転がる五円玉

大学院一年生のみたままを書こうと思います。旅行・アイマスなど

イーニン観光 そしてウルムチへ・・・ 3/15

朝8時に起きましたが、まだ暗かったので二度寝。10時くらいに今度こそ起床しました。

今日は夜にウルムチに移動するので、イーニンとその周辺を観光します!

 

まずは朝食。

f:id:harimayatokubei:20170627221942j:plain

相変わらずの坦々麺。美味しいし安い。神。

それに驚くべきことに食堂にWIFIが飛んでいます。やはり神。

 

まずは林則徐記念館へ行きます。ユースホステルからは徒歩10分くらいです。

途中に中学校がありました。

f:id:harimayatokubei:20170627222017j:plain

f:id:harimayatokubei:20170627222024j:plain

校門に昨年の大学合格者を掲示してあります。一番上の子は上海交通大学に行ったようですね。高考600ってなんなんでしょうか、センター試験みたなもん?

 

 

林則徐記念館はマンション街の中にありました。

f:id:harimayatokubei:20170627222030j:plain

林則徐って誰やねん、という感じでしたが、wikipediaで「常に国家のことを考え続けた、清廉潔白な政治家」と書かれているように相当に偉大な政治家だったようです。

清の阿片害を深刻に思い輸入された阿片を全て焼き払った所、イギリスの怒りを買って阿片戦争を引き起こした張本人としてイーニンに左遷されます。そして、当時(今でも)ド辺境のイーニンでも決して腐らず治水に取り組み業績を上げました。

そんなこんなでイーニンでも尊敬されているようです。それに、漢民族が異民族の土地で業績を上げたというのは中央政府的にも非常に都合が良いのでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170627222104j:plain

銅像だけではなく、割としっかりした展示館があります。

f:id:harimayatokubei:20170627222044j:plain

阿片で腐る人々

f:id:harimayatokubei:20170627222054j:plain

阿片玉。

まぁ当然ですが阿片関連の展示が多い。結構ガッツリとした資料館なのでおすすめです。本来は50元かかるようですが、「俺ら学生なんだよ~」と頼み込んだところあっさり無料で入れました。

 

次に行くのはイリ将軍府「恵遠城」す。恵遠城は清代のイリ地方の中心地でした。

取り敢えずバスに乗ってバスターミナルへ。

f:id:harimayatokubei:20170627222114j:plain

 

やけに物々しい雰囲気のバスターミナル。鉄条網で仕切られています。

f:id:harimayatokubei:20170627222139j:plain

恵遠城行きのバスを探しますが、中々ありません。が、30分ほど周りの人に聞きまくってようやくマイクロバスを発見しました。

 

バスに揺られること西へ行くこと一時間、恵遠城に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170627222202j:plain

まぁ有名観光地って訳ではないし、オフシーズンなので閑散としています。街自体の構造は十字型になってて単純ですね。

一番初めに見えてくるのが望楼です。シンボリックな建物なのですぐに分かります。

f:id:harimayatokubei:20170627222153j:plain

まぁそこまで高い訳ではありません。あまり雨の降らない土地だからか、通気性は高そうですね。

こちらは、周囲の城壁にある望楼です。こちらの建物の方が一般的な望楼に近い気がします。本来は東西南北にあったようですが、現在は東門しかありません。

f:id:harimayatokubei:20170627222213j:plain

下の写真は城壁の修復されていない箇所です。

f:id:harimayatokubei:20170627222238j:plain

中国の城壁は主に土でできているので、風化するとなんともいえない渋さがありますねぇ。私は結構好きです。

 

この望楼やいくつかの記念館は観光で立ち入ることも可能なのでしょうが、オフシーズンだからか閉まっていました。ちょっと残念です。

 

街中の看板を見ると、漢字の他にウイグル語もしっかり併記してあります。フォントサイズが漢字と比べて小さいのですがちゃんと読めているのでしょうか。

f:id:harimayatokubei:20170627222243j:plain

 

