが「トモダチ オンザステージ!!」って叫んでたのめっちゃ良くないですか?良かった……。

会場のボルテージを一段階上げていく良選曲でした。


4.美に入り彩を穿つ(立花理香、ルゥティン)

この曲というよりは、美彩を前座扱いするこのライブが凄いという話です。いつも通り盛り上がりましたね。


初日5.Spring Screaming(嘉山未紗田澤茉純、新田ひより、原紗友里

パリラ、パッション! 個人的には1番のBメロからサビに入るあたりが好きすぎる。

贅沢な話ですが、雨が降っていた2日目に披露だったら更にエモかったかもしれません。

 

2日目5.Virgin Love(金子真由美、原優子)

全体的に保守的なメロディではあると思うんですが、それがまたノーティギャルズの雰囲気に合ってて良いのです。

ツイッターを見るとハイタッチをしていたようなのですが、高まりすぎて全く覚えていないのが残念。ディレイ待った無し。


6.OωOver!! -Heart Beat Version-(青木瑠璃子高森奈津美

予想通りのHeart Beat Version。ギターがギャンギャン鳴ってる中で*の力強い歌声が響くのが凄まじく良かった。

そして青木瑠璃子さんの足が長げぇ……。なんなんですかあのハイキックは。普段の


7.Nocturne(佐藤亜美菜東山奈央、花井美春、福原綾香牧野由依村中知、ルゥティン)

東山奈央さんはは勿論のこと、福原綾香さんの歌声と振付が印象的でしたね。特に1番Bメロの「夜の空 ただ見つめて 隣いて」で髪をゆったりと梳いていくあたりはヤバかった。


8.オウムアムアに幸運を(佐倉薫松井恵理子

イントロの ムォーーーーー の時点でガッツポ。神曲すぎませんかね。予想はしていましたが、まさかオリメンの2人だけとはびっくり。後のMCで佐倉さんが「『オウムアムアは……2人!?』と驚きました」と言っていましたが、観客も驚きです。

しかし、ステージの右半分で暴れまくるまつえりも凄いんですが、佐倉薫さんの歌唱力に度肝を抜かれました。歌唱力がガチすぎる。次は是非ともオリメンで歌って欲しいのですが、かなり難しそうなのが残念。

でも、2番Bメロのパン!パン!を誰もやってなかったのは納得がいかないのです。このパン!パン!は

速くもっと フルスロットルで

の後なのでアフターファイアーの音だと個人的には解釈しています。ならやっぱり必要だと思うのですよ……。


9.義勇忍侠花吹雪(嘉山未紗田澤茉純、新田ひより)

正直初日の時点では思ったほどではないなぁ、という感想でした。しかし、2日目はサイリウムの振りをBPM256に合わせるとバチクソに高まれました。この曲に関しては是非ともSSR衣装で歌って欲しいですね。今後の期待も大です。


10.Gaze and Gaze(東山奈央、花井美春)

イントロでミリオンの某曲に似てると思い頭の中が????になった訳ですが、モニターに曲名が映し出されて新曲だと分かりおったまげました。

拳合わせる演出、憎い!!初日に宿に戻ってシンデレラガールズ劇場40話から第23回アイドルLIVEロワイヤルまで読み、そして2日目に拳を合わせる光景を見たら、ちょっとうるっと来てしまいました。我ながらオタクは本当にちょろいな……。


11.生存本能ヴァルキュリア佐倉薫佐藤亜美菜洲崎綾、関口理咲)

関口理咲さんが「暇じゃないの私」と低音で歌い上げる所が良かった。声量がどんどん上がっていく独特の感じが癖になるのです。

死ぬほどどうでもいいのですが土曜の京都6Rでヴァルキュリアという馬が1着になったことから、生存本能ヴァルキュリアを予想したオタクがいたとかいないとか。


12.Trust me(青木志貴朝井彩加、桜咲千依、原紗友里牧野由依三宅麻理恵渕上舞

今回の公演の三宅麻理恵さんはどちらかというとサポートに徹してた印象でしたが、この曲はガッツリとリードしていましたねぇ。ウサミミを付けながら鬼気迫る表情で歌い上げる姿は忘れられません。また、1番Aメロのパート分けが総選挙順位の安部菜々本田未央北条加蓮佐久間まゆの順になっており、やっぱり総選挙曲はこうでなくちゃな!と強く思った次第です。

