転がる五円玉

旅行や登山の記録を書いていきます!不定期更新 同人誌通販はこちら! https://korogaru5coin.booth.pm/

【鹿児島~屋久島】フェリーはいびすかすが思いのほか快適だった話

説明しよう!フェリーはいびすかすとは

①鹿児島〜屋久島間の最安移動手段

②鹿児島〜屋久島間で唯一の夜行船

③元貨物船

という貧乏人御用達の奇天烈フェリーである。

 

 今回は屋久島登山のために鹿児島→屋久島で、そのフェリーはいびすかすを使いました。これは特に船が凄いのです。貨物船を改造したもので、ネットでは「魔改造フェリー」とか「動く簡易宿泊所」とか言われています。レストランや風呂は当然無し。

 社会人になったし別にここまでケチる必要は無いのですがねぇ。それでも面白そうな乗り物には乗っちゃいますよねwwwwww

 

 そういう訳でまずは羽田空港。今回は鹿児島までスカイマークを利用しました。登山すると荷物が多いのでLCCはちょっと不便なのです。

f:id:harimayatokubei:20200131070658j:image

 13時50分に鹿児島空港到着。霧島山の方が良く見えます。いい天気。
f:id:harimayatokubei:20200131070732j:image

 バスに乗って15時前くらいに鹿児島中央駅到着しました。鹿児島に来るたびに思うのですが、結構都会ですよね。少なくとも水戸よりは栄えています。
f:id:harimayatokubei:20200131070646j:image
 しばらく鹿児島駅前を散策。
f:id:harimayatokubei:20200131070652j:image

 本当はもう少し散策したかったのですが、15時48分発の路線バスに乗るのですぐに撤収します。

 実は、他の屋久島行き航路は中央駅から1㎞くらいの所にある便利な港から発着しています。しかし、フェリーはいびすかすは15㎞南の谷山港から発着しているのです。歩くと3時間近くはかかるのでバスで行かねばなりません。

 まぁ、金があればタクシーなのでしょうが、タクシー乗れる人はそもそもこの船乗らないよね。

 

 そうして一時間ほどバスに揺られて着いたのがこちらの谷山港バス停。周囲には本当に何もありません。完全にただの港です。そして、待合室がコンテナですね。北海道の駅みたいだ。
f:id:harimayatokubei:20200131070718j:image

 そして前方に見えているのが、待合ターミナルとフェリーはいびすかすです!
f:id:harimayatokubei:20200131070630j:image

 おお……これは中々……。待合室がプレハブなのはタイ以来ですね。

 フェリー自体はかなりしっかりした見た目で安心感あります。これで灰色一色とかだったら相当怖かった。
f:id:harimayatokubei:20200131070709j:image

 さて、工事現場の事務所にしか見えない受付に行きましょう。
f:id:harimayatokubei:20200131070701j:image

  氏名住所などを記入し、鹿児島→屋久島の一人3900円分を払って受付完了。ちなみに予約はできません。

 待合室の中は至って普通で、クーラーも効いており快適です。でも夏場は暑そうである。
f:id:harimayatokubei:20200131070605j:image

 待合室で1時間ぼーっとしているのも暇なので、徒歩10分くらいの場所にあるファミリーマートへ買い出しに行っていました。ホームセンターなどもあり意外と色々調達できそうです。

 

 さて、買い出しを終えて港に戻るといよいよ乗船です。17時30分に乗船開始。
f:id:harimayatokubei:20200131070705j:image

 やはり飾りっ気皆無!!東南アジアの船でももう少し整えているような気がします。
f:id:harimayatokubei:20200131070626j:image

 資材の横を通り階段を上って客室へ行きます。エレベーターなんてものはありません。
f:id:harimayatokubei:20200131070735j:image

 そして客室に到着。意外にも客室はかなり良い!絨毯は他のフェリーの2等和室より柔らかいくらいです。テレビもしっかり映るし、クーラーも効いています。
f:id:harimayatokubei:20200131070726j:image

 一区画(4m×4m)に4人程度の混み具合です。ガラガラでもなく、ギュウギュウでもないくらい。

 荷物置き場もちゃんとあります。農作物とか置いてありそうなイメージ。
f:id:harimayatokubei:20200131070655j:image

デッキに出てみました。ミッチリ積まれたコンテナと桜島が見えます。なんというか、我々客が完全に貨物のオマケであることがよく分かる光景です。
f:id:harimayatokubei:20200131070607j:image

四角い窓が船室です。完全に船員居住区だこれ!?

f:id:harimayatokubei:20200131070648j:image

日没と同時に出航しました。
f:id:harimayatokubei:20200131070638j:image

穏やかな鹿児島湾を南下していきます。じきに真っ暗になったので船室に撤収。

ちなみに船内にはカップ麺の自動販売機があります。万が一、お腹が減ってもこれで安心。
f:id:harimayatokubei:20200131070633j:image

 

 さて、船室でのんびりラグビーでも見ていたのですが、出航から3時間くらい経った頃でしょうか。体が勝手に寝返りを打ち始めたんですよね。う~む、どうやら外洋に出たらしい。

 しばらく冷静だったのですが、そのうち経験の無いような揺れに襲われ始め困惑です。真っすぐ立てない……!仰向けに寝れない……!スタビライザーが無い船ってこんなに揺れるのか!!
 「あと30分続いたら吐くな。」と思い始めた辺りで、揺れが急に収まりました。どうやら種子島西之表港に入ったようです。助かった。時刻は21時40分です。

 

 種子島で降りる人が出ていくと船内は途端にガラガラになりました。総勢20人くらいですかね。大の字になってゴロゴロしても余裕があります。最高~!

 デッキの外から港を眺めると謎の廃材の山が積み重なっており、この船が貨物船だということを思い出します。
f:id:harimayatokubei:20200131070615j:image

 22時超えて消灯されたので我々も就寝します。ふかふかの絨毯、ガンガン効いてるクーラー、ゴロゴロしても大丈夫な広さ、そして港に停泊だから揺れない!!2等和室としては過去最高に快適です。これで風呂があれば完璧だったな~!!

 あまりに快適なので爆睡。気が付いたら種子島を出航して屋久島は目前です。揺れに耐えつつ荷物をまとめて下船します。
f:id:harimayatokubei:20200131070712j:image

 じめっとした空気感。いかにも南国っぽい。
f:id:harimayatokubei:20200131070619j:image

 屋久島・宮之浦港に泊まるフェリーはいびすかす。
f:id:harimayatokubei:20200131070724j:image

 終わってみれば結構快適な船旅でした。ただ、今回の快適さは空いててガラガラだったことが大きく、混んでいたら色々と辛い事になっていたかもしれません。スケジュール的にもロスは大きいので、余程の時間と余裕が無いと今後は使わないかもしれません。

 んんー、しかし天気は非常に微妙。宮之浦岳は全く見えません。
f:id:harimayatokubei:20200131070721j:image

 さて、ここからはタクシーで淀川登山口まで行きます。バスはあるのですが時間が勿体ない。それに4人なので割り勘するとバスと大差ないのですよね。
f:id:harimayatokubei:20200131070738j:image

 そんなこんなで9時30分に淀川登山口に到着です。
f:id:harimayatokubei:20200131070642j:image

 この先の様子はまた別記事で!

 

つづく