売られているパンはサマルカンドナンを彷彿とさせてくれます。というかこの写真だけ見たら、ウズベキスタンで撮った写真と見分けはつきませんね。

f:id:harimayatokubei:20170627222302j:plain

 

帰りはミニバスで帰りました。中心都市→地方都市は交通手段を見つけるのが大変ですが、逆は楽勝ですね。

f:id:harimayatokubei:20170627222313j:plain

 

帰りにも当然ですが、イーニン市に入る際には関所を通らなくてはなりません。

f:id:harimayatokubei:20170627222319j:plain

昨日の二の徹を踏むわけにはいきませんので、今回は車が関所の渋滞に入ると共に徒歩で先に移動して、関所を通過しておきました。無事にもとのミニバスに乗れて一安心。

 

イーニン市街にはまだまだ観光地はありますが、なんだか疲れたのでユースホステルに帰ります。ちなみにこの時点で午後6時でした。

この後は23時に出るウルムチ行きの飛行機に乗ればイーニンでの用事は全て終わりです。

 

最後の夕食もこの食堂で。水餃子とチャーハンをチョイスしました。

f:id:harimayatokubei:20170630214930j:plain

やはり美味しい。長めの旅行だと食事の重要性は普段の生活以上に高まることを実感します。

 

宿で少しぐだぐだしてからイーニン空港へ。バスが通っていないため、タクシーで行きました。5kmくらいで5元でした。空港の敷地に入る際にパスポートチェックがある程度で警備は並って感じですね。

f:id:harimayatokubei:20170630214933j:plain

 

イーニン空港はまぁごく普通の地方空港って感じです。出発ロビーに卓球室があるのはちょっと驚きましたが。

f:id:harimayatokubei:20170630214936j:plain

中国南方航空CZ6830 イーニン23:55発 ウルムチ01:00着

3081円!!

死ぬほど安い!本当は寝台列車で移動する予定でしたが、値段がほぼ変わらなかったので飛行機で行きます。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

ジャルケント→国境→イーニン 3/14 中国入国!

夜更かししましたが、朝の8時に起床しました。

 

朝食は見ての通りです。

f:id:harimayatokubei:20170627154532j:plain

う・・・美味いッ・・・!!

冗談抜きでこの旅行一番の美味しさでした。なんでこんなクオリティの高い宿が辺境にあるの?謎だ・・・。

 

徒歩でバスターミナルに向かいます。午前9時発車とのことでしたが、案の上遅延しました。

f:id:harimayatokubei:20170627153719j:plain

9時30分頃にジャルケントを出ます。

 

しばらくはいつも通りの荒野を走りますが、途中でパスポートチェックがあり、なにやら門を通ります。

f:id:harimayatokubei:20170627154939j:plain

その後、すぐに小さな村を越えてから、おそらくは国境と思われる河を渡ります。

f:id:harimayatokubei:20170627154933j:plain

こうしてジャルケントを出てから一時間後にカザフスタンの出国管理局に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170627154935j:plain

この旅三回目の陸路国境越えなので、あまり緊張はしていません。出国なので、審査なども緩かったので、特に書くこともなく15分くらいで出国しました。

f:id:harimayatokubei:20170627154938j:plain

その後はバスを待ちます。歩いて中国側に行けるでしょ、と思ったのですが、なんと緩衝地帯が2kmもあるらしく、しかも徒歩では行けないとのことでバスを待つしかありませんでした。

ひまわりの種を齧りながら30分ほど待ったらバスが来ました。その後、緩衝地帯を越えると・・・

f:id:harimayatokubei:20170627154940j:plain

いよいよ中国です。

 

f:id:harimayatokubei:20170627154944j:plain

当たり前なんですが、全部漢字ですね。そして、建物がきれいで立派!!これまでの国とは国力が圧倒的に違うことが良く分かります。

入国審査は中国も特に何事もなく終了。高圧的な係員もおらず、全体的に紳士的な方ばかりです。

過去の旅行記を読んでると「ビザ無し渡航を係員が知らなかった」「嫌がらせをされた」とかあってちょっと心配でしたけれど、杞憂に終わりましたね。入国管理の機器なども上海で見たものと同じでしたし、全体的なクオリティアップが図られているようです。