それにしても曲調的に生バンドだと非常に映えており、特に2番の小栢さんのベースが優勝ものでした。今回の公演で生バンドの恩恵を最も受けた曲だと思います。

あとこの曲を語るなら「今ここに火を付けろ発火!(火柱ドドーン!!)」も外せませんね!!初日はアリーナDだったのですが、思わず熱い!?ってなりました。2日目もベースに酔いしれていたら存在を忘れて普通に驚いてしまいましたwwww 。これはアリーナ前方で熱さを感じたかったですねぇ。


初日13.薄荷 -ハッカ-(渕上舞

生ピアノで薄荷……。アコギの演奏が心に染みましたなぁ……。

 

2日目13.Voyage(洲崎綾

Frozen tearsを身構えていたら洲崎綾さんが出てきて、滝澤さんのピアノがかかって……もうびっくりです。個人的にソロ2曲目では1番好きなので本当に嬉しかった。サビのメロディが特に良い。


初日14.in fact(佐藤亜美菜

3rd当時の状況を思い返すと、よくぞここまで……という気持ちですね。佐藤亜美菜さんが笑顔で歌っている姿が殊更に印象的でした。

 

2日目14.エヴリデイドリーム~マイ・スイート・ハネムーン(牧野由依

まさかのエブリデイドリームから、まさかまさかのマイスイートハネムーンへ。この曲はやはり曲変時の無音が印象的でしたね。完璧な無音のドームに、屋根が雨に打たれるサーーーー……という音だけが響いた瞬間は中々忘れられません。


初日15.Frost(内田真礼嘉山未紗松井恵理子

この曲の発表時に久々の蘭子参加曲だったので、蘭子担当として滅茶苦茶嬉しかったのをよく覚えています。内田真礼さんのキャラ声があまりに完璧でひたすら感動していました。

 

2日目15.夏恋 -NATSU KOI-(佐藤亜美菜千菅春香、ルゥティン)

CDで聴く限りは地味な曲という印象でしたが、生バンドで化けましたね。個人的にはベースが良かった。それに、Bメロのオーオオオーオオオーが素晴らしい。合いの手的なコールとは別の快感を感じました。

「夏恋でバイブス感じました!」と君が言ったから、二月十六日は夏恋-NATSU KOI-バイブス記念日。

 

初日16.White again(大橋彩香立花理香種崎敦美津田美波、ルゥティン)

2連続で冬曲!薄荷から続くバラードゾーンの落ち着いた雰囲気を徐々に上げていくいい選曲だと思います。

 

2日目16.Great Journey(大橋彩香原紗友里福原綾香

びっくりしすぎて記憶が無い。2番は無理やりコールを入れていた事は記憶しているのですが……。


初日17.夢をのぞいたら(中澤ミナ、星希成奏)

精一杯歌う中澤ミナさんと冷静に歌う星希成奏さんの対比が、非常にシンデレラガールズらしくて印象的でした。

 

2日目17.Sun! High! Gold!(中澤ミナ、原紗友里渕上舞、星希成奏)

これは失礼な話なのですが、曲名と演者がモニターに映し出された瞬間はかなりがっかりしたのです。というのも2番Aメロの

だいぶかかったよ

それでも咲いたんだよ

満開のひまわりが!

本田未央というアイドルの軌跡を象徴する、本田未央にしか歌えないパートだからです。最初期は人気が低迷して不憫だ不人気だと呼ばれ続け、ニュージェネでも1人だけ出遅れ……それでも原紗友里さんという声優や数々の良曲、ユニットに支えられて徐々に人気を上げていき、遂にシンデレラガールになった。この軌跡が前提にある故の、この歌詞なのです。雪美ちゃんでは重みが足りないし、りあむではギャグになる。

……と、めんどうな思考をしながら1番のコールをしていると、サビ終わりで壇上に2人上がってきたでは無いですか。誰かと思ったら原紗友里さんと渕上舞さん!?本当に夢か幻かと思いました。そして原さんが例のパートを歌い上げた訳です。

 もう文句などありません。掛け値なしに7thライブ全公演を通じて最高の瞬間でした。

 

今日はこの瞬間しかないし…だからいつも全力なの。なんてね

   [パーフェクトスター]本田未央 より

 


18.Palette(大橋彩香種崎敦美津田美波

もっと軽やかな曲だと思っていたのですが、生バンドのせいか思ったよりも重低音が効いていましたね。そしてバンドに負けないPCSのパフォーマンスも素晴らしかった。やっぱりユニットとしての強度が高い。


初日19.おんなの道は星の道(花井美春)

ライブ映えするし外さないだろうと思ったらやはり来ました。相変わらず歌唱力が天元突破していますね……すげぇ。個人的にはモニターが真っ赤っかで非常に印象的でした。

 

