転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

日光白根山 菅沼登山口から日帰り 

夏なので引き続き山に行きます。

今回は、栃木と群馬の県境に聳える日光白根山。火山であるため均整のとれた山容です。

ロープウェイがあるため頂上までは登距離500mくらいでいけるのですが、菅沼登山口からは登距離900mくらいで登れます。ロープウェイ代をケチって今回はこちらからスタート!

 

朝6時に茨城を出発し、いろは坂を通ってほぼ10時に菅沼登山口に到着しました。茶屋がありますが、そこから200mほど山側に駐車場があります。管理人がいなかったので駐車料金の1000円は箱に入れました。

10時10分 出発

 

登り始めは非常にゆるい傾斜を徐々に登っていきますが、途中から急坂が続きます。危険な箇所はありませんが、ひたすら登り続けるのでペース配分がちょっと難しかったですね。

植生が徐々に変わり始め、木々の隙間から日光白根山が見え始めたら、弥陀ヶ池に到着しました。

 

11時20分 弥陀ヶ池到着 

コースタイムのおよそ4割です。歩いている間はあまり感じませんでしたがめちゃくちゃ速いですね。

f:id:harimayatokubei:20170814123953j:plain

結構良い景色なんですが、天気が不穏です・・・。

そこまで疲れていなかったので特に休憩もなく進みます。

 

f:id:harimayatokubei:20170814124018j:plain

 

道がいきなりガッタガタになりましたwww

f:id:harimayatokubei:20170814124038j:plain

本当に現役の道ですかこれは。まぁ問題なく歩けますけど。

 

鞍部からいよいよ山頂への最後の道が始まります。まぁ見るからに急坂です。

 

f:id:harimayatokubei:20170814124045j:plain

道・・・なのかこれは??気を緩めたらすぐに滑るので注意深く行きます。

 

11時35分に山頂に到着しました。休憩なしで約95分でした。

f:id:harimayatokubei:20170814124050j:plain

天気は悪くないんですがちょっと雲が多すぎますね。あと、ロープウェイ方面からの登山客も当然いるのでちょっと騒がしい感じです。

山頂で30分くらいダラダラしていると、徐々に尾瀬方面が晴れ始めてこんな感じに。

f:id:harimayatokubei:20170814124056j:plain

いや~いい感じの高度感です。向こうに見えている山は至仏山だと思われます。

一緒に登った友人のコンパクトカメラが紛失するという事件があり結局山頂には一時間もいました。

 

帰りは来た道を戻りますが、弥陀ヶ池から五色沼まで行ってみました。

f:id:harimayatokubei:20170814124100j:plain

う~む・・・ちょっと遠いので却下です。思ったよりも高低差がありますねぇ。

 

樹林帯に入った後はひたすら下ります。登山客のほとんどはロープウェイを使うので全く人がいない!!静かでひたすら雰囲気がいいです。

 

14時30分に駐車場に戻りました。家を出るときは、17時に戻れば上出来だと思っていたのですが、ペースが恐ろしく速かったため予定より2時間半も早く戻れました。

 

日光白根山は稜線が全く無いため、登る山としての魅力はやや低いように感じます。とはいえ完全に晴れていればもっと違った感想になると思います。

 

この日は日光市に泊まりました。翌日は東北最高峰の燧ケ岳です。

 

つづく