ちなみに、中国とカザフスタンの時差は2時間なので、9時にジャルケントを出たのに、コルガスに着いたのは13時です。。これは時差ボケの予感。

 

さて、入国しましたが、なにはともあれ現金がないと始まらないので銀行に行きます。中国建設銀行の店舗がありましたが、なんと入る際にパスポートチェックと番号の控え、荷物は持ち込み禁止(財布のみ持ち込み可)という予想以上の厳重ぶりでした。やはりテロなどが起こりやすい地域なので警戒しているのでしょう。

500元ほど入手したので、次にイーニンまでのバスターミナルを探します。

f:id:harimayatokubei:20170627155000j:plain

国境近くに鉄道の代理店?のようなものがありましたが、バスターミナルは銀行から徒歩5分くらいの位置にありました。

f:id:harimayatokubei:20170627154958j:plain

ターミナルに入るときも荷物検査がありますが、北京の地下鉄のような甘いものではありません。パスポートはスキャンされ、荷物は中まで全部見られます。

 

イーニン行きのバスは割りとあっさり見つかりました。まぁこの地域の中心都市ですし当然かな。

お値段は元です。

f:id:harimayatokubei:20170627155011j:plain

普通のマイクロバスです。バスの質はカザフスタンより落ちたな・・・。ちなみにこの後すぐに出発したので昼飯はバナナ2本でした。

 

カザフスタンよりも木が多い田舎を走ります。道路の質は日本の高速レベルです。また、荒野ばかりのカザフスタンと違って人家が途切れることがありません。

2時間ほど経ったらなんと関所が見えてきました。

f:id:harimayatokubei:20170627154951j:plain

この道路を通ってイーニン市に入る人は例外なくこの関所でIDを記録しなければなりません。外国人も例外なくパスポート番号を記録されます。いやはや、恐ろしい。関所なんてものは江戸時代以降無くなったもんだと思いましたが、意外にあるものですねぇ。

20分くらいかかりましたが、関所を通過すると・・・バスがいません。どうやら、私たちが外国人であるため通過に時間がかかり置いていかれたようです。嘘だろ・・・。

仕方ないので適当なバスを捕まえて元でイーニンまで運んでもらいました。

 

イーニンは人口50万を超えるそこそこの大都市です。日本の政令市に匹敵するくらい賑わっています。

 

 

f:id:harimayatokubei:20170627170223j:plain

今日の宿は青年旅行舎、つまりユースホステルです。バスターミナルから15分くらい歩いたら着きました。6人ドミトリーで60元(=950円)。ほどほどに安いですが、田舎でこの値段ってあたりに物価高を感じます。。

 

ちなみに夕食は坦々麺です。中華料理おいしい・・・日本の味に一気に近づいた雰囲気です。13元(=200円)。

f:id:harimayatokubei:20170627154956j:plain

f:id:harimayatokubei:20170627170153j:plain

宿ではWIFIも通っており、快適にネットができ・・・ません。クソ中国政府はツイッターやらFBやらを規制しているので中々めんどうくさいです。チョモランマVPNという去年以来使っているVPNが優秀なのである程度は使えますが、それでも不便。

時差の関係もあり、0時過ぎには就寝しました。冬なのに9時すぎまで余裕で明るくて調子が狂う・・。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

 

 

 

 

アルマトイ→ジャルケント 3/13

今日はアルマトイを出て、中国との国境あたりの街「ジャルケント」へ行きます。

 