2日目19.Twilight Sky(青木瑠璃子高森奈津美

個人的にはデレマスで最も好きな曲です。そして今回の公演で一番求めていた曲。本当に夢にまで見た光景をいざ目の前にすると人って何もできなくなる事を痛感しました。

中合わせでラスサビを歌い上げる✳︎の姿は目に焼き付いています。


初日20.PANDEMIC ALONE(松田颯水

やっぱりこれがなくっちゃなぁ!!!腕が壊れるまでリウムを振りまくった曲です。

ニコ動にこの曲の創作譜面動画があるのですが、炎の演出がまんますぎて変な笑いが止まりませんでした。

 

2日目20.夢幻ノ救憐唱 ~堕チル星ノ調ベ~(内田真礼

この曲はこれまでの蘭子のソロ曲と違って、Pへの独白が無いのが特徴です。それでもね……分かるんですよ。内田真礼さんの歌声を通じて、蘭子の想いが……!それほどまでに完璧なキャラ声の歌声に圧倒されました。やっぱり一流の声優は違いますね。

私の目がクソ悪いせいかもしれませんが、心なしかステージに立つ内田真礼さんが神崎蘭子に見えましたねぇ。まぁ、Pなら一度は経験あると思います。

 


21.Max Beat(青木志貴種崎敦美千菅春香、新田ひより、村中知

前の曲から若干落ち着いた曲調に変わりました。ひたすらにクールで疾走感のあるメロディーがたまらん。


22.Fascinate(佐倉薫、関口理咲)

生バンドで化けに化けた曲ですね。佐倉薫さんのとんでもない歌唱力に、関口理咲さんの凄まじい音量、そして作曲者である睦月周平さんのギター!!

それに2人の表情がアイドルそのもので素晴らしかった。憑依してますよあれは……。

この2人は初登場時は界隈が荒れに荒れただけに、そういう意味で京セラドームで歌うのは若干の緊張もあったはずです。それでもあの完璧なまでのパフォーマンスですよ。なんというか、アンチの声をライブで黙らせるというのはアイマスの伝統ですねぇ。

非常にどうでもいいのですが、サイリウムの色が紅白で縁起良いなと思いました。


23.双翼の独奏歌(内田真礼青木志貴

滝澤さんがキーボードを鳴らした辺りで察しましたね。イントロがかかった瞬間の歓声は忘れられません。ダークイルミネイトの「「双翼の独奏歌」」で完全に昇天。

欲を言えば掛け合いの完成度がもう少し高ければなお良かったかもしれません。でも次にライブで流れるのはいつになるのだろうか……。


初日24.Rockin’ Emotion(青木瑠璃子、金子真由美、高森奈津美、原優子、三宅麻理恵

やはり来ましたね〜。木村夏樹と関わりが有るアイドルを集めて、逆に木村夏樹の存在を際立たせるいい人選だと思います。なんとなく多田李衣菜が先頭で、向井拓海しんがりで走り抜けていくイメージでした。

 

2日目24.毒茸伝説(花井美春、原優子、松田颯水

予想外の一曲。というのも2日目の松田颯水ソロは紅だと思っていたからです。そして面子を見て2度驚き。ジャンルの違う歌唱Vo力団をよくぞ……!

案の定、はちゃめちゃに盛り上がった訳ですよ。火柱もガンガン上がってまさに[マッシュアップボルテージ]でしたね。

f:id:harimayatokubei:20200218221338j:plain

あー……でも、これだけ燃えたし紅は無さそうだな……(と、この時はマジで思っていた)。


25.アンデッド・ダンスロック(桜咲千依、千菅春香

この曲のイントロが掛かるとジャンプしてしまうのですが、今回は流石に自重しました。やーそれにしてもドゥンドゥンという重低音が素晴らしい。これまた生バンドで大幅強化された曲でした。

一つ気になったのは2日目にあったカボチャのライトが初日には無かったような?昨日せいかな。


26.Absolute NIne(嘉山未紗佐倉薫、関口理咲、田澤茉純、新田ひより)

今回特にスポットが当たったユニット2組でのAbsolute Nine。つよつよソングをセンターで歌い上げる珠美殿がかっこ良すぎた。流石はCoのRアイドル最高の攻値だけある。


27.∀NSWER(朝井彩加洲崎綾高森奈津美東山奈央松田颯水三宅麻理恵

つよーーーーーい!!Absolute Nineでブチ上げてのこれ。サポートの面子も容赦なし。

東山奈央さんのソロパートがめちゃくちゃ良かったと思うのですが、記憶が飛んでて思い出せない……。残念。


28.Trinity Field(福原綾香渕上舞松井恵理子

特殊イントロからのTrinity Field。最早この2曲は一心同体ですね。個人的にはQUEENwe will rock you と we are the championみたいなものだと思っています。2番のBメロは3人で向かい合って歌うフォーメーションでかなり驚きました。というのも福原綾香さんと松井恵理子さんは観客に背を向ける形になるからです。しかしだからこそ良いのである。


初日29.HOT LIMIT大橋彩香

めちゃくちゃ会場が暖まってからのこれ。申し訳ないのですが大橋彩香さんが歌い始めて初めてHOT LIMITだと分かりました。なんというかブチ上がるというか、笑顔でワイワイするような雰囲気になったのが印象的でした。

しかし今思うと7thでの島村卯月のソロ曲はHOT LIMITだけだったんですねぇ。ロックだ……。

 

2日目29.紅(松田颯水

説明不要の超有名楽曲。毒茸伝説とすべて∀Nasser があったので、当然無いものだと思っていました。イントロが掛かった瞬間はとても信じられなかったのですが、5列前くらいの観客がURでXを掲げており確信。

イントロをバックにじんわりと響く「I could not look back, you'd gone away from me……」。最早この時点でボルテージマックスです。これでサビに入ったらどうなってしまうんだ!?

やがてイントロが終わり、訪れる無音。モニターに大写しされる松田颯水さんの震える手と口元。………………。全ての観客が息を呑み、そして、耳に届く「紅だァァァァァァァアアア!!!」

間違いなくこの公演で最も高まった瞬間でした。ここまでお誂え向きの完璧なシチュエーションは二度とないでしょう。あぁ……最高だった!


30.純情Midnight伝説(金子真由美、立花理香千菅春香津田美波、原優子、村中知

紅で完全に燃え尽きたと思いきや再点火させられた感じ。こういう曲にしては遅めのBPMが体に心地良い。


31.EVERMORE(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

やはり歌詞がひたすらに良い曲ですねぇ。4thの感動を思い出しました。


32.TRUE COLORS(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

今回の公演では異質なほど全然ロックでは無い曲です。でも、だからこそ一回落ち着いて未来を見通すような、これからもアイドルを応援し続けようと思えるような、そんな気分になりました。

やはりこの曲があっての7thですね。


33.お願い!シンデレラTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS

IMAJOさんのギターを借りてヘドバンする青木瑠璃子、階段に座って1人で歌い上げる青木志貴、笑顔でシンバルを鳴らす大橋彩香!なんだこの自由度は!?でもそれがシンデレラガールズでしょう。

 

いやもうとにかく強すぎるセットリストでした。アイマスライブは30回ほど参加していますが、腕と足が筋肉痛になったのは初です。いつものライブだったら落ち着いたゾーンが多少はあるのですが、今回はそういったゾーンですら高まりっぱなしでしたねぇ。

また、松田颯水さんの八面六臂の大活躍も印象的でした。今回の公演は彼女がいなかったら成立し得なかったでしょう。京セラドーム公演を引っ張る心持ちはいかばかりか。本当にありがとうございました。喉もご自愛ください。

 

余談

・京セラドームの周り狭すぎィ!西武ドームナゴヤドームと違い、腰を下ろすスペースすら無かったのは驚きでした。

・しかも、道路一本挟んだらガチの下町なのも驚きです。東京で言うと高砂あたりみたいな雰囲気でしたね。

・ただ、規制退場はかなりスムーズだった印象。地下鉄・阪神・JRの3本が交わっており、交通に関しては国内のどのドームよりも恵まれていると思います。メラドェ……

・ちなみに今回は西宮市のホテルヒューイット甲子園に泊まりました。兵庫県でしたが阪神電車で一本なのでかなり楽だった模様。大阪府外なので値段も安い。定宿になりそうな予感。

・初日はアリーナDだったのですが、椅子の幅が狭い!普通に座ると肩がはみ出てしまいました。ライブ中は常に体を斜めにしないといけないほどの狭さ。しかも位置のせいでステージ下段が殆ど見えないという。花道も一本くらいは欲しかったなぁ。

・2日目はスタンド下段だったので、初日よりはかなり落ち着いて見れました。でも個人的にはアリーナの方が好きですね。

・新情報は名古屋ほどのインパクトが無かった印象。もしかすると、コロナウイルスの蔓延でイベントの告知が見送られたりしたのでしょうか。

・あとこれ書いてる時に松田颯水さんのブログが更新されたんですが、いくらなんでも良すぎる。俺も謎汁を飲みたい。

 

おわり