起床したのは午前8時ですが・・・なんか体調が悪いのでちょっとだらだら。例によってレストランで朝飯代わりのケーキを食べたりして過ごします。

 

3時間ほどしてからバスターミナルへ行きます。ジャルケントまで行くバスが出ているバスターミナルは市内の西部にある池?の近くにあります。「Sayran Bus Station」と検索すれば出てくるはず。

 

ジャルケント行きは一日に6本出ているので乗れないということは無いでしょう。

f:id:harimayatokubei:20170623212510j:plain

12時にアルマトイを出ます。ちなみに普通の四列バスでした。

 

めちゃくちゃのんびり東へ進みます。時速40km/hくらいですね。

f:id:harimayatokubei:20170623212524j:plain

アルマトイを出たらひたすら茫漠とした平原を進みます。相変わらずの地平線地獄。

 

午後5時くらいにジャルケントのバスターミナルに着きました。

f:id:harimayatokubei:20170623212534j:plain

田舎町ではありますが、中国との街道に位置しているためか、意外と活気があります。

窓口で中国までのバスはあるか?と聞くとコルガス行きが3000テンゲで明日の朝9時にあるとのこと。緩衝地帯のバス利用について若干の不安がありましたが、どうやらジャルケントからコルガスに直接行くバスはあるようで安心。

 

ホテルはターミナルから徒歩5分ほどの所にありました。

f:id:harimayatokubei:20170623212539j:plain

途中で見えたのは新築のモスク。幼稚園併設でした。

 

宿はこんな辺境とは思えないほど清潔でした。

Satti (カザフスタン Zharkent) - Booking.com

特筆するべきはネット回線の速度。1Mbps/secでPing値は10でした。この旅行で最も速い回線がまさかここだとは・・・予想外です。

予想外すぎたので、全員ネット三昧でこの日は終わりましたwwwww。

 

たまにはこんな日もいいよね。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

アルマトイをちょっと観光 3/12

午前6時にアルマトイ駅に着きました。

f:id:harimayatokubei:20170618165801j:plain

眠い、暗い、寒い!!

寝台車が快適だったのでもう少し寝ていたかった・・・。

アルマトイの宿はまだ予約していないので駅の待合室で待機します。そこそこの人数が待機していますが、混雑しているというほどではなくて助かりました。

 

8時前後までウトウトしたら明るくなってきたので行動開始です。ちなみに駅にWifiはありましたので、宿は調べておきました。

f:id:harimayatokubei:20170618170459j:plain

駅からは徒歩で移動します。天気も相まって陰鬱な雰囲気が続きます。

宿の名前はホステル ノマドズ GH。

ホステル ノマドズ GH (カザフスタン アルマトイ) - Booking.com

8人ドミトリーで2000テンゲ(=700円)です。まぁ色々と標準的な宿ですね。

 

荷物を置いて少しして行動を開始します。まずは朝飯。

f:id:harimayatokubei:20170618171450j:plain

これまでとは綺麗さが段違いのレストランがありました。値段はプロフだけで1000テンゲ(=350円)物価も徐々に上昇してますね。

 

続いて行ったのは中央市場です。

f:id:harimayatokubei:20170618165815j:plain

何があるかな~?と思ったら今日は休日なので休み!服屋なんかは営業してますが、中国製品ばっかりで全く面白くなかったのですぐに退散。

 

5分ほど歩いて28人のパンフィロフ戦士公園に行きます。

f:id:harimayatokubei:20170618165851j:plain

めっちゃ鳩いますね。上野公園かな??

餌という名のコーンを売っていました。

f:id:harimayatokubei:20170618165839j:plain

いやしかし多いな。どうなってんだこりゃ。餌を持った現地人の子供が襲われて悲鳴を上げて逃げていきました。

 

この公園の中央にあるのは1904年に建立されたゼンコフ教会。どうやら木造で作られた建築で世界第二位の高さがあるようです(ソースwikipedia)。

f:id:harimayatokubei:20170618170404j:plain

黄色を主体としたパステルカラーな教会です。どこからどう見てもロシアの影響が強いですね。

f:id:harimayatokubei:20170618180602j:plain

内部はごくごく普通の正教会です。イランのエスファハーンぶりの教会ですが、あちらよりはあっさりした内装です。(まぁあちらが凄すぎるだけですが。)

 

続いて行ったのはカザフスタンの首都がアルマトイだった時代の大統領官邸です。

f:id:harimayatokubei:20170618170615j:plain

ちょっと立派な普通のビルという雰囲気です。ちなみに手前の広場の地価はショッピングモールになっています。

f:id:harimayatokubei:20170618170625j:plain

誰の手形かは不明です。というか左側に書かれたのは何語なんでしょう?

f:id:harimayatokubei:20170618170631j:plain

遠くには遊園地が見えていますが、そこまで行く気力はありません。

 

アルマトイ市は人口100万を超える大都市なので地下鉄が通っています。

f:id:harimayatokubei:20170618171529j:plain

実に近代的ですね。バクーの地下鉄にそっくりです。一回の乗車で80テンゲ(=27円)です。めちゃくちゃ安い!

f:id:harimayatokubei:20170618170637j:plain

エスカレーターは旧ソ連圏らしく長い長い。降りるまでに100秒以上かかりました。

f:id:harimayatokubei:20170618170643j:plain

ホームの構造も実に共産圏という雰囲気です。

f:id:harimayatokubei:20170618181837j:plain(参考:平壌の地下鉄)

流石に平壌よりはすっきりしたインテリアです。

 

帰り際にスーパーに寄りましたが、特に珍しいものはありませんでした。

f:id:harimayatokubei:20170618170652j:plain

ニンジンがなぜか泥まみれだったのがちょっと気になったくらいですね。

 

夕食は朝食と同じレストランに行きます。

f:id:harimayatokubei:20170618171631j:plain

これで1000テンゲ(=330円)。おいしいから文句なし!

しかしこのレストランの問題はスイーツです。

f:id:harimayatokubei:20170618171634j:plain

これで一個500テンゲ(=170円)です。安すぎるでしょ・・・こっちの女性が歳を取ると太るのも納得です。

 

今日は全体的にあまり動かない一日でした。イランを出て以降、下がり続けている気温がとうとうマイナスになったことに加えて、体調がちょっと怪しかったことが原因です。

宿のWIFIがそこそこの速さだったので宿ではそれなりに暇しなかったのは幸いです。

 

明日はアルマトイを出て国境付近の町であるジャルケントに移動します。

 

harimayatokubei.hatenablog.com

つづく

「事務いす2時間耐久レース」いす1-GPに出場してみた

さる2017年6月11日に山形県米沢市にて開催された「いす1-GP」に参加してきました。

この競技は普段オフィスでなんかで使っているキャスター付きの転がる椅子に座ってレースをします。3人チームで時間は2時間!普段は上位陣は20km近い距離まで椅子で走るという予想以上に過酷な競技です。

 

ではなぜそんな意味不明過酷な競技に参加しようかと思ったかというと、

・面白そうだったから

・暇だったから

です!正直言って忙しかったら参加しませんねぇ。遠いし。

 

今回は普段のシーズン戦ではなくEXグランプリでしたが、レギュレーションはいつも通りです。

持ち込み可能な椅子(マシン)は二台でいずれもレース前に改造などが無いか検査を受けなければなりません。また、レーサーはヘルメット・腕パッド・ひざパッド着用必須です。時速10kmくらいは軽く出るので転倒すると結構危険なんですよね。

 

今回のコースはこちら。

一週180mの直線ですが、雪国であるため、道路がかなり傾斜しています。そのためまっすぐに進んでいるつもりでも気が付いたらカーブしているという中々の難コースです。また、コース上一箇所に5mの長さのピットレーンが設置されており、選手交代はここで行います。

 

本物のF1では、決勝前に予選があって、決勝時のグリッド位置(スタート位置)を決めます。いす1においてもそれは同様でして、11時から30mスプリント勝負で予選を実施しました。

スプリントなのでチーム内で瞬発力が最もあるメンバーに予選を走ってもらいます。

 

f:id:harimayatokubei:20170617192522j:plain

結果は・・・第5位(16チーム中)!!

まずまずの結果ですね。慣れているチームは本当に速い。決勝で太刀打ちできるのか不安になってきました。

予選後は決勝20分前まで自由練習時間です。コースを一度走って感覚を掴みます・・・ここで初めて50m以上イスで走りましたが、思ったよりも足が疲れます!普通に走るのと違って、体力というよりは脹脛と腿の筋肉を酷使します。

 

昼飯は適当におにぎりを食べて、12時20分に決勝です。

 

序盤

スタートしてからは全車だんごになって走ると思いきや、最初から思ったよりも差が開いていきます。3周目くらいからは、はやくも周回遅れのチームが出てきたため、自分達のチームがどれくらいの位置か分からなくなりました。

私達は「一人2周」で交代という作戦を立てて序盤を走りますが、

疲れる!!

圧倒的に足が疲れます。2周するごとに階段で10階くらいまで上がるような辛さです。足プルプルです。日頃から鍛えてはいますが、これは辛い。早くも不安になってきました。

 

f:id:harimayatokubei:20170617192613j:plain

中盤

30分程度経つと、各チームもスピードが落ち着いて巡航的なレースになってきます。私達はこれまで2周走って交代していましたが、ここから一周ごとに交代し始めました。なぜなら、一周目の半分くらいまでは回復した筋肉でほぼ最高速を出せますが、それを過ぎるとゆっくりとした速度しか出せないからです。

休憩時間は半分になりますが、筋肉の回復時間としては十分なのでこちらの方が全体的に速くなりました。

ちなみに一時間段階での順位は4位。さて、巻き返しなるか・・・?

 

終盤

一人一周という作戦も定まり、残り30分くらいになってからは後先考えず最大出力を出し続けます。

コーナリングや直線走行も様になってきましたが、とにかく足が疲れまくって非常に辛い状況が続きます。ただ、残りは3周くらいしかない!と考えると最早出し惜しみはするべきではありません。

 

残り一分でバトンタッチして私の出番は終了。チームメンバーがそのまま走りきって2時20分に2時間のレースが終わりました。

f:id:harimayatokubei:20170617192646j:plain

終わってみれば早かったですね~。正直言って序盤が最も辛かったです。

 

レース後はイスの片付けや着替えを済ませて結果を待ちます。3時過ぎに結果発表が始まりました。私達は終盤かなり追い上げたので3位に食い込みたい所でしたが、結果は・・・?

 

 

 

二位!!

f:id:harimayatokubei:20170617192736j:plain

うおおおおおおおおお!!!!マジか!!マジで二位なのか!!

非常に驚きました。三位で呼ばれなかった段階で表彰台はあきらめていましたが、まさか二位だとは。

 

f:id:harimayatokubei:20170617192714j:plain

商品はお米30kgに皿と高級レトルトカレーです。やったー!

 

いや~久々に興奮しました。こういうレースで表彰されるのは本当に気分が良いですね。

表彰式は30分くらいで終わりました。4時くらいに現地を出発して家に帰りました。

 

今回は初出場で二位となりましたが、勝因は

・普段からの筋トレ

・途中での作戦変更

でしょう。とはいえ、二位というのは「最も速い敗者」でもあります。今回ので俄然やる気がでてきたので、いつかリベンジします。

 

しかし、疲れた・・・本当に生半可な気持ちで参加すると痛い目に遭うイベントでした。

 

帰りは会津経由でしたのでラーメンを食べました。旨い。

f:id:harimayatokubei:20170617192756j:plain